ウォールペーパー(壁紙)

こんにちは。
ウィズ・ワン港北展示場の岩城です。

前回に引き続き壁のお話。
今日は、ウォールペーパー(壁紙)について少しだけ。
欧米では重ね張りできる紙クロスが主流のようですが、
日本ではビニルクロスが一般的。
材質は塩化ビニルです。
塗り壁のように通気性はまったくないけど
なによりメンテナンスが楽チン!

種類が豊富なのも魅力の一つ。
大胆な柄のものやファブリックのようなテクスチュア、
木目調や凹凸感のあるものなど多彩なんです。

ウィズ・ワンのお客様のお家は漆喰壁が主流。
でも、ところどころポイントに壁紙の出番もありますよ♪

たとえば、こちらトイレ背面の壁。
壁の手前にもう1枚壁を立ち上げて創り出した収納スペース。
奥はマット、手前はレザー調とそれぞれ質感の異なる黒色の
ウォールペーパーを使用しています。
同じ黒でも質感を変えることで陰影がより強調されてカッコいい。

つづいて、こちら和室の壁と天井。
色の対比を存分に楽しんだ仕上がり。
それぞれ、窓位置とアクセントクロスの位置を合わせて貼ることで、
デザイン性が高まります。
計算されてる・・
畳も縁がなく市松敷きににしているので、
全体的にとってもモダンな雰囲気。

最後は、以前お宅訪問でご紹介させてもらったこともあるこちら。
真っ白な空間に壁一面に貼られた
GRAHAM&BROWN(グラハムブラウン)のウォールペーパー。
イギリスの老舗壁紙ブランドです。

“もっと気軽に壁を着替えてほしい”との考え方から
輸入壁紙としては親しみやすい価格帯とデザイン性の高さが魅力。
貼ってはがせるシリーズ等もあり、
世界中のDIYファンを魅了しているそう。

こんなに大胆な柄なのに空間に統一感があるのは、
色の濃淡のバランスが工夫されているからかな。
材質も紙や不織布が一般的なので、
しっとり柔らかな風合い。
真っ赤なダリアなんて飾ったらピッタリだろうなぁ♪

住まいの顔となる壁。
壁の存在を感じさせない白もいいけど、
ウォールペーパーで思いっきり遊んでみるのもオススメです♪

MODERN LUX HOUSING

こんにちは、ウィズ・ワン駒沢展示場の斎藤です。

11月も半ばになり、さすがに寒くなってきましたね。
あたたかそうなアウターを着ている人が街中でも増えましたが
私もついに今週、ダウンに袖を通しました。
やっぱりダウンはあたたかい♪

さて、今回は最近駒沢展示場に増えた洋書をご紹介。

『MODERN LUX HOUSING』

まず、目を引く表紙から。
プールのある、リゾート風で品のあるつくり。
板張りがアクセントになっていて素敵です。

続いて、こちらも青い空とプールの水色が映えるデザイン。
ピンク系の屋根(?)と全体の斬新な形がマッチして、
すごくおしゃれでありつつ、ちょっと可愛らしい印象でもあります。

そして最後は、インテリアを中心に紹介されているこちら。
素材の使い方、ライティングの仕方、植栽の入れ方などなど、
すべて洗練されていて見入ってしまいます。

ボリュームのある本なので、この他にもほんとにたくさんの
ハッとするような実例が満載です。
どこまで取り入れられるかは別としても、
ときめくデザインに出会えると嬉しいですよね。

いつも冷静な駒沢T部長も、

『この本、全部カッコイイ!』

と盛り上がっておりました(笑)

〜お心遣いに感謝です〜

いつも素敵なA様ご夫妻より、ニューヨークのお土産をいただきました。
美味しいチョコレートと、モダンなカードケースです。
ブログの画像はちょっと小さめですが、
よく見るとチョコレートのパッケージに自由の女神が。
A様、ありがとうございました!

異素材の白い壁

こんにちは。
ウィズ・ワン港北展示場の岩城です。

少しずつ気温が下がり、暖かい室内で過ごす時間が
何より愛おしくなる季節。(寒がりなので冬が怖いのです 笑)

ところで、“室内の壁の色”と聞いて
皆さんがイメージする色って何色ですか?
私はやっぱり“白”です。
ウィズ・ワンのお客様のお家も圧倒的に“白い壁”多いです。

白色の壁って明るくて清潔感があるけれど、
全部白一色の空間だとついつい印象がぼやけがち。
そこで、同じ白でも異素材を組み合わせることによって
立体感が出ます♪

ファッションでも異素材MIXのものってありますよね?
家づくりも同様で、1色でも数段おしゃれな空間に大変身しちゃうんです♪
今日も実際のお写真からご紹介していきます。

まずは、こちらから。
掘りこんだ部分にタイルを貼り付けた壁。
素材は天然大理石。
上から照明を当てているので、
より陰影が強調されて、まるでシアタールームのような趣。

続いて、こちらも同様の素材の天然大理石を使った、
アクセントウォール
ごつごつと存在感のある壁、
つるっとした光沢のある滑らかな床、そしてざらっとした漆喰壁。
すべて素材も質感も異なる白が組み合わさって
一つの空間を創り出しています。

こんなパターンも♪
ブリックタイルの壁。
ブリックタイルとはセメントを基材に石やレンガを混ぜて
“石材風”、“レンガ風”にしたタイルのこと。
とても風合いがあって、いい雰囲気が出ます。
暖炉との相性もバッチリ。

最後にご紹介するのは
キッチンパントリーの入口にブリックタイル。
優しいレンガの風合いとアールの組み合わせ。
少し入ったピンク色がさらに柔らかさを演出しています。
程良い色のばらつきがアンティークな雰囲気♪

清潔感のある真っ白な明るい空間。
その雰囲気を壊さず、ポイントポイントで絵画を飾るように
取り入れてみるのも面白そうだなぁ。

ウィズ・ワンな日常

こんにちは、ウィズ・ワン駒沢展示場の斎藤です。

11月に入り、さすがに寒くなってきましたね。
空気も急に乾燥してきたようで、
私は風邪をひいてしまいましたが
皆様どうぞご自愛下さい。

さて、先日、産休中のコーディネーターMさんが
赤ちゃんと一緒に遊びに来てくれました!

リビングのBOSAL(ボーザル)のソファですやすや♪
かわいい。。

外出から帰ってきたT部長とNさん、
二人とも赤ちゃんを見るなり

『パパでちゅよ〜』

もちろんウソです(笑)

みんな抱っこさせてもらい、
つかの間の癒しタイムでした。

Mさんも赤ちゃんもお元気そうで何よりです。
また遊びにきてくださいね。

〜お心遣いに感謝です〜

お引渡しが済んだO様よりプチフルーツジュレをいただきました。
何度もお打ち合わせを重ねて出来上がったこだわりのお家。
きっと素敵な生活を送っていただけることと思います。
O様いつも素敵な差し入れをありがとうございました!

今度地鎮祭を迎える、S様よりお寿司の差し入れをいただきました。
行きつけのお店でつくっていただいたそうで
大きな箱にぎっしりとお寿司が!
でも、駒沢スタッフは食いしん坊が多いので(笑)、
みんなで美味しくいただき、完食させていただきました。
S様ありがとうございました。