フジエテキスタイルのカーテン【2】
こんにちは。
ウィズ・ワン菊名展示場の小川名です。

昨日は春一番が吹きましたね!
暖かい南風が心地よく、春♪な気分ですが、
花粉症の私にとってはちょっと辛い時期でもあります(泣)

さて前回に引続き、
今回もフジエテキスタイルさんのカーテンを紹介。





こちらはホームファニシングのスタイリング。
ベッドカバーやクッションなども
カーテンと同じ生地で作ることができます。

ブラックに光沢感をプラスしてゴージャスでシックな印象。
私もこんなベッドリネンの似合うゴージャスな女性になりたいものです…。




変わってキッズ部屋のスタイリング。
斜めに入ったグレーが何とも大胆な柄!

と思いきや…
実はイエローの生地と裏で縫い合わせているんです。
この縫製もとても技術がいるのだとか。

写真のように両開きのカーテンなら左右入れ違えても使えますよ。





ボーダーのカーテンです。
こちらもまた青と白の生地を裏で縫い合わせています。

マリンな感じがとってもかわいい♪
上部にはロープも付いてます。

下のクッションもよく見ると、4つ角に小さなリング穴があるんです。
クッション同士をロープでつなげれば、
アイデア次第で飛び石やイカダのようにできてしまうんですって!

船や乗り物が好きな男の子のお部屋にいかがですか??





キッズのお部屋で使われていたカーテン生地のカラーバリエーション☆
こんなにあると迷ってしまいます!

素材はコットンを起毛加工させたもので肌触りもしなやか〜です。


前回岩城さんが紹介していたBOSALの白いソファに
鮮やかの色のクッションをアクセントに置いたら
素敵だなぁと思いました。










| インテリア | 11:54 | - | -
BOSAL(ボーザル)のソファ
こんにちは。
ウィズ・ワン港北展示場の岩城です。

今日、2月23日は、富士山の日。
「ふ(2)じ(2)さん(3)」の語呂合せと、
ちょうどこの時期は富士山がよく望めることから、
制定されたようです♪

確かにこの時期は空気が澄んでいて、
気持ちの良いもの。
でもやっぱりまだまだ外は寒い・・・
お家でゆったり寛ぐ時間に欠かせないのがソファ。



こちらは、BOSALのカウチソファ。
なんでも、イタリアのフィレンツェに自社工場を持ち、
全ての工程をその工場内で行うという職人気質のブランド。
扱うのはソファのみという徹底ぶり。
日本ではあまりお目にかかれない代物のようです☆

フレームには木枠が使われるのが一般的ですが、
BOSALはスチール製。
とにかく頑丈で適度な硬さを長ーく保つことができるんです。
やはり、長時間ごろーんとすることを考えると、
へたってしまうのは考えもの。
重みを支える部分にも柔軟性のあるスチール製のネットバネを使用しているため、
座り心地は抜群♪何とも言えない弾力です!

張り地は全てが取り外し可能なので、
お洗濯はもちろんのこと、
季節や気分に合わせて変えられるのも魅力の一つ。
ファブリックはこんなにたくさんのバリエーション♪
目移りしそうです・・



リビングになくてはならないソファ。
価格も高価なものが多いので、
じっくりと選びたいものですね。



間もなく寒い季節ともさよなら・・・
でも、冬のこんな透き通った夜空を見られなくなるのは
ちょっと寂しい気もしますね。。








| インテリア | 10:54 | - | -
フランス大使館
こんにちは。
ウィズ・ワン駒沢展示場の西澤です。


この間の休日、
もうじき取り壊されてしまうフランス大使館旧庁舎の
一般公開最終日だったので、見に行ってきました♪



1950年代に建築された大使館。
フランスの新凱旋門なども手掛けた建築家ジョセフ・ベルモンが
24歳に設計した建物で、当時は斬新さが話題だったそう。

“取り壊される”ということで破壊をテーマに
アートイベントが開催されていて思った以上に大混雑。

建物自体は学校の校舎のようなつくりになっていて、
各部屋がアーティストのブースのように使われていました。
壁一面にペイントされていたり、オブジェが
展示されていたり、デザインや表現も様々で見ごたえがありました。

