<< 完成現場見学会のご案内 | main | 4月 >>
安曇野ちひろ美術館

こんにちは。

早春の息吹を感じる昨今、皆様いかがお過ごしでしょうか?

今回は、先日私が訪れた長野県安曇野にある「ちひろ美術館」についてご紹介したいと思います。

美術館の設計は、「とらや」の建築でも有名な内藤ひろし氏です。

北アルプスと田園風景をバックに、安曇野の風景に溶け込むようにして、1997年美術館は建てられました。

この美しい景観を壊さないよう、外観の大きさがもっとも抑えられる切妻屋根が連続するシンプルなデザインにしています。

建物は、壁が鉄筋コンクリート造で、屋根が木造です。

外壁仕上げは珪藻土塗り、床には無垢のフローリングが張られ、木の温もりの感じられる大変気持ちの良い空間になっています。



内藤氏は、美術館の中にあるちひろ公園のデザインもされています。

池の護岸のデザインも自然になる様に計算されていて、チェコの絵本作家クヴィエタ・パツォウスカーがデザインした池と石のオブジェが点在する「パツォウスカーの庭」、花畑が美しく配置されています。


中庭やテラス、展示室からカフェに行く為には、一旦外に出て渡り廊下を抜けていくようになっていて、良い意味で建物と庭の境目が無く安曇野の風景に溶け込んだアットホームで、親しみやすい美術館になっていました。



また、「ちひろ美術館」に行ったら、是非座って、触って体感して頂きたいのが、中村 好文氏デザインの家具です。

ちひろさんの作品の世界感と、美術館の雰囲気ともマッチしていて木の温もりの伝わってくる可愛いデザインがどれも素敵でした。

皆様も、是非「ちひろ美術館」行ってみて下さいね。

| 建築 | 10:30 | - | -
CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE