オーダーメイドの玄関ドア

こんにちは。
ウィズ・ワン港北展示場の岩城です。

以前何度かブログにも書いていますが玄関は家の顔。
ウィズ・ワンのお客様はそんな大切な玄関ドアを
オーダーメイドされます♪
どれを見ても本当に素敵。
せっかくなので違ったタイプの3種類をピックアップして
ご紹介したいと思います。

まずはこちらから。
ダイノックシート(素材に限りなく近づけたフィルム)を貼り合わせた
スチール製の扉。
そこに組み合わされる取っ手は、
設計士Tさんがデザインしたアーチ型の取っ手。
素材は毎度おなじみ、軽井沢の工房で丁寧に作られたロートアイアン。
両サイドにはめ込まれた乳白ガラスの柔らかさが
より一層玄関ドアの力強さを際立たせています。

続いて、以前ブログにも登場したことのあるこちら。
スチールドアに錆風のエージング塗装を施した
何とも大胆なアイデアに溢れた玄関ドア。

塗装のプロフェッショナルへ依頼をし、
建物完成後に2日掛りでドア枠まですべてを
塗り上げたというこだわりっぷり♪

取っ手は港北展示場と同様のデザイン。
ロートアイアンにぐるぐる革巻き。
もちろんこちらも軽井沢の工房より届いたものです。

展示場の取っ手を気に入って下さったので、
扉のサイズに合わせてリデザイン♪
革巻きの方法は濡らして行なうことにより、
乾いた時に緩みなく締めあがるんだそう。
アイアンのみのシンプルさも良いけど、
革巻きのアクセントも捨てがたい♪
カッコいいです。

最後は番外編。
既製の木製ドア(自然塗料で塗装)に
お客様ご自身でデザインをされたレバーハンドル。
なかなか見ることのないデザインがとっても印象的。
とっても斬新なのに全体的にすっきりとまとまっているのは
すべてをロースウッド色に統一しているからかな。
落ち着いた印象の中にピリッとスパイスの効いた
素敵なドアです♪

すっきりとしたデザインの中にもしっかりと個性を主張できる
オーダーメイドの玄関ドア。
外観のデザインや門扉などとのコーディネートを楽しんでみては
いかがでしょうか?

ベッドルーム

こんにちは、ウィズ・ワン瀬田展示場の斎藤です。

前回に引き続き、今回は瀬田展示場2Fを中心にご紹介したいと思います。
2Fには素敵な仕掛けが色々とあるのですが、
今回はベッドルームに注目してみたいと思います。
早速扉を開けてみましょう♪

まずこちらの扉、実は床材にも使用している
フレンチオークで作ったオーダーメイドなんです。
漆喰で仕上げた壁によく馴染みます。

この扉の左側に行くと、

ご主人用を想定したベッドルームになっています。
手前にはちょっとした寛ぎスペースもあるので、
夜は照明を落としてワインなど楽しむのにも良いかもしれません。

奥まで進むと、窓際に書斎スペースも設けてあります。
外が吹き抜けになっているので開放感があって気持ち良いです。
天気の良い休日など、ここで作業したらとてもはかどりそうです。

そして、反対側のお部屋は奥様用。

シャビーシックな雰囲気で、甘すぎない大人なガーリーさを演出。

ブランディボワールの家具もしっくりきて、
モダンでありながらロマンチックなお部屋になっています。

そして実はこの二つのお部屋、
ウォークインクローゼットを介して繋がっているんです。
どちらからも入れるので便利ですし、
迷路のようでお子様にも人気です(笑)

ブログではご紹介しきれないところも多々ありますので、
ぜひ遊びにいらして、ご体感いただければと思います。

家事室(ユーティリティ)

こんにちは。
ウィズ・ワン港北展示場の岩城です。

突然ですが、みなさんアイロンがけってどこでしますか?
あの作業かなりスペースとりますよね。
特に不便を感じたことはないけど、
何より美しくないのが納得いかない・・

そんな時、オフィス内で“家事室と”いう魅力的なフレーズが。
気になって聞いてみると、
“奥様の書斎”のような専用の家事スペースのことらしいのです。

アイロンがけだけでなく、
レシピをチェックしたり、お裁縫、家計簿、ブログなどなど。
やりっ放しにしておいてもお部屋の雰囲気に影響しない、
ちょっとした隠れスペース。
うん、いいかも♪

もちろん、ウィズ・ワンのお客さまも素敵な家事室をお持ちですよ♪
実際にお写真をご紹介してみます。
大胆に吹き抜けた気持ちの良いキッチン。
その奥にもう1つスペースがあるのが分かりますか?
少し近づいてみます。

キッチンの奥はこのような感じ。
カウンターにはTV、そして扉の奥はバルコニー。
突き当り右側には洗濯機もあり、
ひと通りの家事をこのお部屋で済ませることができてしまうのです。
少し奥まった場所にあるので、
多少のこもり感もあってまさに奥様の書斎な雰囲気。

続いてこちらは対照的なオープンな家事室。
キッチンからダイニングにかけて架け渡したカウンターが魅力的。
これなら、家族の存在を感じながら自分の事にも取り組めますね。
手元には照明が取り付けられていて
お裁縫や編み物など細かな作業にも便利そう♪
何よりオープンでもカウンター下にスペースがあるから、
作業の途中でもさっと隠せるのも良いなぁ。

最後は、番外編。
サンルームと称した太陽の光がたくさん差し込む奥様専用スペース。
アールの窓にレースのカーテン。かわいらしい磁器の洗面ボール。
お気に入りのものに囲まれて過ごす特別な時間は格別ですよね。
これは贅沢です♪

自分の好きなことに打ち込めるスペースが欲しいのは
ご主人だけでなく奥様も一緒。
家事室とはリビングやダイニングなど共有スペースを綺麗に保つための
裏舞台的存在なのかな。
衣食住に関わる作業やお子様の学校の書類整理など、
すべてのことが同じスペースでこなせるので
家事の効率UPにもつながるというわけです♪
そんな魅力いっぱいの家事室。
ぜひ取り入れてみてはいかがでしょうか?

OPEN、その後。

こんにちは、ウィズ・ワン瀬田展示場の斎藤です。

駒沢展示場から瀬田展示場へ異動になり、
久しぶりの更新となってしまいましたが
皆様お変わりありませんでしょうか。

これからは瀬田展示場でブログを綴っていきますので、
引き続きよろしくお願いします!

まず今回は、瀬田展示場の様子をざっくりとご紹介していきたいと思います。

エントランスを入ってすぐのLDKの一部。

吹き抜けの階段からオフィス部分。

CORES DA TERRA(コア ダ テラ)のブラックチェリー。

パティオスペースのライト。

まずは1F部分を中心に写真を選んでみました。
瀬田展示場では、ウィズ・ワン一押しのフレンチオークを使用した床や、
海外でセレクトして直に仕入れた家具など
他の展示場とはまた一味違った魅力が満載です♪
ブログでもまた次回、ご紹介させていただきますね。

OPENから約一ヶ月。
3月に入り、なんだか急に春めいてきましたね。
天気の良い休日は、是非遊びにいらしてください♪

〜お心遣いに感謝です〜

OPEN後すぐのお打合せの際にお客様からいただいたランのお花。

一緒にいただいたお菓子は、
例によってあっという間になくなってしまったのですが、、(笑)
お花はまだまだ元気に咲いています。

素敵なお心遣いを、ありがとうございました!