プラグもフランス風





わたしは単純に“大使館の内観を見れる機会は少ないから”
と思い、アートというより建物自体が気になって
ぐるぐる回っていると、螺旋階段を発見。




良く見るとこの壁の黒い出っ張り、
構造材の鉄骨が剥き出しになっていて窓枠の役割も果たしています。
“あ、展示場といっしょだ”



駒沢展示場にも同じようなところがあって、
実は正面のポイントとなる玄関と2Fまでつながっている
FIX窓枠部分が構造材の鉄骨です。
窓のサッシのように見せて、実はそうではない。
こんな方法もあるんですね。
両方を兼ね備え一石二鳥です!


いろんな建物をみるとちょっとした”へぇ〜”があって面白く
使われ方や素材感も勉強になります。
最近は建物全体よりも、細部が気になる今日この頃です。




| 建築 | 15:05 | - | -
フジエテキスタイルのカーテン【1】
こんにちは。
ウィズ・ワン菊名展示場の小川名です。

先日、フジエテキスタイルさんという
カーテンメーカーの展示会に社内スタッフと行ってきました!

今回はオリジナルのものだけでなく、
フジエさんが世界からセレクトしたカーテンを
素敵なスタイリングで展示していました☆

注目されていた素材は、綿・麻などの天然素材。





こちらは、ナチュラルな雰囲気。
ベージュやホワイトなどのニュートラルカラーをベースに
濃い色のアクセントカラーを効かせたスタイリングです。

カーテンを通す装飾ポールをブラックにして、
ハトメの部分をゴールドにする事で、
シックな印象になります。

わたしが気になったのは後ろの麻のレースカーテン。
触るととってもしなやかです。
トップトリートメントもギャザーとフリルがかわいらしいんです♪





さらにレースカーテンにはこんなサテン地のトリムまでついてます!
麻と光沢のあるサテン。異素材の組合せも流行なのだそう。


 


こちらもナチュラルなスタイリング。
リング部分にロープ状のヒモでカーテンを止めてます。
こんなアイデアもあるんですねー!







変わって、柄と無地とのコーディネート。
上の写真はきれいなストライプ×グレイ。

下の写真は大きな花柄×イエロー。
両方とも柄の一部の色を無地に使い、組合わせています。

このようにすることで、柄物も落ち着いた安定感がでるんだそう。
大人っぽい印象にもなりますね。


フジエテキスタイルさんのスタイリングは、
細部までとてもこだわりがあります。

もはやカーテンではなくお洋服感覚?!
女性ならきっとこんなお部屋に住みたい!と思ってしまうはず。


まだまだお見せしたいものがたくさんっ。
また次回にでも。



〜お心遣いに感謝です〜


いつも手作りのハムやドーナツを差入れてくださるお客様。

わーいドーナツだー!
スタッフで美味しく頂きました。ありがとうございました!





おいしいっ。 
あぁ、幸せ。(なんだかいつも頂き物を食べてばっかりです。笑)












| インテリア | 10:51 | - | -
趣味をお部屋に
こんにちは。
ウィズ・ワン港北展示場の岩城です。

今年は本当に雪が多いですね。
こうも毎日すぐれない天気が続くと、
気持ちもふさがってしまいがち・・

皆さんはそんな時、どのように過ごしていますか?
車を飛ばしてあてもなくドライブ?
お家でまったりハーブティー?

過ごし方は色々あると思いますが、
好きなことに没頭する時間って大切ですよね。

ちなみに私は大好きな音楽とお香をお供に、
ひたすらネイルに打ち込みます!
何も考えることなく、黙々と過ごせるところがいいんです。
仕上がる頃には気分も晴れていて、すっきり♪


ウィズ・ワンのお客様も素敵な趣味空間を実現されています。
少しだけご紹介♪

例えばこちら。


ご主人専用のDJブース。
ヘッドフォンを耳に、ターンテーブルの前でシャカシャカ♪
これぞ“男の趣味”という感じ☆
カッコいいです!


続いてこちら。



ロフトに続く白い階段を昇っていくと・・・




そこはご主人の趣味の空間。
DVDが棚にぎっしり。
まるで秘密基地のようですね。

以前、ご紹介させて頂いた鎌倉市のT様邸
釣り好きのご主人の趣味を存分に生かした間取りになっています。

何にも縛られない自分だけの時間と空間。
皆さんもお家づくりに取り入れてみてはいかがですか?







| ウィズ・ワンな空間 | 11:35 | - | -
今週末、現場見学会を開催します!!
開催間近となりましたが、
皆様にウィズ・ワン現場見学会のお知らせです。

日時:2月20日(土)10:00〜17:00
   2月21日(日)10:00〜17:00

場所:立川市S邸、川崎市麻生区N邸

■立川市S邸
 〜光と風を感じる家〜
 ●RC+木造の混構造
 ●トップライトで明るいバスルーム
 ●2つのパティオにバルコニー
 ●中世を感じさせるデコラティブな子供部屋

外観もRの屋根といったこだわりが満載です!


■川崎市麻生区N邸
 〜テラスを囲む家〜
 ●リビングから望む絶景
 ●大理石張りのテラス
 ●斜め壁を利用した造作TVボード

南に向かってV字に開ける住宅。テラスで家族みんなでBBQなど
楽しい生活を想像させるお宅です。


見学会は、完全予約制となっております。
詳しくはお気軽に下記までお問い合わせください。

お問い合わせ
駒沢デザインオフィス 03−5752−1250


| 現場見学会 | 15:51 | - | -
無機質仕上材の外壁
こんにちは。
ウィズ・ワン駒沢展示場の西澤です。


雪や雨が降って肌寒い日が続いていますね。
最近あまり天気が良くなかったせいか、
外壁に関するある質問を受けました。

“しっくいって外壁に使ってカビないんですか??”

雑誌にはカビて白がグリーンになると書いてあったとのこと。
グリーン・・・? 
思わずギョっとするような質問。



以前紹介したように、駒沢展示場の内壁は全てしっくい。
外壁は漆喰のように見えますが、無機質系の材料なので
厳密には漆喰ではなく、高透湿性無機質仕上材の壁なんです。


高透湿性というのは、壁自体がスゥーハァーと
呼吸をするこいうこと。
雨などを吸いにくい性質ではあるけど、吸っても水を吐き出します。
内部の湿気も吐き出すから、水を溜めこまない。
だからカビることもないという原理です。

そして、
“無機質”というところもポイントで、
仮にこれが有機材の化合物が入るとカビやすくなるそうです。




良くできてるんだな〜
と改めて外壁を眺めてしまいました。


もちろん防火性にも優れているから安全で、調湿性も高いので
内部結露を防ぎ、剥がれなども防ぎます。
塗り方も色々あって、くるくるっとした柔らかな印象や
横引きでササっとしたシャープな印象など
仕上げ方によってイメージも変わります。



外壁は家を守ってくれる材。
頑丈さはもちろん必要だけど、個人的にタイル一面の外観より
左官で仕上げている方がすきだなぁ。。




| 自然素材 | 11:28 | - | -
ウリン
こんにちは。
ウィズ・ワン菊名展示場の小川名です。

今日はとっても寒く、朝から雪がちらついていましたね。
吐く息も白く‘冬’って感じです。


さて みなさんはウリンという木材を知っていますか?
ウリンはここ 菊名展示場のバスルームに使われているんです。

でもバスルームに木材のフロアって、
濡れても大丈夫なんでしょうか…?





実は、ウリンは水に強く、硬くて木材の中でも比重が重い
という特徴があります。

なので、港湾施設や外のデッキ材として
使用されることが多いのです。

↑写真のように、こんな感じとか





↑こんな風に 洗面回りにも…

以前『お宅訪問』で紹介したT様邸にも
ウリンのフロアが使われていましたよ!

ちなみに、利き木の達人?!小川名の、香りの判定によると
なんとなくお香のような、少ーし酸味がかった匂い です。
でもよーく嗅がないとわかりません。(汗)

調べたところによると、ウリンにはポリフェノールが
含まれているんだそう。
それも影響があるのかなぁ。


〜バレンタインの贈り物〜

お打合せにいらしたお客様から
KIHACHIのチョコケーキを頂きました!
とっても美味しかったので写真を撮る間もなく
スタッフで即完食っ。





あ、しまった!中身ないじゃん!!

