海or山

こんにちは。
ウィズ・ワン菊名展示場の小川名です。

8月もそろそろ終わりですね。
みなさんは 夏休みどこかに行かれましたか?
これから!という方、夏休みなんて無いよ!(泣)という方・・・
いろいろいらっしゃるかと思います。

私事ではありますが、夏休みは念願の初サーフィンをしました☆
日焼けしただけで、全くできませんでした!

でも 綺麗な海とお天気に恵まれ 本当に気持ち良かったです♪

海の近所のサーファー達は、ボードを自転車に載せ
ウェットスーツを着たままビーチに向かっていました。

やっぱり 住むなら海の近くがいいなぁー!なんて憧れます。
でも 山の景色も捨て難いし。
ん〜 両方が一番です!

ウィズ・ワンのお客様も、海や山の近くに建てられる方が多いんですよ。
神奈川方面で言うと 鎌倉、逗子、葉山、辻堂、茅ヶ崎、大磯、平塚 etc…
 

花火大会開催の地としても有名な場所です!
菊名でお打合せされていたあのお客様も、
今頃 新しい家やお近くから花火をご覧になっているんでしょうか?

どうか素敵な夏になりますように☆

一方、菊名の現場監督達は日ごとに黒くなって帰ってきます。

私とは違う意味での日焼け。苦笑
(手前が私、後ろが監督です。)

監督も現場の大工さん達も いつもおつかれさまです。

カップ&ソーサー

こんにちは。
ウィズ・ワン港北展示場の岩城です。

前回の仙川展示場のGEの冷蔵庫。
海外メーカーのものは、やはりかっこいいですよね。
港北展示場は“Miele〜ミーレ”ドイツ製のものです。

最近我が家も冷蔵庫を購入。
ちなみに木目調のデザインが気に入って選びました。
お料理の腕は(?)ですが・・・意欲だけは湧いてきます(笑)

さて、港北展示場で長年愛用しているKEYUCAのカップ&ソーサー。
オープン当初から使っています。
全部で8客ありますが、形が2種類あるんです!
上に広がっているタイプと下に広がっているタイプ。

お客様からも度々お褒めの言葉を頂きます。
気づいて頂けるのがうれしくて・・・
意図的にご主人と奥様と種類を違えてお出ししたりします(笑)

このカップ、それだけではないんです。
かわいいだけではなく、収納時にも威力を発揮します。
このようにジグザグ上下組み合わせることができるので、
収納時のスペースをキュッと最小限に抑えることができる優れものなのです♪

気分転換にそろそろNewフェイスを買い足そうかと思うのですが、
なかなかこのようなシンプルだけどちょっと一ひねりあるもの
(しかも価格もお手頃♪)に出逢うことができず・・
現在、迷い中。。

何かいいのないかなぁ・・・

GEの冷蔵庫

こんにちは。
ウィズ・ワン仙川展示場の西澤です。

残暑厳しく、毎日むわっとしております。
そんな夏に有難みを感じる冷蔵庫。

冷蔵庫って場所をとるしキッチンとの兼ね合いや機能、容量、使い易さ、デザイン性など
選ぶ要素が沢山あります。
みなさまは何を基準に選んでいますか?

仙川展示場にあるこの冷蔵庫はアメリカ製GEのもの。
GE(ゼネラルエレクトリック)社は、起源はあの発明王“エジソン”で、家電製品だけでなく
革新的な製品を発明・製造している老舗メーカーです。

素材は、ステンレスでスタイリッシュなデザイン。
冷蔵室と冷凍室が2:1くらいのバランスが見た目も良く使い易さも◎
(お客様のドリンク保存用として実際に使用しています)
とてもかっこいいので、お気に入りです。
“見せる冷蔵庫”としてもピッタリ。

ステンレスは錆びにくく強度と耐摩擦性に優れているっていうけど、
液体状のものを放置しておくとシミになってしまうので
こまめに“ふきふき”しています。

ふきふきするとピカーッっとなるので気持ちがいい。

うちの冷蔵庫は結構大きくてお気に入りのピンク色ですが、今度はGEのような
かっこいい冷蔵庫もいいなぁ。。

そうしたらテンションが上がってもう少し料理の腕も上がるはず〜(苦笑)

木の香り

こんにちは。
ウィズ・ワン菊名展示場の小川名です。

暑い日が続きますね。
そして、この時期は甲子園も熱いですっ!
連日 炎天下の中、高校生達が頑張っています☆

TVを見ていると、バッティングセンターに行きたくなるのは
気のせいでしょうか。

さて、みなさんは木製のバットって使ったことってありますか?
私は金属製のものばかりで、木製は使ったことがありません。

何の話かと言うと・・・
この写真のフローリングは、木製のバットにも使われる素材なんです。

その名はホワイトアッシュ。

見た目は柔らかそうな木なのに、重く硬く衝撃に強いのです。

ちなみに、当初はもっと白い色だったそう。
年月と共に変化してゆく様は、無垢フローリングならでは。

展示場にいらっしゃったお子様も肌触りが気持ち良いのか、
靴下を脱いでパタパタと走り回っています。

私が初めてこのフローリングを雑巾で拭いたときのコト。
なんと、床から甘い香りがしたんです!

何かの間違いに違いない!と思い、その後も一人で何度か試したのを覚えています。(笑)

衝撃的でした。コレが本当の木の香りなんだぁ。

それ以来、私はいろんなフローリングサンプルが来る度に
匂いを嗅いでしまうクセが・・・

手前のサンプルはローズウッドです。
ほのかにバラの香りがする木と言われています。
(木の種類や塗装によっては香りがしないものもあるようです。)

目指せ!香りで嗅ぎ分ける 利き木?! の達人。

職人!?

こんにちは。
ウィズ・ワン港北展示場の岩城です。

右手にカッター、左手には定規。
時々、バンドエイド(笑)

最近は1日中、このスタイル。
建築模型作りです。

図面だけでは想像しづらいため、
ウィズ・ワンではご提案の際に模型を作成しているんです。

まさかこんな大人になってから工作をするとは・・・
カッターなんて何年ぶりに握ったんだろう。

最初はこんな感じで取り組んでいましたが、
今ではだいぶコツをつかみ、
独り言を発しながら、1mmの世界に没頭してます。

スチレンボードに図面を当て、
ひたすら根気よく切る、切る、切る・・・

「わぁ〜もう限界。眼痛い、肩凝る。。(泣)」
大体途中で現実逃避。
この辺でいったん、腕を伸ばしてストレッチ。。

ひととおりパーツが揃ったところで、
組み立てていきます。

一見、地味〜な作業なんですが、
立体になった時の達成感は何とも言えません。

「できたっ♪」
360度クルクル回しながら眺め、満足!!

我が子を送り出す気持ちで
「いってらっしゃい!」
担当スタッフさんへと託します。
今までいくつの模型を送り出したかなぁ・・

?さん:「なんか最近、職人っぽくなってきたね〜」

職人。
悪くないかも(笑)

これからも愛情込めてせっせと模型作りに励みます。

便利なデスクアイテム

こんにちは。
ウィズ・ワン仙川展示場の西澤です。

これ、わたしの机の横にいつもぶら〜んとぶら下がっている子です。

なんだかわかりますか?・・・

スタッフ:「西澤さん、ポストマン貸して〜」
わたし:「え??」
スタッフ:「西澤さんの横にいる人形みたいなの」

あ〜、これ?ポストマンって言うんだ。

今ではめっきりメール社会になりましたが、これは手紙など郵便物の重さを量ってくれる優れもので意外に便利なアイテム。
ウィズ・ワンではお客様にお礼のお手紙などを差し上げるときにポストマンが活躍中なんです。

仕組みは単純明快で、ポストマンの傾きを見るだけ。
(頭の先っぽについているクリップで郵便物を挟む)
25gまで(顔がちょっと傾く)→80円
50gまで(からだが真横)→90円
正確にはおなかの辺りにある矢印でわかるようになっていて、
ちょうど脚の裏側ももの部分に重りがついていて左右に振れます。

そのままでも可愛いけど傾くとそのマヌケな感じがもっと可愛い!
わたし、デスクに置くものはユーモアがあって機能的にも充分なものを
チョイスするようにしています。
デスクに向かうのが苦手なので少しでも楽しいものを・・・の精神。

みなさまはデスクアイテムに何かこだわりありますか?

〜お心遣いに感謝です〜

まもなく着工のお客様からいただいたワイン。

カリフォルニアのぶどう園で有名なナパバレーの
“NAPA CELLARS”MERLO  赤ワインです。
いつもおしゃれなお土産をくださるお客様。

夜8:30頃 わざわざご来場くださりこんなお心遣いを・・
ありがとうございますっっ

素敵なオウチ完成に向けて、スタッフ一同頑張ります!

クリップ

こんにちは。
ウィズ・ワン菊名展示場の小川名です。

仙川展示場スタッフYさんの“こだわりのメガネ”に引き続き、
今日は、菊名スタッフNさんのこだわりアイテムをご紹介。

こちらはcavalini&co(サンフランシスコのカバリーニ社)という
文具メーカーのクリップ。かわいらしい銀色の丸い缶に入っています。

普通のよりも紙を留め易く、
見た目もシンプルなデザインです。

「自分がこういうのもらったり、送られてきたりしたら嬉しいじゃん!」
とNさん。

このクリップをお客様にお渡しする資料に付けているのだそう。

確かにこんなにかわいいのもらったら嬉しい!
大切にすること間違いなしです。

(実は私も、ちゃっかり2個ほど頂いて使っています。笑)

そんなNさんの想いが伝わったのか。。。

なんと、お客様より海外旅行のお土産でクリップを頂いたのだそう!

これがまたかわいらしい 飛行機型。
赤とシルバーの2色入で、
NORTHWEST AIRLINES (ノースウェスト航空) のものでした。

Nさんの好みもバッチリわかっていらっしゃるお客様。
なんだか私まで嬉しくなっちゃいます!

何気ないものにこそこだわりを持つこと。
ウィズ・ワンの家づくりにも似ていることなのかもしれません。

Nさんのこだわりから生まれた、素敵なお話でした。

 

エコライフ

こんにちは。
ウィズ・ワン港北展示場の岩城です。

人物紹介第3弾。
いつも手作りお弁当持参のスタッフAさん。
お子さんの写真や動画を大切にしているアットホームパパ。

実はAさん、とってもエコな人なんです。

いつかの珈琲タイム。
なぜか話題は家電に。

Aさん:「うち電子レンジないんだよね。」
私:「・・・?今どき?」

なにかと電子レンジにはお世話になっている私には信じがたいひとこと。

さらには。
Aさん:「炊飯器買ったのもつい最近だし。」
私:「・・・(絶句)」

もちろんですが、買えないわけではなく(笑)
必要なかったそう。

冷凍したものは自然解凍、温め直しは火にかけ、そしてお米はお鍋で炊く。
とのこと。

Aさん:「今の世の中は便利になりすぎてるんだよ。」
確かに。でも何とも古風。。

そしてそして。
ご自宅のお庭では家庭菜園。
今の季節はナスにキュウリに夏野菜がたくさん。

Aさん:「うちの野菜いる?今度持ってくるよ」

と最高の笑顔で言い残し、颯爽と出かけていきました。

後日、本当に持ってきてくれた朝採り野菜たち。
かなり本格的です。

地球にも環境にも優しい生活を送っているエコなAさん。
私も少しは見習わなくちゃ。