デザイナー夫婦のご自宅

早いもので、今年もあと1ヶ月。
街の至る所で、クリスマスのイルミネーションに彩られ 華やかになってきました。

先日表参道ヒルズに行きましたが
けやき並木のイルミネーションも、とても綺麗でした。

さて今回は、お客様のご厚意より
ご新築されたお家に、ご招待して頂いた様子を
少しご紹介させて頂きます。

まずは、ウィズ・ワンオリジナルの『玄関ドア』

無垢材を使用した
世界にたった一つしかないオリジナル玄関。
味わいのある風合いで 見とれてしまいます。


こちらは、LDKの様子です。

床材は、ウィズ・ワンオリジナル 『フレンチオーク』
椅子は、wooodで購入して下さいました。
有難うございます。

まさに、ウィズ・ワンらしいテイストで
お洒落なインテリアショップに来ている感覚になりました。

その空間に映える
色とりどりの可愛らしい食器達が、テーブルに並んでいます。


どれも奥様の手料理です。
美味しいお料理とお洒落な食卓に テンションが上がりっぱなしでした。

家具から食器まで、トータルに合わせる楽しさは
新しいお家での生活の楽しみの一つでもあるかもしれませんね。

ダイニングテーブルにある丸みのある照明は
『Luminabella』(ルミナベッラ)の照明。
こちらは、奥様が選ばれたもの。

インテリア業界に精通している奥様なので
色遣いや家具や照明のセレクトが
本当に素敵で、こちら側が逆に勉強になるほどでした。

次にご紹介したいのは、ソファの上にある天窓。

晴れている日は、この窓から空を眺めて下さっているそうです。

伺った際は、日が落ちていた為
晴れた空が眺められなかったのですが
こちらの写真のように、晴れた日はとっても気持ち良さそう。

たくさんの美味しいお料理とお酒を頂きながら
お二人のお話しや実際に建ったお家の率直な感想も伺えて
とっても有意義な楽しい時間を過ごすことが出来ました。

打合せ中は、まだ奥様のお腹にいたお子様にも
会うことも出来て、本当に楽しいひと時でした。

K様、有難うございました。

ぜひ、また数年後経ったお家の感想を聞かせて下さい。

キッズルーム

先日(といっても、実は結構時間がたってしまいました)、
点検でお伺いさせていただきましたS様邸をご紹介します。
ハンドルもこだわってお選びいただいた白いドアを開けると、
かわいいキッズルームになっていました。

ご入居されて初めてお伺いさせていただいたので、
実際にどんな空間にかわったのかとても楽しみにしていたのですが、
開けた途端、にっこり笑顔になってしまいました。

アクセントクロスと、
お部屋の角よりに配線の用意をしたところについたシャンデリア、
そしてかわいい家具とおもちゃたち。
かわいいです。
憧れのかわいい子供部屋になっていてお施主さんのセンスを感じました。

ほかの空間もお写真撮らせていただいたので、
またご紹介させていただきます。

マンションリノベーション

先日のマンションリノベーションの記事の続きです。

階段の周りを明るくするというのが、
今回のリノベーションのひとつのテーマでした。
今回はビフォーアフター形式でご紹介いたします。

リビングから屋上への階段は、
もともとは次のような壁に囲まれた階段でした。

それを、できるだけオープンに明るくしました。

アイアンの手すりと、チークタイルがこだわりです。

壁を残さなくてはいけない部分には、
ニッチをつくりました。
かわいく飾り棚として活用していただいています。

降りるときに壁を触って汚してしまうのを防ぐために、
オリジナルの縦手摺も設置しています。
かっこいい縦手摺はあまりないので、
これはオススメです。

下の階からリビングに上がる階段も、
もともとは下のような階段でした。

それを、壁にランダムに開口をあけて、
上りきったところの壁もアイアン手摺にしたので、
明るくなりました。

ほかにも、ご紹介させていただきたい場所があるので、
またご紹介させていただきます。

マンションリノベーション

こんにちは。
今日は先日マンションリノベーションをしていただいた世田谷区I様邸にお伺いしました。
住みながらのリフォームは、
お施主様も大変だったと思うのですが、
それでも、やってよかったという言葉をいただいて、
実際に工事が終わり、、
暮らしをスタートされての感想をお伺いできて、
私もとてもうれしくお話しさせていただきました。
今日も快く写真を撮らせていただいたので、
少しずつご紹介させていただきたいと思います。

最初の写真はウィズ・ワンらしく、
漆喰とチークタイルの組み合わせです。
とってもこだわった部分なので、
じっくり改めてご紹介します。

現場

こんにちは。
冷たい雨の日曜日になりました。
昨日はお引渡しが近づいた現場に行ってきましたので写真でご紹介します。
完成が近づくと、わくわくします。
自分でお勧めした仕上げでも、
実際に建物のなかにつかわれていると、また惚れ直します。
今日はとってもピンポイントにパーツをご紹介。

トップの写真はトイレの壁の一面です。
アクセントにクロスをはっていて、
すっきりしたアクセサリーがついています。
癒しのトイレをテーマにしようと、
お打合せの際に盛り上がったことを思い出します。


この写真は、大理石のタイルです。
洗面台のミラーキャビネットの下になります。
ここから壁だしの水栓が出てきます。


このおうちの一つの大きな特徴、本棚の棚板です。
本をたくさんお持ちのお客様なので、
かなりのボリュームの本棚ができる予定です。
現場では大工さんが棚板をどんどん作っていました。
この写真よりももっともっと増えます。


こちらは、家電を置いて使いやすいように配線の穴が開いた棚板です。
お打合せの際に、おおまかに置くものを想定して、
配線孔をご用意しました。

完成まであと少し。
また、ご紹介させていただきます。

畳コーナー

こんにちは。

今回は、
先日まあるいペンダント照明のあるリビングをご紹介させていただいたH様邸の、
リビングの一角にある畳コーナーをご紹介させていただきます。
リビングからつながる空間に、
畳のコーナーがあります。
現在は建具などもなくひとつのつながった空間になっています。
(将来的には建具をつけることもできるようにと、お打合せでおはなししていた空間です)
リビングとおなじ薄いピンク色の漆喰で仕上げてあります。
地窓と、リビングの掃出しとの並びにある大きめの窓も気持ちがよさそうです。


リビングから一段上がったところにある畳のコーナーは、
やっぱり落ち着く居場所のひとつになりますね。
じつはこのコーナーの天井は、さりげない桜の模様なのです。
(残念ながら今は写真がないですが。)
そのふわりとした桜がまたとってもかわいらしいのです。
そして、その横には天井の高い大きな空間があるので、
そのメリハリがまた、居心地の良さを作っている感じがします。

気になるのは、左側に見えるトンネルですよね。
また、ご紹介させていただきたいと思います。

お引渡し

こんばんは。
今日はタイムリーに、
本日お引渡しをさせていただいたH様邸の一部をご紹介したいと思います。

毎回楽しくお打合せさせていただいたH様邸のリビングは、
上の写真ではあまりわかりませんが、
斜めになった高い天井が見どころのひとつです。
(今日は窓からみえる空も気持ちよく青空です。)

そして、
斜めの天井にあるまあるい照明器具とその配置は、
担当者とお施主様で、
お部屋の特徴やほかの照明器具との組み合わせなど、
納得がいくまで検討を重ねて、決まりました。

上棟後に行った配線のお打合せでは、
実物大の丸い紙を下げて、イメージ確認もしました。

キッチンにもペンダントの照明が下がるので、
うるさくならないように、や、
天井の傾斜をいかした照明計画にしようということも、
器具選定のときのひとつのチェックポイントでした。

キッチン側は、直線で、
リビング側はランダムに不当辺に配置しました。


一方、逆側は小上がりの畳コーナーで、
ほっこりできるスペースです。
見上げた時にお月様みたいにみえて、
ここで日本酒なんて…いいですねぇ、とお話ししながらでした。
写真に写っているように、
天井面に間接照明もあるので雰囲気もばっちりです。

畳コーナーや、写真に写っている上が丸い入口も、
また、ぜひご紹介させていただきたいと思います。
お楽しみに。

お宅訪問 世田谷区T様邸

今日は7月にお引き渡しさせていただきました世田谷区のT様邸のご紹介をさせていただきます。
たくさんのこだわりポイントがありますが、
本日は、2階のLDKのご紹介です。
T様邸は2階リビングを採用されていて、
その天井に特徴があります。
T様邸は、天井が切妻の形になっています。