せめてかわいらしい箱だけでも。笑

いつもお心遣いありがとうございます!
完成に向けてスタッフ一同がんばります☆









| 自然素材 | 17:11 | - | -
キッチンの高さ
こんにちは。
ウィズ・ワン港北展示場の岩城です。

料理をしていて日々おもう事。
腰が痛い・・・(泣)
もう少し高さがあればなぁ。
皆さんもそう思われることありませんか?



一般的に調理台の理想とされる高さは
身長×0.5+5cmと言われていますが・・・

私の身長は161cmなので、
理想的な高さは85.5cm。
早速、我が家を計ってみる。
うん、ほぼ足りてる、85cm!

それなのに、なぜ?

でも腰が痛くなるのって、大体がシンクの前。
コンロの前では特に感じないかも。



そうなんです。
キッチンでの“洗う・切る・炒める”の作業は
それぞれ適正な高さが異なるんです。

だからと言ってデコボコ段差があるキッチンなんて
掃除がしにくいし、使いづらいはず。
それは困りますよね・・

ということもあって、キッチンの高さは
作業時間の長さや包丁を使う場所という理由から、
調理スペースの高さに統一するのが一般的のようです。
なるほど。
シンク前での腰痛の原因が判明(泣)

ま、細かく言ってしまえば、
複数の人が料理をする場合や
スリッパを履く場合、まな板の厚みもありますが・・


まずはショールームで体験してみるのがオススメ♪
できれば普段使ってるスリッパとまな板も一緒に(笑)

自分にとって一番理想的な高さを見つけて、
キッチンライフを充実させたいですね♪



〜St.Valentine’s Day♪〜
もうすぐバレンタインですね。
お客様より一足先の贈りもの。
お心遣いありがとうございます。










| いろいろ | 13:52 | - | -
ストリップ階段
こんにちは。
ウィズ・ワン駒沢展示場の西澤です。


先日の小川名さんにつづき・・
駒沢展示場でも日々模型作りに奮闘しております。

模型のボードを触っていると特に冬場は乾燥で手荒れするので、
模型の達人Nさんとわたしにはハンドクリームが必需品。
そんな模型作製の中で
ここ最近の模型パーツの力作がこの階段。



ふたりで“小さい〜っ”と思わず三角スケールで図ってしまいました。
約2cm!


この模型の階段、実際は・・・


こんな感じのきれいなストリップ階段になります。
階段にも色々な形がありますが、“ストリップ階段”とは
蹴込板が無く、骨組みがむき出しになった階段のこと。

といっても ・・・? と想像がつきにくい。。
よくみるスケスケな階段です。





ストリップ階段にする最大のメリットは、
上階からの光を遮ることなく取り入れられるところ。
よく吹き抜け部分に設置されます。
蹴込板が無いことによって光も風も通し、見た目も
とても軽やかなので、例えばリビングなどにも圧迫感なく取り入れられます。




わたしはこのスケスケ感と上り下りするときのドキドキ感が好き。
子供が隙間から落ちてしまうのではないかとか
何となくスカートでの上り下りに抵抗があったりするけど、
意外と大丈夫なものです。

横から見たときのささらの形も色々あり、使う材も
スチールや木など種類によってイメージが変わるので
自分がオウチを建てるときはこだわりたい部分です。





| 建築用語 | 11:53 | - | -
ガラスブロック
こんにちは。
菊名展示場の小川名です。

先日 友人の新居におじゃました際、
玄関脇の壁にこのようなものが…。





ガラスブロックです。

ガラスブロックとは中が空洞になったBOX型ガラスのようなもの。
断熱性や遮音性、耐火性にも優れています。
また、外からの視線を遮りながらも光を通してくれるんですよ。




こちらはウィズ・ワンのお客様の実例です。

トイレ・洗面に。





大きな開口にも。


形状もウェーブがかったものや
不透明なフロスト状のものなど様々。
デザイン的な要素も兼ね備えてます!





