打ちっ放しコンクリート

こんにちは。
ウィズ・ワン港北展示場の岩城です。

最近気になるのが、コンクリート打ちっ放しの建物。
打ちっ放しコンクリートとは、塗装・タイル・石張りなどの仕上げの工程を省き、
型枠を外した直後のむき出しのままの状態のこと。

要するにそのままやりっ放しってこと?(笑)
いえいえ、通常の工法であれば隠せる表面のくぼみやキズも許されないのです。
だからこそ感じる緊張感。

表情のない冷やかなイメージもありますが、
やっぱりスタイリッシュでかっこいい。そして力強い。

出かけた先で見かけたカッコいい空間。
壁一面がコンクリート打ち放しになっています。
無機質だけど冷たい印象になりすぎないのは、
板が張られた天井と重厚な木製の扉のおかげかな。
この組み合わせ好き。

無造作にくり抜かれた部分にガラスがはめ込まれ、
ニッチのようなスペースになっています。
これだけで不思議と表情が出ますね♪

続いて室内にも無造作なアレンジが。
額をこんな風にアレンジして飾るのもなんだか絵になる・・
美術館のような雰囲気。

ウィズ・ワンの展示場にもこの打ちっ放しは取り入れられています。
ブログにも度々登場している三鷹展示場の地下室部分。
地下室ということもあるのか、
ピリッとした静寂に包まれる感覚がたまらなく落ち着くんです。

港北展示場の事務所の床にも使用されていますよ。
正直なところ、冬は床暖房の熱が伝わるまでは足元が極寒ですが・・
これからの季節はヒンヤリ快適♪

防水性や断熱性という弱点をカバーするためにコストはお高めのようですが、
部分的に上手に取り入れられたら素敵だなぁ。

≪おまけ≫
先日の休みを利用して、
展示場メンバーと箱根日帰り温泉の旅へ。
ホテルのエントランスにどーんと飾られていたオブジェは
樹齢600年のチーク材の根を使ったアート。
かっこいい〜
美味しいイタリアンを食べ、箱根の雄大な自然を眺めながら温泉でゆったり。
疲れも吹っ飛びます。
メンバー一同大満足な休日でした♪

フェルメール

こんにちは、ウィズ・ワン駒沢展示場の斎藤です。

桜の花は見頃を過ぎて、葉桜になってしまいましたが
チューリップやポピーなど次々と咲いていくのが
目に飛び込んでくるこの頃。
日ごとに春らしさが増していくようです。

さて今回は、ちょっとおもしろそうなイベント開催中の
三鷹展示場の話題に触れたいと思います。

2階LDKのスペースに、見慣れないものが‥

こちらはフェルメールの作品「ヴァージナルの前に立つ女」の、
精巧な複製画だそうです。

三鷹展示場では、5/27(日)までの期間中
フェルメールの現存する作品30数点の精巧な複製画を展示中ということです。

最新の住宅設備やこだわりのインテリアと一緒に
名画を楽しめるのはいいですね♪

各展示場に違う作品が飾ってあるそうで、
期間中作品かけかえありということです。

゜*:.。.おまけ.。.:*゜

駒沢展示場のLDKでは‥

時々、営業Kさんのワンちゃんが遊んでいます。
みんなのアイドルです(笑)

ウンベラータ

こんにちは。
ウィズ・ワン港北展示場の岩城です。

新緑の季節が待ち遠しい今日この頃。
港北展示場をOPEN当初からずっと見守ってきたのが、
リビングにどーんと位置するこのウンベラータ。
3m以上もある展示場の天井に届きそうなほどすくすくと育っております。

ウンベラータは熱帯地方原産の植物。
umbellata はラテン語で、umbella 「日傘」のような樹形が名前の由来。
ハート型の大きな葉っぱと独特な樹形が特徴で、
観葉植物としてとっても人気が高いのです♪

ただ、熱帯地方生まれということで、
寒さと乾燥にとっても弱い。。
特に港北展示場のリビングスペースは全面ガラスだから
外光が入り明るくて良いけどやっぱり寒いんです・・

凛とまっすぐに立っているようですが、
おそらく相当寒がっていると思われます。←想像ですが(笑)
こんな風に葉っぱの一部が黄色みがかっているのは、弱っている証拠。

冬は人間だけでなく、観葉植物も風邪を引くようです。
その最大の原因は冬の乾燥した空気。
一番の特効薬はできるだけ窓辺で太陽に当ててあげること。
それと葉っぱに直接霧吹きをかけるなどの乾燥対策!
ほんと人間と同じなんですよね。

確かにこのウンベラータ毎年冬になると元気がなくなるかも。
一時はてっぺんの葉っぱ以外すべて抜け落ちてしまったことがあったな。。
ごめんね。

OPEN当初は背丈は低いけど、
こんなに青々と生き生きしていたのに・・
葉っぱの数も多いですね(涙)

とはいえ、こんな小さな葉っぱたちも次々に出てきています!
芽もたくさん待機していますよ♪
これからの季節に期待を込めつつ、
まだまだ元気でいてもらうためにせっせとケアに励みます!

ソファの配置

こんにちは、ウィズ・ワン駒沢展示場の斎藤です。

前回の岩城さんのオリーブの記事、爽やかでいいですね〜♪
駒澤の桜の花も満開で気持ち良いです。
春らしい陽気が続くといいな。

さて、リビングといえば、ソファ。
ごろんと横になってくつろいだり、お客様をおむかえしたり‥。
私もいつかお気に入りの大きなソファを広いリビングに置きたいなぁと
妄想は膨らむのですが‥

そこで意外と大切なのが配置かと思います。

例えば‥

駒沢展示場はL字型配列。
一般的な配列でコミュニケーションを取りやすいとされます。

実例から、こちらはコの字型配列。

多人数向きとされます。
一人掛けソファもゆったりしていて、良い家族の団らんの時間が持てそうですね。

レッドが印象的なこちらのオシャレなソファは直列型配列。

この配置はできるだけ床面を広く取りたい場合に効果的なようです。
お部屋もすっきり見えるし、大きなテレビの正面でごろーんとくつろいだら
とても気持ちよさそう。

他に、よく応接室などで見かける向かい合った配置がありますが、
普通の会話が弾むのは、人と人が対角線上にいる時のようです。

一番はじめに例に出したL字型配列がリビングなどで多く用いられるのも
納得です。

お気に入りのソファを良い配置で取り入れて、
リラックスできる空間で、快適に過ごせたらいいですね。

゚・*:.。.お心遣いに感謝です.。.:*・゜

お客様より、差し入れをいただきました。
可愛らしい包装の中身は、レ・シューのにしかまチーズです。
ふんわりとろける食感で本当に美味しかったです。
西鎌倉に行った際には私も立ち寄ってみたいと思います。
ありがとうございました!