白を基調にした空間ですが、
三角の切妻天井がポイントになっています。
その白い空間に浮いているように濃い目の色の吊り戸棚をつけているのもこだわったところです。
上の写真には照明器具もたくさん写っていますが、
少し離れると下の写真です。

天井が高いので吊り下げるタイプのペンダント照明が並んでいます。
照明器具も何度もお打合せをして必要な場所に配置していきました。
壁についているスポットライトはキッチンの後ろのカウンターでの作業の時に活躍します。

このカウンター、実はとても長くていろいろな使い道を想定しています。
お引き渡しから1か月、活躍してくれているかな。

お宅訪問〜都会のログハウスCさま邸〜【3】

こんにちは。
ウィズ・ワン駒沢展示場の西澤です。

お宅訪問に行かせていただくと、思うこと。

自分の趣味ってなんだろう・・?

例えば・・・ 
音楽がすきだから、スピーカーを天井に埋め込みたい。
映画鑑賞がすきだから、シアタールームが欲しい。
家庭菜園がすきだから、お庭にこだわりたい。などなど。

わたしだったら、、、
まずは洋服がいっぱい隠せる
ウォークインクローゼットには絶対こだわるだろうなぁ。。

みなさまはなにかありますか?

Cさまご夫婦はとりわけ趣味が多くて、それが家にも反映
されたつくりになっていたのが印象的でした。

以前お住まいだったお宅ではご夫婦でステンドグラスを
本格的に制作せれていたそうでその作品が思い出の作品として
室内建具に飾られているのです♪

1Fトイレのドアにはご主人の作品。

すごく可愛く描かれていたもみの木。  
この時期にぴったりです♪

2Fトイレのドアには奥さまの作品のふくろう。

ふくろうがとてもすきな奥さまは、別荘のシンボルも
フクロウにしているので、新築にもどこかにフクロウを
入れたかったそう。

日によって気分でふくろうの目を入れているらしく、
(この日はまだ書く前?)毎日どんな目が書かれているのか
気になるところです。

室内ドアはシンプルなものが多いから、
こういう造作建具って新鮮。

ドア自体にはステンドグラスが引き立つように
ステンレスの縁取りがされていて、
さらにスッと見えるよう縦ラインもデザインされています。

適度に厚みのあるガラスなので、内側の光をほんわか映し出してくれて
トイレにはちょうどいいかも。

そして思い出の作品をドアに埋め込んでしまう造作アイディアも
素敵だなぁと思いました。

今回ご協力いただいたCさま、
お時間いただき本当にありがとうございました!!

〜ウィズ・ワン☆X’mas party〜
先日、ウィズ・ワンのみんなでクリスマスパーティーが行われました♪
表参道のイルミネーションを見ながらお店に到着すると
こちらもキラキラ☆

インテリアもシャビーシックな雰囲気で
クリスマスを感じるとても素敵なpartyでした♪

お宅訪問〜都会のログハウスCさま邸〜【2】

こんにちは。
ウィズ・ワン駒沢展示場の西澤です。

今日はお天気がいいので、展示場の観葉植物たちを
日向ぼっこさせておりますっ

植物も育てるには色々工夫が必要。。

Cさまのお宅では家庭菜園をしてオーガニック生活を送りたいそうで、
それを実現するべく、広いお庭と、その肥料を作りだす
立派なディスポーザーがキッチンに付いていました。

Cさまのお宅に付いているディスポーザーは、
生ごみを植物の肥料となる土にしてくれるもの。

野菜や果物の皮をそのままシンクに捨てると
排水溝の中に設置されているディスポーザーの刃が
ウィーンとまわってそれらを砕いてくれて、
下のタンクにたまったかすを3カ月に1回くらい出して
乾燥させれば肥料として使えるというもの。

生ごみが出ないうえに、その栄養分を“有機肥料”として
再利用できるという楽チンECOな代物ですっ

“お庭で育てたお野菜をそのままお料理に使いたい”という
奥さまの要望があって、キッチンからすぐお庭に出られるよう
お勝手口が設けられていて、今にもハーブをとりに行けそうな雰囲気。

これからの食卓が楽しみだろうな〜
わたしもマクロビとか好きなので家庭菜園してみたいから
羨ましいです☆