以前 岩城さんが書いていた
グレーチングのような使い方にも似てますね。










| いろいろ | 10:48 | - | -
ハイドロカルチャー
こんにちは。
ウィズ・ワン港北展示場の岩城です。

今日は朝起きたら窓の外一面真っ白♪
いつもと違う景色に少しだけわくわくしました。
でも実際は通勤途中、何度も転びそうに・・・(泣)
皆さんは大丈夫でしたか?

さて。以前、菊名展示場の小川名さんも取り上げていた
ハイドロカルチャー
港北展示場の観葉植物たちも
土の代わりにこちらを取り入れています。



ちょうど明日行われる豆まきの豆のような
ハイドロボール。
無機質の粒状石材で、植物にとって適度な水分と空気を保持し、
根に理想的な環境を作るそうです。

なので、本来だったら
育てやすいはずなんです。
しかも、水位計によって確実な水管理も可能だし・・
でもなぜかこんな寂しい状況に。。
葉がまばらです。



ちゃんとお水はあげていたのに(泣)
私の育て方・・?
これは診てもらわなくては!
ということで、植物屋さんにご相談。
診察をしに来て頂きました。


さて原因は・・・
お水のあげ方に問題があったようです。。

植:「お水は水位計のopt(最適水位)のところまで注ぐんです。」



私:「はいっ。そうしていたんですけど・・・」

植:「水がきちんと抜けてからあげてましたか?」

私:「・・・?水が抜ける?」


水やりのタイミングは水位計の水が完全に下がりきってから
2〜3日後が良いのだそう。
水が入っているのに足し水をしてしまうと
根腐れの原因になってしまうようです。

お腹が空かないのにお水を注がれ続けていた
港北展示場の観葉植物たち。
ごめんなさい・・
植物屋さん、ありがとうございました!

テクノストレスを緩和してくれるということもあり、
オフィス環境にもグリーンはとっても良いみたいです♪

正しい知識を身につけて、
上手に取り入れていきたいですね。



〜番外編〜

WさんへのプレゼントはApricaの抱っこひも!



とっても喜んでくれました☆



Wさん:「これは奥さんよりも僕用だな、きっと」

男女兼用にして大正解!
素敵なパパです♪







| 展示場 | 11:58 | - | -
ワイヤレスな環境
こんにちは。
ウィズ・ワン駒沢展示場の西澤です。


今日から2月。受験シーズン到来ですね、
今年は雪が降るのでしょうか・・
寒いと家に引きこもりがちなわたしが最近オウチで
虜になっているのがワイヤレスなPC。
つくづく快適って思います。

みなさまオウチのパソコンの配線はどうされていますか?
インターネットは無線LANの方も多いはず。。

我が家もインターネットに関してはそうでしたが、
今回、ついについに完全ワイヤレスな環境に整ったのです。



“あぁ・・この線邪魔だわ”といつも思っていたパソコンの配線。

ガラスの大きなテーブルにパソコンを置いているがゆえ
余計にずっっと気になっていて・・
キーボードから出る線もマウスの線も、種類や太さも違うし
見た目がキレイじゃないのがとても嫌だった。
そこで、全部ワイヤレスにしようっと思って理想的な環境を
整えてみました♪


ワイヤレスになると部屋のどこにいてもインターネットに接続ができるし、
パソコンの置き場所を吟味しなくて済むところが最大の魅力。
配線を気にして壁に向かってパソコンを置く、
ありきたりな配置からも一新できます。


そして画期的なワイヤレスアイテムがこれ↓


このTimeCapsule(タイムカプセル)は
ワイヤレスモデム+ハードディスクの機能を併せ持っていて、
インターネットを介してどこからでもデータにアクセスができる優れモノで
機能もデザインも最高のワイヤレスですっ

もうこれで線に絡まることなく作業ができ、見た目もスッキリ収まる。
キーボードもマウスもパソコンからかなり離れたところに
おいていても操作が可能だし、便利です。

ちなみに家電のコードも嫌いなわたしはケーブルボックスなどを
駆使して隠しております。
コードが目立たなければ部屋はもっと綺麗にみえるし、使い勝手も
快適なのでオススメです♪





| いろいろ | 11:04 | - | -
CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28      
<< February 2010 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE