枕木(まくらぎ)

こんにちは。
ウィズ・ワン港北展示場の岩城です。

みなさん、枕木って聞いたことありますか?
“枕木(まくらぎ)”とは、電車の線路に並べられた木材のこと。
レールの下にはしごのように一定の間隔で並べられていますよね。

古くなって交換され不要になったものが、新たにガーデニング用品などとして
重宝されているのです。
雨ざらしに耐えられるようにきちんと薬剤処理がされているし、
屋外での使用にはもってこい♪
たとえばアプローチに敷き詰めてみたり、
ランダムに並べて塀にしてみたりと取り入れ方は様々。
本来の役目を終えた枕木は、
その独特のアンティークな雰囲気が良い味を醸し出すんです。

ウィズワンではその枕木を瀬田展示場で使用していますよ♪
まずはこちら。
室内からFIXの窓を間にはさみ玉砂利と共に中庭へと並べています。
室内から屋外へとひと続きに並べることによって、
空間に奥行きが出て広く感じられるメリットも♪
アンティークな雰囲気がフレンチオークの床とも相性抜群。

もう一ヶ所は大胆にもキッチンに。
こちらも中庭のものと同じ種類のもの。
ちなみに材質は栗です。
栗の木は昔から家屋の土台にも使用されるほど
耐水性、耐久性に優れた材ということなので、
キッチンなど水廻りで使用しても全く問題ないのです。

あえてランダムに不揃いに貼ることで風合いが増し、
シンプルなキッチンもこんなにオリジナリティ溢れる空間に。
洗練された都会的な雰囲気に枕木のアンティーク感が
なんとも絶妙にマッチ♪
これだから造作のキッチンは良いものですよね。

以下は番外編。
枕木のような雰囲気をアレンジして創り出している実例をご紹介。
こちらは、ウリン
アプローチの通路に沿って等間隔で打ち込まれた木製杭。
オープンな外構に適度な目隠し効果とアクセント。
芝生、シンボルツリー、そして木質の杭、
すべてがナチュラルな雰囲気で統一性されていて、
おしゃれなアプローチに仕上がっています。

続くこちら。
設計士によりデザインされた塀の一部分に組み込まれているのは
ヒノキの集成材。弊社オリジナルのドット・ワンです。
ガラスブロックもポイント使いされていて可愛らしい雰囲気♪
漆喰、ガラス、木と使用されている材料は全て自然素材。
ウィズ・ワンらしさが溢れた玄関周りです。

近年では木製の枕木自体が減少しているため、
年々入手は困難な状況に・・
でもそんな中、輸入枕木やしっかりと風合いを残した枕木風の木材なども出てきています。
DIYで手軽に楽しむこともできる“枕木”。
ガーデニングから取り入れてみても楽しそうだなぁ。