フレンチオーク

こんにちは。
ウィズ・ワン港北展示場の岩城です。

今日はフローリングのお話。
ウィズ・ワンで働いていると日常的に自然素材に囲まれているので、
その心地の良さは日頃から体感済み。
やっぱり良いものって伝えたくなりますよね。

中でも、オススメしているこだわりの床材、フレンチオーク。
全展示場にサンプルを入荷しているので
目にされた方も多いはずのこちら↓

フランスで歴史ある、無垢、複合フローリング専門メーカーの
Chen de l’est(チェンダレスト)社。
始まりは1960年。
木工職人であった創業者が小さなアトリエから興した会社。
今日に至るまで会社は家族経営を続け、
フランスで主要なフローリングメーカーになった今でも、
創業者の情熱を大切に引継いでいます。

フローリングになるまでのすべての工程を
自社工場で行なうことで最高のクオリティを提供するという徹底っぷり。
専門知識と熟練した技術が造り出す、
ユニークな質感、色、仕上げのタイプは上の写真のように様々。
同じ樹種とは思えない程のバリエーションなのです♪

その中から瀬田展示場には厳選した数種類のフレンチオークが
使用されているので少しご紹介していきます。
まずはこちら。
シャビーシックなホワイト系の床。
よく耳にする“シャビーシック”とは
『使い込まれた粋な』とか『洗練された古さ』といった意味。
時を重ねたものたちが持つ、
表情豊かな味わいを楽しむ感覚。

そんな雰囲気を見事に演出したこちらの床材は
大人の女性の心をぐっとつかんで離さないはず。
展示場では奥様の寝室として使用されています。
質感の違った白で統一されたお部屋は
落ち着いた女性らしさ溢れる雰囲気♪

続いて、対照的なブラック系の床材。
ご主人の寝室に使用されたこちらは
木目をざくっと大胆に生かした男性的な印象。
チークの古材で作られたベッドとも相性抜群ですね♪
計算しつくされたエイジング加工のバランスが、
床、家具共に互いを引き立て合っています。

そして最後は、こちらのグレー系。
こちらも木目を生かした仕上げ。
上のブラック系に比べると少し光沢が感じられて華やかな印象。
シルバーグレイといったところでしょうか。
打合せブースの1室に使用されていますよ。

優しい木肌とふっくらとした繊維質が醍醐味のフレンチオーク。
素材が本物だからこそ細工を施すことによってより深みが出るんだろうなぁ。
モダンな家具にもエイジング加工された家具にも
合うのがこの床材の魅力。
ついつい気持ちが入ってしまい長々と書いてしまいました・・(笑)
ぜひ実際に見て触って質感を体感してみてください♪

〜お心遣いに感謝です♪〜
先日、お客様より頂いたサダハルアオキのマカロンラスク♪
コロンとした可愛らしい瓶いっぱいに
カラフルなラスクがぎっしり。
眺めているだけでも幸せになれちゃいます。
お心遣い本当にありがとうございます。
素敵なお家ができあがるよう、スタッフ一同頑張ります!
今後ともよろしくお願い致します。

丸窓

こんにちは。
ウィズ・ワン港北展示場の岩城です。

桜の季節が駆け抜けるように過ぎ去り、
緑が楽しめる季節となってきました♪
以前、“借景”をテーマに取り上げたのも
緑鮮やかな季節だったなぁ。

そんな季節の移り変わりを楽しめる窓。
窓っていうと四角をイメージしがちだけど、
丸い窓も気になります。
ウィズ・ワンのお客様のお家にも丸い窓あるんですよ。
スクエアな建物に丸い窓の組み合わせは
とっても良いアクセント。
建物の表情がとても豊かになります。

さっそく、お写真で紹介していきます。
まずはこちらの外観写真から。
真っ白なスクエアのお家に丸窓を発見。
ぽっかりと浮かぶ月のようなイメージが印象的。
東側に取り付けられたこの丸窓から実際に月が見える日もあるとか。
月の出を狙う位置に開口をとると月を感じられるお家になるんだそう☆
なんともロマンチック♪

こちらは室内からの写真。
和室×丸窓というとどこか伝統的な印象もありますが、
畳のデザインとの組み合わせもあり、
とてもモダンな雰囲気に仕上がっています♪
さりげなく置かれたランプとも相性バッチリ。

続いてこちら。
同じく和室ですがこちらは室内の壁に丸窓。
はめ込まれた障子が伝統的な要素を強く醸し出しています。
この何とも言えない調和のとれた雰囲気は、
隣に並ぶ開口部分の角を切り取っているから。
こういった細やかなひと手間が
空間の雰囲気をぐっと引き締めるんですね。

続くこちらはアールの屋根×丸窓。
この組み合わせも素敵。
高い場所に位置した窓なので、
額縁のように切り取られた空を室内で楽しむことができそう♪

最後は、瀬田展示場の2Fキッズスペースを彩る窓たち。
直径8cmほどの小ぶりな丸型ガラスブロックたちが
ランダムに散りばめられています。
室内から見るのももちろん可愛らしくて良いけど、
夜、室内の明かりを点けて散らばる光を外から見てみたいな♪

内外観問わず取り入れられて、
ワンポイントとしてもとっても効果的。
モダンでもシックでも和でも不思議とふわっと調和し
周囲のデザインの引き立ててくれる丸窓。
オススメです♪

バスルーム

こんにちは、ウィズ・ワン瀬田展示場の斎藤です。

近頃春らしい気持ちの良い天気の日が増えてきましたね♪
さて今回は、またまた前回に引き続き、瀬田展示場3Fをご紹介したいと思います。

まずは、こちら。

ギリシアの白壁を意識して、白一色で仕上げたルーフバルコニーです。
屋外用のベッドも置いて、リゾート感溢れる雰囲気に。
奥には無垢板のベンチも造り付けてあります。

外のジャグジー、夏は水浴びするのも気持ち良さそうです♪
ちなみに屋内のバスルームはというと、

ガラス越しにパティオを作っており、こちらも開放感溢れるつくり。
外の植物には、24時間循環式のモーターで
お水を一定量あげられるようになっています。
お風呂から眺められる位置のパティオ、個人的にすごく好きです。
いつか取り入れてみたいなぁ。。

最後に屋内、洗面部分。

床材と、一部壁にもチークタイルを使っており、
白とのコントラストが映えてホテルライクな空間になっています。

さりげなく置いたバスケットは、ヨーロッパで買い付けてきたもので、
収納の用途はもちろん、インテリアのアクセントにもなります。
ちょっとしたインテリア用品の取り入れ方で、
お部屋全体のグレードが一気に上がるので不思議です。

さてさて、瀬田展示場1F〜3Fまで、ざっくりとですが
一通りご紹介させていただきました。
ぜひ実物をご体感いただきたいと思います♪
皆様のお越しを心よりお待ちしております。

〜お心遣いに感謝です〜

お客様より、美味しい差し入れをいただきました。
ジーゲスクランツのお菓子です♪
詰め合わせでたくさんいただいたのに、
毎度ながら一瞬でなくなってしまいました。。(笑)
K様、素敵なお心遣いありがとうございました。