グラバー園

はじめまして。

今回からブログに参加させて頂きます各和(かくわ)と申します。

ブログ初心者ですので、何かと不慣れな点があるかと思いますがどうぞ宜しくお願い致します。

梅雨の合間の日差しのありがたみを感じる今日この頃ですが、皆様いかがお過ごしでしょうか。

今回は、先日研修旅行で訪問した長崎グラバー園内にある『旧グラバー邸』についてご紹介させて頂こうと思います。

貿易商人の一人、英国スコットランド出身のトーマス・ブレーク・グラバーの住居で、数ある洋風建築の中でも独特のバンガロー風様式を持つ、現存する日本最古の洋風建築です。

外観は当時でも珍しいクローバーの様な形をしていて、玄関がなくてベランダから出入りするつくりになっています。

室内も当時の様子がそのまま残されていて、昔にタイムスリップしてしまったみたいでした。

そして、こちらのグラバー園にはハートストーンの伝説というのがあるのです。

グラバー園内にあるハート型の敷石。

これに触れると恋が叶うとか、2つ見つけると良いことがあるといわれています。

私も時間を忘れて園内を探し回りましたよ♪

そしてたくさん触ってきました(笑)

皆様も、長崎グラバー園に行かれた際は探してみてはいかがでしょうか。

キッズルーム

先日(といっても、実は結構時間がたってしまいました)、
点検でお伺いさせていただきましたS様邸をご紹介します。
ハンドルもこだわってお選びいただいた白いドアを開けると、
かわいいキッズルームになっていました。

ご入居されて初めてお伺いさせていただいたので、
実際にどんな空間にかわったのかとても楽しみにしていたのですが、
開けた途端、にっこり笑顔になってしまいました。

アクセントクロスと、
お部屋の角よりに配線の用意をしたところについたシャンデリア、
そしてかわいい家具とおもちゃたち。
かわいいです。
憧れのかわいい子供部屋になっていてお施主さんのセンスを感じました。

ほかの空間もお写真撮らせていただいたので、
またご紹介させていただきます。