無垢テーブル×木製の脚

こんにちは。
ウィズ・ワン港北展示場の岩城です。

前回の板張りに続き、無垢板の魅力をご紹介します。
建築後からでも気軽に取り入れられるのが無垢板でつくられたインテリア。
その代表的なものはやっぱり無垢テーブルでしょうか。

テーブルということで天板に目が行きがちですが、
脚にも注目してみると個性豊かで面白い。
テーブルの脚は天板の個性を引き立てる名脇役。
素材や形によって全体の印象が変わってきますよ。

今日は木製でつくられた脚をピックアップ。
中でも少し変わったV型をした脚をご紹介しますね。
まずはこちらが脚の写真。
この脚がテーブルの天板を支えます。
驚くのはこちら、置き型で仕上げるということ。
対にしたこのV型の脚の上に天板を置くだけで
テーブルが完成するというわけなのです。

ぐらつくことはないの?などと心配になりますが、
テーブルの幅と転倒しない寸法がしっかりと設計されているので大丈夫!
全く問題ないのです♪
むしろ模様替えや椅子の配列などにもフレキシブルに対応ができるという利点も。
実際に天板がのったものがこちらです。

ちぎりがなんとも可愛らしい♪
肌色系の優しい色合いが印象的なこちらの天板は
“ボッセ”というアフリカ産の樹。
原木での入荷がほとんどないという希少種。
その貴重な天板を際立たせるため
V型の脚部分にはあえて暗めの色を組み合わせています。
こちら全体像。
はい、天板がどどーんと目立っています。
お誕生日席にも座ることもあるというお客様のご要望を受け、
こういった設計になりました。

尚、こちらのお客様、この脚と同じ面材で他の家具も作製。
設計士のOさんがオリジナルで設計したものです。
リビングのセンターテーブルとテレビボード。
こちらです。
LDK全体のカラーを統一することにより、
ダイニングテーブルの天板がさらに際立つという効果が。
なるほど♪

木製の脚は抜群の安定感と重厚感があり、
そのダイナミックなフォルムにほれぼれ♪
無垢テーブルのもつ味わいがさらに引き出されます。
次回は、対照的な鉄製の脚のものをご紹介。
異素材の組み合わせはまた違った印象になるのでこちらもお楽しみに♪

〜おまけ〜
先日、休みを利用して上高地へ行ってきました!
心まで浄化されるほどの澄んだ空気と冷たい水。
深い緑に青い空、ゆっくりと流れる時間。
途中、野生のサルの家族にも遭遇したり・・
自然に生かされていることを実感する癒しの旅となりました♪

水まわりの観葉植物

こんにちは、ウィズ・ワン駒沢展示場の斎藤です。

ようやく暑さが落ち着いて、過ごしやすくなってきましたね。
通勤途中、街路樹が紅葉し始めているのに気づきましたが
駅ビルなどでも、栗やリンゴの秋らしいスイーツが目に留まり
連日誘惑されています、、。
食べ過ぎに気をつけなくては。

さて今回は、インテリアの中でも大切な要素である観葉植物、
中でも、水まわりの観葉植物について取り上げてみたいと思います。

さっそく実例から。

小振りのモンステラがかわいい。
ダークブラウン×白×ステンレスのシルバーにグリーンの組み合わせ、
個人的にとても好きです♪
アンティークなデザインのタオルハンガーや、
アメニティ類にもぴったりです。

次は爽やかな印象のこちら。

水色のタイルに、アイビーの濃いグリーンがマッチ。
パウダールームにアイビーやポトスなどがさりげなく飾ってあると、
フレッシュな雰囲気を演出してくれて、
こもった場所でも明るい印象になる気がします。

続いてこちら。

こちらはややボリュームのあるテーブルヤシ。
南国ムードが出て素敵です。
高温多湿を好むので、バスルームに置いてもいいそう。

ちなみに、水まわりに観葉植物を置く際は、
ハイドロカルチャーを使うと衛生的にも良いそうです。

私は以前土に入ったドラセナを置いていたのですが、
今度はハイドロカルチャーにしてみようと計画中です。

皆様も試してみてはいかがでしょうか♪

板張りの魅力

こんにちは。
ウィズ・ワン港北展示場の岩城です。

吹く風に秋を少し感じられるようになってきました♪
これから少しずつ気温が下がり、
温もりが恋しくなる季節になりますね。
家づくりにおいて温もりといえば、
個人的には自然素材、木の温もりを連想します。

無垢板の床材やテーブルなど色々な取り入れ方がある中で、
今日ご紹介したいのは、板張りの壁と天井。
床材と併せて取り入れることによって
お部屋の雰囲気が劇的に変化しますよ♪

はじめに、バスルームに併設されたリラクゼーションルーム。
床材と同一のウリンを大胆に壁一面に貼り付けています。
リラックスチェアとグリーンを置けば気分はすっかりリゾート♪
深みのある色みで落ち着ける空間となります。

三鷹展示場キッチンの天井。
こちらはレッドシダ―(米松)。
同系色に塗られた下地に等間隔の隙間をあけて
L字に貼り付けています。
平面的ではなく、立体的に貼り付けることによって
メリハリができ、深みが生まれます。

こちらはTV裏の壁に部分的に。
杉を白く塗装したものを貼り付けています。
白で統一されていますが、
素材違いのものを取り入れることによって
同じ白でも空間に動きが出ます♪

1枚目の写真と同じウリンの板張り。
手前の間仕切り壁と奥のキッチンカウンター壁面を同一で揃えています。
ちなみに、手前の間仕切りは4つの角の小口を見せないよう、
接合部を全て45度にカットして貼り付けているので仕上がりもすっきり!
細やかな職人技が光ります。
床材のホワイトオークとの色のコントラストも楽しみの一つですね。

最後は、大胆なコントラストを楽しめる空間。
こちらもレッドシダ―(米杉)。
白い壁、床にゼブラ柄がとにかく映えます♪
前回、斎藤さんが取り上げた“フォーカルポイント”にもなります。

空間になじませたり、空間のポイントとして楽しんだり、
様々な魅力を発揮する板張り。
天井や壁などの大きな場所でなくても、
キッチンや洗面、トイレなどに部分的に取り入れても素敵ですよね♪

フォーカルポイント

こんにちは、ウィズ・ワン駒沢展示場の斎藤です。

夕方聞こえてくるのが、セミの声からコオロギの声に変わって
秋を感じますが、残暑はまだまだ続きそうですね。

さて今回は、インテリアの雑誌などでよく出てくる、
『フォーカルポイント』について、ちょっと掘り下げてみようと思います。
フォーカルポイントとはつまり、
視線が集まる、インテリアの見せ場となるような場所のこと。
よく例に出されるのが、洋室の暖炉、和室の床の間です。

確かに、洋室に入って大きな暖炉があったら、
和室に入って立派な床の間があったら、自然に目がいくと思いますが
今の日本の住宅では、なかなかないかも‥。

ということで、もう少し身近な例としては
ニッチもよく挙げられます。

こちらは駒沢展示場のニッチ。
何もない場所よりも、どこか視線の焦点があると
落ち着いて感じるんだそうです。
絵画も効果的ということで、確かにポイントになっています。

続いて実例より。

こちらのフォーカルポイントとしては、
壁面のアート、棚のディスプレイ、観葉植物、と
複数挙げられるかと思いますが、
借景も手伝って、とても素敵な空間になっています。

そして、最後はこちらの例。

この場合、天井に迫力があるので、
天井が第一のフォーカルポイントと言ってもいいのかも。
そして視線を下げると、壁の棚のディスプレイや
観葉植物、クッションなどにも目が留まります。

複数のフォーカルポイントを組み合わせると
インテリアにも奥行きが出て、空間がより素敵なものになりますね。

皆さんも、自分の好みのものを色々と組み合わせて、
空間にポイントをつくってみてはいかがでしょうか♪

゜*:.。.おまけ.。.:*゜

お休みの日に行った沢。
すごく天気がいいのに沢の周りは涼しくて気持ち良かったです。
とても癒されました♪