グラバー園

はじめまして。

今回からブログに参加させて頂きます各和(かくわ)と申します。

ブログ初心者ですので、何かと不慣れな点があるかと思いますがどうぞ宜しくお願い致します。


梅雨の合間の日差しのありがたみを感じる今日この頃ですが、皆様いかがお過ごしでしょうか。

今回は、先日研修旅行で訪問した長崎グラバー園内にある『旧グラバー邸』についてご紹介させて頂こうと思います。

貿易商人の一人、英国スコットランド出身のトーマス・ブレーク・グラバーの住居で、数ある洋風建築の中でも独特のバンガロー風様式を持つ、現存する日本最古の洋風建築です。



外観は当時でも珍しいクローバーの様な形をしていて、玄関がなくてベランダから出入りするつくりになっています。

室内も当時の様子がそのまま残されていて、昔にタイムスリップしてしまったみたいでした。


そして、こちらのグラバー園にはハートストーンの伝説というのがあるのです。




グラバー園内にあるハート型の敷石。

これに触れると恋が叶うとか、2つ見つけると良いことがあるといわれています。

私も時間を忘れて園内を探し回りましたよ♪

そしてたくさん触ってきました(笑)

皆様も、長崎グラバー園に行かれた際は探してみてはいかがでしょうか。






| いろいろ | 19:41 | - | -
MODERN LUX HOUSING
こんにちは、ウィズ・ワン駒沢展示場の斎藤です。

11月も半ばになり、さすがに寒くなってきましたね。
あたたかそうなアウターを着ている人が街中でも増えましたが
私もついに今週、ダウンに袖を通しました。
やっぱりダウンはあたたかい♪

さて、今回は最近駒沢展示場に増えた洋書をご紹介。

『MODERN LUX HOUSING』



まず、目を引く表紙から。
プールのある、リゾート風で品のあるつくり。
板張りがアクセントになっていて素敵です。



続いて、こちらも青い空とプールの水色が映えるデザイン。
ピンク系の屋根(?)と全体の斬新な形がマッチして、
すごくおしゃれでありつつ、ちょっと可愛らしい印象でもあります。




そして最後は、インテリアを中心に紹介されているこちら。
素材の使い方、ライティングの仕方、植栽の入れ方などなど、
すべて洗練されていて見入ってしまいます。

ボリュームのある本なので、この他にもほんとにたくさんの
ハッとするような実例が満載です。
どこまで取り入れられるかは別としても、
ときめくデザインに出会えると嬉しいですよね。

いつも冷静な駒沢T部長も、

『この本、全部カッコイイ!』

と盛り上がっておりました(笑)





〜お心遣いに感謝です〜





いつも素敵なA様ご夫妻より、ニューヨークのお土産をいただきました。
美味しいチョコレートと、モダンなカードケースです。
ブログの画像はちょっと小さめですが、
よく見るとチョコレートのパッケージに自由の女神が。
A様、ありがとうございました!









| いろいろ | 11:27 | - | -
ありがとうございます
こんにちは、ウィズ・ワン駒沢展示場の斎藤です。

いつも、本文のあとにご紹介させていただくことの多い
お客様から頂いた差し入れですが
今回、ありがたいことに立続けに差し入れをいただく機会があったので
ご紹介させていただこうと思います。

エール・エルのワッフル



中のクリームが色とりどりで可愛い♪
どれにしようなかな〜と迷えるのが嬉しいです。
O様、ありがとうございました。

クラブハリエのバームクーヘン



一番外側がうすーくシュガーコーティングされていてとっても美味しかったです。
駒沢オフィスにはクラブハリエファンが何人かいるので、
あっという間になくなってしまいました(笑)
写真だと伝わりにくいかもしれませんが、、箱も素敵でした。
I様、ありがとうございました。

パティスリーナオキのチーズケーキ



ふわふわしっとりとろける食感で美味しい〜!
模型制作の合間に、この美味しさにとても癒されました。
O様、いつもありがとうございます。

Koizumiのスイーツ詰め合わせ



昨日いただいたばかりなのですが、焼き菓子は既になくなってしまい。。(笑)
ゼリーを冷蔵庫で冷やしてスタンバイしております。
休憩が楽しみです♪
T様、ありがとうございました。

ウィズ・ワンスタッフ一同、
皆様のお心遣いとてもありがたく頂戴しておりますが、
どうぞお気遣い無くいつでもいらっしゃってくださいね。

長丁場の打ち合わせの際はお客様もお疲れになると思うので、
展示場でお出しするお茶請けのお菓子も
マイナーチェンジをしつつ工夫していきたいと思います♪

皆様本当にありがとうございました。









| いろいろ | 16:22 | - | -
オリーブの木
こんにちは。
ウィズ・ワン港北展示場の岩城です。

少し寒さが和らいできたとはいうものの、
まだときどき冬の顔がチラつきますよね・・
より早い春の訪れを願って
ダウンのコートはクリーニングへと出しました♪
長かった冬よ、さようなら〜(笑)

先日の天気の良い休日のこと。
出かけた先で立派なオリーブの木に出逢いました。
スペインからはるばる日本へやってきたというこのオリーブの木。
樹齢はなんと約600年。すごい。。
このどっしりとした幹とゆったりとした葉が
周りの空気の流れを穏やかにしていました。





オリーブは、ハトと共に平和の象徴とされていて、
シンボルツリーとしても人気の高い樹木。
常緑樹で一年中緑を楽しむことができるのが魅力です。
常緑樹というと重い印象を与えがちな気がするけど、
オリーブは南欧の明るいイメージ♪
地中海の爽やかな風を感じませんか?





観賞用でも十分絵になる素敵な樹ですが、
せっかくなら果実も楽しみたい!という場合は、
異なる品種を2本以上植えることが必須。
ポイントは開花期が近い品種を組み合わせること。
自家栽培のオリーブが食卓に並ぶのを想像するだけで
ワクワクしちゃいますね♪





私は見つけられなかったのですが、
オリーブには幸せな葉が付いていることがあるそうですよ。
本来2枚になるはずの葉がひとつになってしまったことで、ハート型のように見える葉。
(見つけられず写真なくてすみません・・)
そんな葉を見つけるのも楽しみのひとつかも♪
乾燥にも強く、育てやすい木のようなので、
ぜひ家族の平和と幸福を願ってオリーブの木を植えてみてはいかがですか?










| いろいろ | 16:46 | - | -
建築模型展示
こんにちは。
ウィズ・ワン港北展示場の岩城です。

わぁ〜模型がたくさん!
現在、ハウスクエア横浜では『すまいの模型と写真展』
というイベントを行なっています。
28日(火)までということで、せっかくなので見学♪





ウィズ・ワンでも作製しているこんな白模型。
普段作製しているせいか、すごく身近に感じてしまう・・
シンプルでイメージしやすいなぁ。





実際の素材に近い雰囲気で作製しているこんなものも。
レンガ造りの雰囲気が出ています。
白模型とはまた違った大迫力!




室内模型も発見♪
ベッドカバーなども布を切り取って貼っていたり、
実際の雰囲気が忠実に再現されています。
お部屋の色みがとっても分かりやすくて、
インテリアのイメージがふくらみますね〜






普段、自分が作製していると感受性も鈍くなりがちですが、
こうして眺めていると模型ってやっぱりワクワクします♪
それが実際に建つ自分の家となったら尚更ですよね。

ここに立つとこんな風に見えて、
光はこんな感じに入ってきて、ここではこう過ごして・・
あ、やっぱりここはこうした方が良いかも!

夢が一気にぐっと近づくし、実際に必要なことも見えてくる。
作り直し、なんてことも模型だからこそ。
改めて模型の重要性を再認識した今日でした。
身体のコリとの闘いにはなるけど(笑)頑張らなくては。








| いろいろ | 17:57 | - | -
曲線
こんにちは。
ウィズ・ワン港北展示場の岩城です。

模型を作っていて、一番の悩みの種。
それは曲線を表現すること。
建築用語では“アール”とも呼ばれますが、
屋根や外壁など、様々な場所に取り入れることができます。

シンプルでスクエアなイメージのあるウィズ・ワンの建物ですが、
曲線を取り入れる場合も結構あるんです♪
ここ港北展示場にも曲線が存在します!
それは、らせん階段バスタブ
直線が多い中でのこの曲線はとてもいいアクセントとなっています。


では実際に曲線を取り入れた例を少しだけご紹介します。
まずは、リビング入口の壁に。
そして視線をもう少し奥へとずらすとダイニングの入口にも。
パインのフローリングがさらに優しい雰囲気を演出しています。





続いてこちらは玄関ホールを曲線に。
土間部分にはトスカーナウェイ、室内の床にはカリンの無垢材。
自然素材が醸し出す温かさと曲線が互いを引き立て合っています。





最後は店舗の陳列棚と天井部分に。
漆喰壁と照明の演出もあり、
店舗全体がふんわりとした柔らかな空気に包まれています。




取り入れ方を誤ってしまうと空間に違和感を感じさせてしまったり、
手間賃など割高になってしまうこともあるようですが・・
難易度は少し高そうだけど、ぜひ効果的に取り入れてみたいなぁ♪









| いろいろ | 16:44 | - | -
現代アート
こんにちは。
ウィズ・ワン港北展示場の岩城です。

芸術の秋ということで。
先日休みを利用して、3年に1度開催される現代アートの国際展、
ヨコハマトリエンナーレ2011へ。

伝統や色々なものに囚われることなく、
自由に表現された作品には夢がいっぱい♪
その独特な世界観に魅了されました。


まずはドロップ型をした可愛らしいランプの秘密から。
一見すると普通のランプ。
でもこちらのランプは1つ1つが横浜に住む、ある子供たちの部屋に繋がっていて、
そのうちの1人が部屋の電気をつけると、ここのランプが1つ消えるという仕組み。

ところどころ消えているランプがあると、
その子は今何してるんだろうなんて考えながら・・・
そして子供たちはこの仕組みを全く知らないというからまた面白い。
手吹きガラスなので形もそれぞれ違って味わいもあります♪




続いて、金色に輝くこちら。
絵のようですが、これ画びょうなんです。
近づいて見ると本当に普通のよく見る画びょう・・
微妙に角度を変えて差し込んでいるから立体感が出るんだろうなぁ。
これだけで立派なインテリアですよね♪




こんなシュールなものも。
砂山の上にぽつんと1本のスプーン。
奥のスクリーンにあるようにひたすら砂鉄を集め・・
でき上がった鉄のスプーン。
物の溢れる時代に物を大切にしようというメッセージ。




そんな中でも一番印象的だったのはこちら。
なんだか見覚えのある風景。
こちらは実際に工事現場の足場を組むのに使われる鉄パイプ。
どおりで見覚えが。
これがなんとオルガンなんです。




中央にある装置から風を送り込んで、
鉄パイプを笛のように使って音を響かせているそうです。
まさにパイプオルガン。
天井の高い空間に設置されているため、
かなりの大音量。響き渡ります。
教会の中にいるような、そんな神秘的な雰囲気。





自由なイメージや発想力で表現できる世界観。
建築にも共通するところがありそうだなぁ。
芸術の秋にふさわしい、感性を刺激する休日となりました。

ヨコハマトリエンナーレ2011は来月で閉幕のようです。
ブログに取り上げたのはほんの一部。
お家を建てる際の新しいアイデアが浮かぶかもしれないですよ♪
オススメです。








| いろいろ | 16:29 | - | -
緑の効果
こんにちは。
ウィズ・ワン港北展示場の岩城です。

今日は七夕。
天気はイマイチ曇りだけど、
雲の隙間から天の川見えるでしょうか。

さて。
近年、住宅のお庭やベランダでちらほら見かける緑のカーテン。
建物の外側に植物を育てて、
温度が上昇するのを抑えるというもの。
結構多くの家で見かけますよね?

直接壁に植栽するものもあれば、
ネットを張ってそこに植物を誘引してくって方法も♪
光を遮る効果だけではなくて、
葉が呼吸する作用で冷却効果もあるというから驚きです!

そんなことが気になる今日この頃。
ちょっと面白いものを発見♪



これ何だか分かりますか?
緑でふさふさしてて、森林などでよく見かける・・

そう、コケです。



これ実は、こんなことになっています!!
もちろん本物です。



水を循環させる水槽やポンプをきちんと設置して、
管理していくのだそう。
額に入っていると立体的な絵のようで美しいです。

室内緑化なので緑のカーテンとは少し異なりますが、
その効果は室内の温湿度調整やCO2の削減、空気浄化・・
など良いこと尽くし♪
その上、緑色は“癒しとバランスをもたらす色”。
視覚的にも心身に癒しを与えてくれることは間違いなしです。

緑の効果ってすごいです。
今年は特に節電が叫ばれている夏。
緑を上手に取り入れて、
ストレスフリーに気持ちよく貢献できたら素敵ですね。



〜おまけ〜

先日、箱根のポーラ美術館へ。
私のお気に入りの場所の一つです。
たくさんの緑とたっぷりの自然の光に包まれて落ち着くんです♪
癒しの休日となりました。
やっぱり緑が発するパワーって偉大。














| いろいろ | 16:19 | - | -
洗面ボウル
こんにちは。
ウィズ・ワン港北展示場の岩城です。

先日、立春を迎え暦上は春のはずなのに今朝は雪。
こんな寒い朝はベッドから出るのに勇気が必要ですよね・・
そしてやっと起きていざ準備!!
と思ったら、出かける時間が重なって洗面所が大混雑。
まだ2人しかいない我が家でさえもちょっとした戦場(笑)
ということは家族が増えたら・・・

やっぱり、ツーボウルに憧れます♪
その名の通り洗面ボウルが2つ並んで設置されていること。
こんな感じ。



これなら忙しい朝でも仲良く2人並んで洗顔や歯磨きができます。
ただ、空間的に余裕がないとなかなか難しそうですよね・・
価格的にもちょっと心配。

しかも、ボウルが2つあるとお掃除の手間も2倍。
使用したついでにひと拭き、プラスもうひと拭き。
これができるか・・
うーん、できないかも。。
そして、本当にボウルは2つ必要か・・
うーん、スペースだけあればいいかも。。

ボウルは1つでも大きな鏡と洗面台のスペースを広げるこんな方法も。
これなら、並んで歯磨きもできるし、
洗顔をしている横でヘアセット等の身支度も可能ですね!



洗面ボウルの素材や大きさ選びも重要ですよね。
例えば、髪をぬらしたり洗ったりするならボウルも大きめのものが良いだろうし、
私の場合、洗面スペースでメイクをするので、
化粧品を落としてしまったとしても色が付着しにくいのが理想だったり。
きちんと生活スタイルに合ったものを上手に選びたいなぁ。


〜港北展示場が少しだけ模様替え〜
年始より少しずつ模様替え。
セルロースファイバーを実際に触っていただけたり、
燃やしてみたりできます♪
本当に燃えないんですよ!



1Fには無垢板がずらり。
男性スタッフ4人がかりで運んでもずっしり重い立派な無垢板。



ご興味のある方は是非遊びにいらして下さいね。
まだまだ寒い日は続きそうですが・・
体調崩されないようお気をつけください。





| いろいろ | 11:40 | - | -
オーダーキッチン〜続編〜
こんにちは。
ウィズ・ワン駒沢展示場の西澤です。

今日はリビングさんに実際つくって頂いたウィズ・ワンのお客さま宅の
オーダーキッチンをご紹介します♪

オーダーキッチンにする最大のメリットは、自分の好きな仕様にできること。

一見とてもシンプルに見えるUさま宅のキッチンは
キッチンスペシャリストの奥さまがこだわり抜いた
only one☆なキッチンです。



使い勝手はもちろんだけど、“スッキリ・シャープに”が
設計コンセプトだったこちらのキッチンは細かい仕上げに
力が入っています。

例えばステンレスの天板は波打つ円形のような模様の
バイブレーション仕上げ。
出隅(外側の角)と入隅(内側の角)をエッジを効かせて
かっこいい仕上がりにこだわっています。
(一般のキッチンだと角はもっとまるい)



このL型部分が結構大変だったそうで、つなぎ目が出ないよう現場溶接ではなく
リビングさんの所で一体で造って4人掛かりで搬入してくれたそうです。

キッチンや造作家具ならお任せ下さい!!と言っていたリビングのHさん。
本当にすごいです。


そして気になる収納も機能的に確保されてます!


扉の色も“どんな白にするか”で何度もサンプルで比較検討して
この柔らかな白に決定されたそう♪

白っていっても色々あるけど、オーダーじゃないとその色みまでは
選べない部分です。
面積が広いだけに微妙な色みの違いも結構出るので重要ですよね。


個人的にはAEGのIHと電気グリルが隣り同士並んでいるところや
L型部分の壁とステンレス天板とのコントラストがおしゃれですき。
L型カウンターの奥の壁面にミラーを設けて、“空間に広がりを出してみた”
設計Oさんのアイディアもとてもいいなぁと思いました。

わたしならどんなキッチンにするかなぁ。。

なんでもできるとなると・・
つい欲張ってしまいそうです(笑)



〜おまけ〜
Uさま宅の玄関ドアは先日紹介したロートアイアンの取っ手。
ちょうど手で持つ部分はレザーがまきまき。



やっぱり、雰囲気あってかっこいいですっ!












| いろいろ | 11:39 | - | -
オーダーキッチン
こんにちは。
ウィズ・ワン港北展示場の岩城です。

先日、駒沢展示場の西澤さんと
オーダーキッチンの株式会社リビングさんへ♪
キッチンの他にも、水廻りや家具など、
内装のことなら何でもお任せ下さい!
と笑顔で語ってくれたのは代表のHさん。


本社から徒歩1分ほどの場所にある自社工場を少しだけ見学させて頂きました!
工場というと暗くて冷たいところを想像しますが、
床も天井も木で覆われているせいかとっても明るい雰囲気。
室内に広がる木の良い香り〜



職人さんも活気があって、工場内には楽しげなBGMが♪
なんだかイメージと違う・・
今までの工場に対するイメージを完全に払拭!

怖いほど勢いよく刃が回る機械でサクサク切断していきます。
この日は棚を作製しているところでした。



こちらの工場で一通り仕上げまでの作業を行ない、
搬入時にはHさん自らが作業着を着て取り付け作業に行くこともあるそう。



何度もブログで登場している港北展示場のキッチンも、
こちらのリビングさんオリジナルです。



あの時は、ダイニングテーブルの脚を作るのに苦労したんだよなぁ。
と、ぽつり。
一つ一つの作品に込めている愛情を感じた瞬間でした。
やっぱり色々な思いが込められたオーダーメイドっていいなぁ。


お忙しい中、温かく迎えて下さったリビングの皆様、
本当にありがとうございました。







| いろいろ | 15:46 | - | -
工房見学
こんにちは。
ウィズ・ワン駒沢展示場の西澤です。

先日のおやすみに駒沢展示場の手摺りやドアハンドルを作っていくれている
ロートアイアンの工房を見学させていただきました♪

以前も紹介させていただいたロートアイアンたち。

これらを作っている工房ジオパラダイスさんは軽井沢駅から
車で30分くらいの大自然に囲まれた場所にあります。


さっそく中にお邪魔すると、ちょうど職人Tさんが手摺りを制作されている
ところでした。




工房には見たこともない道具だらけ。
奥には窯があって、鉄を削る機械や、叩くハンマー、溶接の機械などなど。



鉄を窯の中で溶かして、柔らかいうちに切ったり叩いたりして形をつくり
溶接して塗装で仕上げ、ロートアイアンが完成されます。


形をととのえるハンマーだけでも数種類!


モノづくりに道具は大切って言うけど、こんなに種類があるとは。
ハンマーも欲しい形をTさんが自作するそうです。






“鉄と会話ができる”
といっていたTさん。 鉄がとてもすきなんだそう。



なんでだろうと思っていたけど、
このロートアイアンにとても温もりがある感じは、
一点一点魂込めた手作業にあるのかな。




型に鉄を流し込む鋳物とは違って、唯一無二なものがつくられる
勘が頼りな職人技ってとても魅かれます。

そういうものに囲まれてお手入れを楽しめる生活っていいなぁ。
展示場の手摺りもドアハンドルもより一層愛着が湧いてきました。


色々見せていただいた職人Tさん、ありがとうございました!!



〜紅葉が綺麗でした♪〜
せっかくなので軽井沢散策。
冬なみに寒かったけど、まだ秋な軽井沢の雲場池。



紅葉の赤はとてもきれいです!



| いろいろ | 13:39 | - | -
アイランドキッチン
こんにちは。
ウィズ・ワン港北展示場の岩城です。

今日も再びキッチンについてのお話。
前回の続きから・・
独立型かオープンかそのスタイルが決まったら、
次はどんなレイアウトにするのか。
と決めていくのが一般的な手順。

オープンなキッチンと言ってもそのレイアウトは様々。
中でも現在、人気が高いのが“アイランドキッチン”
その名の通り、アイランド=島のように壁から切り離したレイアウトのこと。


360°ぐるりと周りを囲むことができるので、
複数の人数でも調理がしやすく、周囲からの明かりも採りやすい。
とにかく開放的なキッチン空間が叶えられます♪
そして重要なのはそのアイランド部分に何を組み込むかということ。


一般的なのはシンクとコンロ部分が1列に組み込まれているタイプ。


これなら、お米を研いでいる時も、包丁を使っている時も、
もちろん、コンロの前に立っている時も、常に向いているのは家族の方。
顔を見て話ができるし、小さい子がいれば目も届く。



でも、油がはねたり、油煙や匂いがちょっと気になる・・
という場合には、コンロ部分は壁付にして、
シンクのみアイランド部分に組み込むことも。


コンロの前よりもシンクや作業スペースの前に立つ時間の方が
圧倒的に長いですからね!

その他にも、コンロのみをアイランド部分に組み込んだり、
カウンターを作って食事もできるスペースを作ったり・・
アイランド部分は様々なレイアウトが可能です。


そして。
基本的にアイランドキッチンを採用される方は熱源をIHにされる方が大多数。
ぐるりと周囲を囲めるということは、それだけ火の近くを通ることも多いということ。
安全性を考えて選ばれるようです!
確かに火の近くを人が行ったり来たり、特にお子様がいれば尚怖い。。


熱源も漠然とガスかIHかで悩むのではなく、
キッチンのレイアウトを考えてから選ぶとすんなり選べそうだなぁ。。






〜お心遣いに感謝です♪〜

先日お引き渡しの日を迎えたお客様より
ステッドラーの製図・デッサン用鉛筆セットを頂きました☆
携わったスタッフ一人一人にそれぞれの名前が・・(泣)
しかも、慣れ親しんだ愛称で♪
ありがとうございます!
大切に大切に使わせて頂きますね!
もちろん名前の部分は使わず残しておきます!!


そして、いつもいつもお土産やお手製の本格サンドイッチなど、
たくさんのお心遣いをありがとうございました!

お引き渡しの日にお会いできなかった事がとても心残りですが、
是非またお会いできたらうれしいです。
Mちゃん、また一緒に遊ぼうね♪








| いろいろ | 17:48 | - | -
独立?オープン?
こんにちは。
ウィズ・ワン港北展示場の岩城です。

前回取り上げた、キッチンの熱源はガスか電気か・・
から引き続き、キッチンが気になる今日この頃。
料理が好きでも苦手でも、
女性にとってキッチンはやっぱり特別なスペース!
いずれにしても、楽しく快適に料理がしたい♪

キッチンを選ぶ際、まずは独立にするのかオープンにするのか。
悩むところですよね?
まずは独立型について。

【メリット】
■料理に専念、作業に集中できる
■調理中の匂いや煙などに気を使う必要がない
【デメリット】
■調理中は孤立してしまい、コミュニケーションが取りにくい


でも勝手なイメージですが・・
お料理に黙々と専念したい=料理上手なイメージ♪


続いてオープン型について。

【メリット】
■やっぱり第一にコミュニケーション
■小さいお子様がいても目が届きやすいという点も
【デメリット】
■煙やにおいが回りやすい
■キッチンの内部が全て見えてしまう



熱源をガスにするのか電気にするのかと同様、
それぞれに善し悪しがありますよね。

でも個人的にはオープンキッチンがいいなぁ。
一人黙々と海老の背ワタを取ったり、特に細かな作業をする時は
独立型はあまりにも孤独すぎます(泣)
せめて、わいわいコミュニケーションをとることで
苦手なお料理の時間を少しでも楽しく過ごせるように・・
そんな風に思います(笑)



〜お心遣いに感謝です♪〜
海外在住のお客様より届いた心温まる贈りもの。
ひも部分が葉っぱの形をした可愛らしいフレーバーティーとさくさくクッキーのセット♪



毎日、良い香りに癒されています。
他にもオフィスで使えるようにとユニークな形をしたクリップや
メモ帳など、はるばるアメリカより送って下さいました☆
お心遣い本当にありがとうございます!








| いろいろ | 16:54 | - | -
ガス派?IH派?
こんにちは。
ウィズ・ワン港北展示場の岩城です。

先日、友人宅でホームパーティーをした時のこと。
一緒にお料理をしながらワイワイ♪
でもやっぱりなんだか違和感・・
そうです。友人宅のキッチンはIH。
正直、個人的にお料理をしてる感覚がありませんでした。。

でもその友人曰く、何よりお手入れがしやすい。
あとは子どもと一緒でも安全に料理ができること。
見た目もすっきり。これってポイント高め。
しかもガスと違って熱が周りに逃げないから、夏のキッチンも快適のようです。



でもやっぱり、お料理は直火の炎でしたい。
ちなみに私は今のところこっち派。
ガスがいい!
お手入れだってガラストップにすれば、ゴトクをヒョイッとどかすだけ。



とは言っても、毎日のことだから、その一つの動作のあるなしが結構重要。
女性にとって、キッチンはやっぱり特別なスペース。
じっくり比較してキッチンライフを充実させたいですよね。



〜番外編〜
どっちも欲しいっ
そんな方には、ちょっと贅沢に、
お料理によってガスと電気の使い分け。



使い分けるほど、レパートリーのない私にとっては無縁のものだけど(笑)
これなら良いとこ取り☆
少しはお料理上手になれるかなぁ・・




〜お心遣いに感謝です♪〜
年明けにご出産を控えたお客様より頂きました!
ネイルにもお洋服にもいつも気を配っていて、
とってもおしゃれな妊婦さん☆憧れますっ!!

Petit Zou(プチ・ゾウ)の手づくりシュークリーム。
皮はパリッとクリームはぎっしりずっしり♪



スイーツって眺めているだけで笑顔になってしまう・・
みんなで仲良く、美味しく頂きました!
ありがとうございます!!
これからだんだん寒くなるのでお身体大切に、
元気な赤ちゃんを産んで下さい♪







| いろいろ | 18:36 | - | -
湿度
こんにちは。
ウィズ・ワン港北展示場の岩城です。

毎日じめじめじめじめ・・・
この梅雨の季節もっとも気になるのがこの湿度。
我が家も毎日湿気との戦いです(泣)
エアコンの除湿と家中の換気扇、そして扇風機を駆使して、
少しでも快適に過ごせるように大忙しっ!


普通に生活しているだけでも炊事、入浴、人体などから
水蒸気は発生しているというから驚き!
湿気は「ダニ・カビ・結露」を発生させる大きな要因。
身体はもちろん、住まいを傷めてしまう原因にもなりかねません。


冷たいお水が入った涼しげなグラス。
でも表面には温度差によってついてしまった水滴がびっしり。



これがまさに結露の現象。
窓ガラスやサッシなど、目に見える部分なら拭き取ればOKですが、
これが壁の内部で発生することを考えると・・・
何としてでも防ぎたいものです!


ブログでも度々登場する、セルロースファイバー漆喰
結露の強い味方です♪
さらに組み合わせることによって最強コンビへと変身!



じっくりこだわって建てた大切なお家。
いつまでも大切に、快適に過ごしたいものですね。



〜お心遣いに感謝です〜

Mrs. Elizabeth Muffinのマフィン♪
お客様より頂きました!
箱を開けたとたんに甘い良い香り〜



おいひぃ〜♪
みんなが食べ終わった頃・・

「!?」

“レンジで温めるとバターが溶けてさらに美味しく召し上がれます”
って書いてある(泣)

「・・・」

こんなハプニングもありましたが、
みんなでほっこり仲良く頂きました♪
ありがとうございます!





| いろいろ | 18:19 | - | -
春野菜
こんにちは。
ウィズ・ワン菊名展示場の小川名です。

4月になりました。
今日は展示場に届いた春らしい素敵な贈り物を紹介♪

先日、スタッフN氏がお客様よりお野菜を頂きました。
実はこちら自家製のお野菜!!





とっても綺麗でみずみずしいっ。
いつものごとく、わたしもおすそ分けを頂いてしまいました〜笑

ニンジンや、ラディッシュなど色とりどりのお野菜がいっぱい☆
洗ってそのまま頂いたのですが、新鮮だったので
とっても甘くて美味しかったです!
ごちそうさまでした!!


〜お花見〜 



今日はあいにくの雨と強風ですが、週末は晴れるそうですよ。
花びらが散り始めてしまう前に、お花見しなきゃです!










| いろいろ | 14:03 | - | -
スイッチ
こんにちは。
ウィズ・ワン菊名展示場の小川名です。

3月に入り入学・就職・転勤などでお引越しされる方も多いと思います。
間取りに合わせて家具も購入!これでバッチリ♪
と思ったら…。

あれれ?必要な場所にコンセントが無いっ!or 遠い(泣)
なんて経験ありませんか?

平面図や電気の配線図だけでは、
読み取りにくいスイッチやコンセントの高さ。
家造りにおいてもきちんと確認しておきたい点です。





一般的に、
スイッチの高さ=床から120cm
コンセントの高さ=床から25cm(洋室)/15cm(和室)
が標準と言われています。

でも、この高さが必ずしも家族みんなにとって
便利な高さとは限りませんよね。

例えば、お子様やご年配の方にとってはスイッチが高すぎたり、
背の高い方にとってはコンセント位置が低すぎて、
腰を曲げるのが辛かったり…。
細かいようですが案外気づかない点ですよね。





その部屋でどうやって過ごすのか?どのように使いたいのか?
きっと、生活スタイルは人それぞれ。
きちんと計画したいですよね。





そしてそして、プレートも重要なインテリア。
ウィズ・ワンのお客様は細かいところまでこだわりますよっ。
漆喰の壁や木製の壁にも映えますね☆











| いろいろ | 11:02 | - | -
カラーセラピー体験
こんにちは。
ウィズ・ワン港北展示場の岩城です。

街を歩いているとハクモクレンのつぼみが
気になる今日この頃。
このつぼみたちを見ると毎年春を感じます。
早く咲かないかなぁ・・

春になると綺麗な色のお洋服を
身につけたくなるもの。

以前から少し興味があったカラーセラピー。
この間の休日、イギリスで生まれたというオーラソーマを初体験♪
107本のボトルの中から選んだ色が示す意味から
精神状態を診断し、そこから自分について考えていくというもの。

上下2層になったボトルはとっても綺麗で、
それだけで癒されてしまいそう♪



頭で考えずに、自分を呼んでいると感じるものを
“直感”つまり右脳の力に任せてセレクト!

「ボトルは左手で持ち上げてね、右脳が働くから☆」

(ほんとに・・?)
と多少の疑問はありつつも(笑)
体験後には色の魅力にすっかりハマってしまいました。。


家づくりにおいても色はとっても重要な要素。
ただ、実生活では、“考える”左脳による働きが強くなります。
この色と相性が良いのはこの色だとか、
ついつい全体のバランスを考えてしまいますよね。

でも、そこにほんの少しだけ、直感のままに、
色彩の持つパワーを取り入れてみてはいかがですか?
自分の好きな色ってどうしても偏りがち。
普段選ばない新しい色は心に良い刺激を与え、
心が循環するそうです!

自分にとって必要な色を上手に取り入れて、
心豊かな時間を過ごしたいものですね。


お心遣いに感謝です♪
地鎮祭を終え、着工を控えたお客様より頂きました。
ありがとうございますっ!



とってもオシャレな箱を開けると、
マロンがごろごろ入ったカップケーキ。
しっとりしていて、ほんのり優しい甘さ♪
みんなで仲良く頂きました。
スタッフ一同心を込めてお手伝いさせて頂きます!!
今後ともどうぞよろしくお願い致します。






| いろいろ | 12:04 | - | -
キッチンの高さ
こんにちは。
ウィズ・ワン港北展示場の岩城です。

料理をしていて日々おもう事。
腰が痛い・・・(泣)
もう少し高さがあればなぁ。
皆さんもそう思われることありませんか?



一般的に調理台の理想とされる高さは
身長×0.5+5cmと言われていますが・・・

私の身長は161cmなので、
理想的な高さは85.5cm。
早速、我が家を計ってみる。
うん、ほぼ足りてる、85cm!

それなのに、なぜ?

でも腰が痛くなるのって、大体がシンクの前。
コンロの前では特に感じないかも。



そうなんです。
キッチンでの“洗う・切る・炒める”の作業は
それぞれ適正な高さが異なるんです。

だからと言ってデコボコ段差があるキッチンなんて
掃除がしにくいし、使いづらいはず。
それは困りますよね・・

ということもあって、キッチンの高さは
作業時間の長さや包丁を使う場所という理由から、
調理スペースの高さに統一するのが一般的のようです。
なるほど。
シンク前での腰痛の原因が判明(泣)

ま、細かく言ってしまえば、
複数の人が料理をする場合や
スリッパを履く場合、まな板の厚みもありますが・・


まずはショールームで体験してみるのがオススメ♪
できれば普段使ってるスリッパとまな板も一緒に(笑)

自分にとって一番理想的な高さを見つけて、
キッチンライフを充実させたいですね♪



〜St.Valentine’s Day♪〜
もうすぐバレンタインですね。
お客様より一足先の贈りもの。
お心遣いありがとうございます。










| いろいろ | 13:52 | - | -
ガラスブロック
こんにちは。
菊名展示場の小川名です。

先日 友人の新居におじゃました際、
玄関脇の壁にこのようなものが…。





ガラスブロックです。

ガラスブロックとは中が空洞になったBOX型ガラスのようなもの。
断熱性や遮音性、耐火性にも優れています。
また、外からの視線を遮りながらも光を通してくれるんですよ。




こちらはウィズ・ワンのお客様の実例です。

トイレ・洗面に。





大きな開口にも。


形状もウェーブがかったものや
不透明なフロスト状のものなど様々。
デザイン的な要素も兼ね備えてます!





以前 岩城さんが書いていた
グレーチングのような使い方にも似てますね。










| いろいろ | 10:48 | - | -
ワイヤレスな環境
こんにちは。
ウィズ・ワン駒沢展示場の西澤です。


今日から2月。受験シーズン到来ですね、
今年は雪が降るのでしょうか・・
寒いと家に引きこもりがちなわたしが最近オウチで
虜になっているのがワイヤレスなPC。
つくづく快適って思います。

みなさまオウチのパソコンの配線はどうされていますか?
インターネットは無線LANの方も多いはず。。

我が家もインターネットに関してはそうでしたが、
今回、ついについに完全ワイヤレスな環境に整ったのです。



“あぁ・・この線邪魔だわ”といつも思っていたパソコンの配線。

ガラスの大きなテーブルにパソコンを置いているがゆえ
余計にずっっと気になっていて・・
キーボードから出る線もマウスの線も、種類や太さも違うし
見た目がキレイじゃないのがとても嫌だった。
そこで、全部ワイヤレスにしようっと思って理想的な環境を
整えてみました♪


ワイヤレスになると部屋のどこにいてもインターネットに接続ができるし、
パソコンの置き場所を吟味しなくて済むところが最大の魅力。
配線を気にして壁に向かってパソコンを置く、
ありきたりな配置からも一新できます。


そして画期的なワイヤレスアイテムがこれ↓


このTimeCapsule(タイムカプセル)は
ワイヤレスモデム+ハードディスクの機能を併せ持っていて、
インターネットを介してどこからでもデータにアクセスができる優れモノで
機能もデザインも最高のワイヤレスですっ

もうこれで線に絡まることなく作業ができ、見た目もスッキリ収まる。
キーボードもマウスもパソコンからかなり離れたところに
おいていても操作が可能だし、便利です。

ちなみに家電のコードも嫌いなわたしはケーブルボックスなどを
駆使して隠しております。
コードが目立たなければ部屋はもっと綺麗にみえるし、使い勝手も
快適なのでオススメです♪





| いろいろ | 11:04 | - | -
囲炉裏(いろり)
こんにちは。
ウィズ・ワン港北展示場の岩城です。

年末年始のお休みの間、
ちょっと贅沢な時間を過ごしました☆

築100年にもなる古民家を改築したという
長野の山奥にある宿。
本格的な囲炉裏を囲んで頂くお食事に感動。
もちろん骨酒と共に♪



近くに民家はなく、テレビも音楽もないので、
聞こえてくるのはお鍋のぐつぐつ煮える音や会話、笑い声・・・
タイムスリップしてしまったかのような、
ゆっくりとした時間を過ごすことができました。

昔はこの囲炉裏の火だけで暖をとっていたんだろうなぁ。
当時はないであろう石油ストーブを背に、
そんなことを思ったり・・・



昔の人たちにとって、この囲炉裏というのは
色々な意味があったようですね。
暖房、調理、照明、乾燥、火種・・・
そして何より家族団らんの場。
この宿を切り盛りされているご夫婦が教えて下さいました。

ちなみに、囲炉裏は生活に欠かせないものとして
各地方独自で発達した為、多数の方言があるようです。
イロリ、ジロ、ヒジロ、ユルリ、イレ、エンナカ、ホド等、
呼ばれ方は様々。


家族全員が自然と集まる場所。
現代の家づくりにおいても
大切にしていきたいですね。







| いろいろ | 10:39 | - | -
お出かけ
こんにちは。
菊名展示場の小川名です。

2010年になり、1週間が経ちました。
いざっ、お仕事再開!!!
という気分でしたが早くも明日から3連休ですね。

お正月、おうちでゆっくりされていた方は
どこかへお出かけされるのでしょうか? 
連休中はお天気も晴れのようです☆

さて、今日はそんなみなさまに、おすすめスポットを紹介。
ニュースなどでピックアップされていた
恵比寿にあるバカラのシャンデリアです。





幅約3M、高さ約5M、付けられているクリスタルピースは
なんと8、472ピース!
以前にも大きなシャンデリアを見たことがあったのですが、
それを遥かに上回る大きさですっ! 





裾にはかわいらしい鈴の形をしたオーナメントが♪
どこから見てもきらきらと輝いて、目の中に☆ができそうなほど。笑





ちょっと離れた所から撮ってみました。
私が行ったのは昼間でしたが、夜の方がもっと綺麗に見えるはず☆

展示は1/11までだそうですよ。
お時間がある方は是非行ってみてくださいね♪







| いろいろ | 12:07 | - | -
キャンドル演出
こんにちは。
ウィズ・ワン港北展示場の岩城です。

今日はとても暖かく、気持ちの良い日でしたね♪
皆さんはどこかへお出かけになりましたか?


港北展示場の周りには水盤があります。
普段はこのように、葉の形をしたキャンドルホルダーが浮かんでいます。
水に浮かぶ落ち葉のようです。




そしてちょうど今日、初めての試みをしてみました!
以前からずっとやってみたかったキャンドル演出。
実際にキャンドルを飾ってみました♪




風が穏やかな日限定になってしまうと思いますが・・・
今日くらい穏やかでも、先程まで消えては点けて消えては点けて(泣)
なかなか難しいものですね。
でもやっぱりオレンジ色の炎は癒されます♪

12月限定☆で考えているので、
良かったら是非遊びにいらして下さいね。









| いろいろ | 17:57 | - | -
ソーラーブリック
こんにちは。
ウィズ・ワン駒沢展示場の西澤です。


クリスマスシーズンがやってきましたっ♪
今年は11年ぶりに表参道のイルミネーションも復活したり、
街全体が華かになって、寒くても歩くのが楽しいから大好き。
ウチの近所もキラキラしてきました。



そんなイルミネーションも最近エコ化が進み、
家庭でも簡単に取り入れられるソーラー式のものの種類が増えたので、
わたしも今年は挑戦してみたいな〜と思っています。
ソーラー式=太陽光蓄充電式はなんといっても
電気代なしが嬉しいポイントです。


ウィズ・ワンにもそんなエコな照明器具があります。
このちょっとメカちっくなブロックみたいなものが“ソーラーブリック”


シンプルな形状だから注意してみていないと気付かないけど、
ミッドタウンのエントランスやマンションなどの外構で意匠的に
使われていたりします。


これのすごいところは配線いらずで防水型なので、
太陽さえあれば世界中どこでも使えるところ。
仕組みも単純で、明るいうちはそのまま(太陽光を溜め込む)、
暗くなると真ん中の白い部分が光ります。

もちろん水中でも使えるので、駒沢展示場の外構では水盤に埋め込み、
水のゆらぎをより幻想的に演出しています。



小さな光だけど、あるのとないのとではだいぶ印象が変わります。

こういう、ちょっとした設えが演出には大切だなぁ・・
ぜひ、我が家にも欲しいものですっ






〜去年のクリスマスは〜

毎年クリスマスに何かしらデコレーションする我が家。
去年はフラワーアレンジメントの教室で
生もみの木のリースを作りました。生なので香りがとてもいい!


よくばりなわたしはいろんな種類のもみの木とオーナメントを
付け放題でつくり、直径50cmの巨大リースとなりました・・



今年はこのままドライもみの木で楽しめるはずでしたが、引っ越しで
葉っぱがとれてしまったので最後に記念撮影です。(涙)

駒沢展示場もちょっとだけクリスマス仕様にしたいな〜
みなさまは毎年何かクリスマスデコレーションされてますか?




| いろいろ | 13:55 | - | -
インテリアトレンドショー
こんにちは。
菊名展示場の小川名です。

最近急に寒くなりましたね。
寒い日の夜は港北岩城さんがブログでもオススメしていた
しょうが入りポトフ。私も影響されて早速作ってしまいました。笑
おかげでとっても温まりましたよ♪


さて先日、インテリアトレンドショーというものに行ってきました。
トレンドショーとはその名の通りインテリアのトレンド(=流行)の
展示会で、各メーカーさんが新作の商材等を発表しているんです。

その中でも様々なインテリアテイストをスタイリングしている
ブースを見るのが私の楽しみ☆
今回はその写真をご紹介。



こちらはファッションのようにストリートやグラフィティ、
ダメージ加工、ロックをテーマにしたブース。





雑誌や本を重ねて造ったサイドテーブルやトレイ。
バッジをたくさん付けてリメイクしたクッションカバー。

家具などにペインティングしたり、
それに合わせてカラフルなファブリックを組み合わせたりすることで
インテリアもファッション性の高いものになるんですね。



又、こちらは民族的なテイストのブース。
クッションなどのファブリックや、ペンダント照明は
捨ててしまうような布や素材を使っているのだそう。

オレンジや赤などの明るい色味がたくさん使われていますが
ベースカラーがブラウンなど全体的に落ち着いたトーンなので
統一感がありますね。


捨てるのではなく、ちょっとした工夫や色の使い方で
新しいものにしてしまう。
インテリアもエコな考えが主流になっているようですね☆










| いろいろ | 12:45 | - | -
コンベックス
こんにちは。
ウィズ・ワン菊名展示場の小川名です。

現場監督の必需品と言えば、コンベックス(メジャー)。
現場のありとあらゆるものを測る為、正確且つ丈夫なものを携帯しているようです。
(こちらはかなり年季が入っています。)



更にテープ部分をよく見ると微妙にU字型になってます。

それは、テープを長ーくしても、クタッと折れないように。
例えば、写真のように高さを測る時。



地面(床面)にテープの端(0cm)を合わせ、上にシュシュっと伸ばします。
測りたい箇所に当たったら、テープを手前に軽く折り曲げて計測。

※丈夫なものだと、テープ自体に張りがあり、垂直・水平保持力がしっかりしています。
又、目盛りも大きくはっきりしているので、下からでも読みやすいのです。





ちなみに、監督達はこんな風にベルトループにコンベックスをつけています。
シャキーン!て感じで装着。


家づくりには、私たちの知らない道具やへぇー!って事がまだまだ沢山。
これからも、そんな様々なものを紹介していきたいと思ってます☆




















| いろいろ | 18:37 | - | -
色いろいろ
こんにちは。
ウィズ・ワン港北展示場の岩城です。


先日のお休みの日に、ぼーっと万華鏡を眺めながら、ふと思いました。
世の中には何種類の色が存在するんだろうなぁって。


仕事中にも度々こんな光景が・・・
色見本とサンプルを持って、デザイナーHさんが私の元に。


Hさん:「これってどっちの色に近い?」
私:「・・・微妙すぎて分からない。。」

Hさん:「こっち?こっち?」

2人して眉間に何本ものシワを寄せるほど目を凝らしたり、
遠くにしてみたり、近くにしてみたり、斜めにしたり。
色々と試みてはみるものの、結局・・・

2人:「・・・分からない(汗)」





周りのスタッフを巻き込み、同じことを繰り返し・・・
すっきりしないけど、多数決により、こっち。
なんてことも。


色って、同じものでも素材や質感、光の種類や当たり方によって
まったく異なりますよね?


お店で買ったお洋服が家で着てみると
なんとなくイメージが違ったり。
私これ、よくあります(涙)


ですから、それがお家のこととなれば本当に大変なんです。
家づくりにも色打合せといってお家の中の様々なものを
決める時間があります。
ここで美人揃いのインテリアコーディネーターが打合せに登場!!

床材、玄関ドア、クロス、照明、カーテン、エクステリアetc・・・
決めるものは本当にたくさん。


お客様によっては1日がかり、もしくは日を改め何日にも渡って
行なう場合もあるくらいです。
家づくりってお客様もスタッフも真剣勝負、体力勝負だなぁって
つくづく思います。





私にできること・・・
そんな打合せの合間にほっとできるよう、
おいしいコーヒーと甘いお菓子でそっとサポートします。











| いろいろ | 10:26 | - | -
おいしいパスタ
こんにちは。
ウィズ・ワン仙川展示場の西澤です。


仙川展示場から見える距離にある“La Mantina(ラ・マンチーナ)”のパスタランチ。


ここのパスタすごく美味しいんです。

お昼休みを挟んで打合せをするときなど、お客様にも度々ご紹介しているお店で、
ウィズ・ワンのスタッフもよくお世話になっています。

ランチはいつも数種類あって、
注目は“本日のパスタ”

しらすやもずくなど、一見“え、パスタに‥?”と
躊躇するような食材が使われた斬新なメニューが面白い。
ちなみにシェフはイタリアで修行を積んだ女性です。

メニューも参考になるなぁと思いながら、
えびが大好きなわたしは、ついえび入りのパスタを注文。
ここのえびはとにかく“プリップリ〜”でおいしいんです!


お気に入りデザート“セミフレット コンカフェ”


ここのはアフォガードみたいにアイスとエスプレッソが別々に出てくるから
自分好みに食べられるのが良いです◎

エスプレッソをかけた直後のアイスの断面を見るのが楽しくて、アイスに浸透していくエスプレッソを
じぃーっと見てから食べます。地層みたい・・
んー おいしい!

仙川展示場のスタッフT氏も大好物です。
実はこれもTさんに教わったメニュー。


仙川展示場にご来場の際はぜひ☆





| いろいろ | 09:46 | - | -
海or山
こんにちは。
ウィズ・ワン菊名展示場の小川名です。


8月もそろそろ終わりですね。
みなさんは 夏休みどこかに行かれましたか?
これから!という方、夏休みなんて無いよ!(泣)という方・・・
いろいろいらっしゃるかと思います。


私事ではありますが、夏休みは念願の初サーフィンをしました☆
日焼けしただけで、全くできませんでした!

でも 綺麗な海とお天気に恵まれ 本当に気持ち良かったです♪





海の近所のサーファー達は、ボードを自転車に載せ
ウェットスーツを着たままビーチに向かっていました。


やっぱり 住むなら海の近くがいいなぁー!なんて憧れます。
でも 山の景色も捨て難いし。
ん〜 両方が一番です!


ウィズ・ワンのお客様も、海や山の近くに建てられる方が多いんですよ。
神奈川方面で言うと 鎌倉、逗子、葉山、辻堂、茅ヶ崎、大磯、平塚 etc...
 

花火大会開催の地としても有名な場所です!
菊名でお打合せされていたあのお客様も、
今頃 新しい家やお近くから花火をご覧になっているんでしょうか?

どうか素敵な夏になりますように☆




一方、菊名の現場監督達は日ごとに黒くなって帰ってきます。





私とは違う意味での日焼け。苦笑
(手前が私、後ろが監督です。)

監督も現場の大工さん達も いつもおつかれさまです。











| いろいろ | 10:16 | - | -
便利なデスクアイテム
こんにちは。
ウィズ・ワン仙川展示場の西澤です。




これ、わたしの机の横にいつもぶら〜んとぶら下がっている子です。

なんだかわかりますか?・・・


スタッフ:「西澤さん、ポストマン貸して〜」
わたし:「え??」
スタッフ:「西澤さんの横にいる人形みたいなの」

あ〜、これ?ポストマンって言うんだ。


今ではめっきりメール社会になりましたが、これは手紙など郵便物の重さを量ってくれる優れもので意外に便利なアイテム。
ウィズ・ワンではお客様にお礼のお手紙などを差し上げるときにポストマンが活躍中なんです。



仕組みは単純明快で、ポストマンの傾きを見るだけ。
(頭の先っぽについているクリップで郵便物を挟む)
25gまで(顔がちょっと傾く)→80円
50gまで(からだが真横)→90円
正確にはおなかの辺りにある矢印でわかるようになっていて、
ちょうど脚の裏側ももの部分に重りがついていて左右に振れます。


そのままでも可愛いけど傾くとそのマヌケな感じがもっと可愛い!
わたし、デスクに置くものはユーモアがあって機能的にも充分なものを
チョイスするようにしています。
デスクに向かうのが苦手なので少しでも楽しいものを・・・の精神。


みなさまはデスクアイテムに何かこだわりありますか?






〜お心遣いに感謝です〜



まもなく着工のお客様からいただいたワイン。

カリフォルニアのぶどう園で有名なナパバレーの
“NAPA CELLARS”MERLO  赤ワインです。
いつもおしゃれなお土産をくださるお客様。

夜8:30頃 わざわざご来場くださりこんなお心遣いを・・
ありがとうございますっっ

素敵なオウチ完成に向けて、スタッフ一同頑張ります!








| いろいろ | 10:00 | - | -
クリップ
こんにちは。
ウィズ・ワン菊名展示場の小川名です。


仙川展示場スタッフYさんの“こだわりのメガネ”に引き続き、
今日は、菊名スタッフNさんのこだわりアイテムをご紹介。





こちらはcavalini&co(サンフランシスコのカバリーニ社)という
文具メーカーのクリップ。かわいらしい銀色の丸い缶に入っています。


普通のよりも紙を留め易く、
見た目もシンプルなデザインです。


「自分がこういうのもらったり、送られてきたりしたら嬉しいじゃん!」
とNさん。


このクリップをお客様にお渡しする資料に付けているのだそう。


確かにこんなにかわいいのもらったら嬉しい!
大切にすること間違いなしです。


(実は私も、ちゃっかり2個ほど頂いて使っています。笑)


そんなNさんの想いが伝わったのか。。。





なんと、お客様より海外旅行のお土産でクリップを頂いたのだそう!


これがまたかわいらしい 飛行機型。
赤とシルバーの2色入で、
NORTHWEST AIRLINES (ノースウェスト航空) のものでした。


Nさんの好みもバッチリわかっていらっしゃるお客様。
なんだか私まで嬉しくなっちゃいます!


何気ないものにこそこだわりを持つこと。
ウィズ・ワンの家づくりにも似ていることなのかもしれません。


Nさんのこだわりから生まれた、素敵なお話でした。











 


| いろいろ | 15:13 | - | -
CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< December 2016 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE