お宅訪問〜用賀にお住まいSさま邸〜【2】
こんにちは。
ウィズ・ワン駒沢展示場の西澤です。

お宅訪問Sさま邸第2回目。
今回からSさまのお宅の中をご紹介していきます!


さっそくお邪魔すると、
ん・・?なんか落ち着くなぁ。。

目の前に広がるSさま宅のリビングを良く見ると
駒沢展示場と同じ壁とニッチ!
ウォールナットのフローリングもニッチのタイルもいっしょで
なんだかとても嬉しい気分に・・♪

そして奥に広がる、キッチンの壁。



ブリックタイルでヨーロピアンなイメージを印象付けます。

壁の裏側には家事スペースがあり、洗濯しながらお料理をしたり
導線的にもとても使いやすそう。




キッチン側に回ってみて気付いたこと。



キッチンが一段下がっている。。


なんでだろう〜?



設計B氏に聞いてみると、キッチンカウンターの隣に置く
ダイニングテーブルとの高さを合わせるためだそう。



面合わせをすると遠くからみても綺麗で、
部屋もスッキリ広々見える効果があります。

キッチンカウンターはどうしてもテーブルより15cmくらい高くなるのが
普通なので、そのくらい予め下げてあげれば揃うわけです。
確かに、段差がない方が気分もいいですよね!



そしてまた、気付いてしまいました。




天井に埋め込まれたBOSEのスピーカー!
わたしの憧れですっ


さっそくみんで音楽を聴いてみることに。

♪♪〜♪

でもあんまり音量上げちゃうと近所迷惑になるよね・・?

ということで、防音効果がある断熱材セルロースファイバー
効果を確かめようと部屋を閉め切って、音量を大きくして
Sさまたちとベランダへ出てみることに・・

奥さま: “ぜんぜん音きこえなーいっ”


本当にこんな音量で聞いてるとは思えないくらいの
防音効果でびっくりしました。

戸建は左右に音が抜けるので、ご近所に配慮することが必要ですが
これなら安心して音楽も楽しめそうです!




〜ありがとうございます〜

先日引渡が完了したお客様から届いたブドウ。


立派なぶどうが全部で5種類♪
ルーベル・マスカット、黄菓、伊豆錦、紅信、アウローラ21

こんなにぶどうに名前があったとは。。
マスカット色のアウローラ21は種なしで皮ごと食べられるって
ことでみんなこっそりつまみ食いです。おいしすぎるっ

ありがとうございます♪ごちそうさまでした!!



| お宅訪問 | 19:01 | - | -
地窓
こんにちは。
ウィズ・ワン港北展示場の岩城です。

実家に帰ると一番落ち着くのはやっぱり和室。
日本人だなぁと感じる瞬間。
そんな和室で良く見かけるのが地窓。
床面に接して設けられる窓のこと。



通気窓として利用されることが多く、
部屋の対角線方向の窓と組み合わせることで、
効率的な自然換気が可能になります。
そして、もっとも効率的な窓の組み合わせがこちら。


和室に設置された地窓。



その対角線方向にあるダイニングに高窓。


同じ高さの窓が2つの場合よりも、
このように、高窓と地窓の組み合わせの方が
高低差が生まれることによって室内全体に風が流れ、
より快適に感じられます。


もちろん和室だけではなく、地窓は様々な場所に取り入れることができます。
こちらは玄関収納の下に。
床面にピッタリと窓が接していることで、
影を作ることなく、床面にまで光が広がってとっても明るい。
視線が抜け、広く感じられますね。



やっと日毎に風が涼しくなり、
窓を開放しても気持ち良く過ごせるようになってきました。
夏の間フル活用だったエアコンのスイッチを切って、
少し身体を休めたいものですね・・



〜お心遣いに感謝です♪〜
打合せにはまだ生まれたばかりのぷにゅぷにゅ赤ちゃんと一緒♪
いつもオシャレなお客様よりこんな素敵な頂きもの。

叶匠壽庵(かのうしょうじゅあん)のくりきんとん☆




栗の風味がとーっても濃厚!!
スタッフ一同声をそろえて、
「秋だね〜」
ほっくりまったり頂きました♪
お心遣いありがとうございます!





| ウィズ・ワンな空間 | 19:45 | - | -
お宅訪問〜用賀にお住まいSさま邸〜【1】
こんにちは。
ウィズ・ワン駒沢展示場の西澤です。

3連休の最終日。
きのう・おとといと現場見学会のご協力をいただいたSさまのお宅が
本日お引渡となりました♪
Sさまにはたくさんご協力をいただき、本当にありがとうございますっ!!

今回わたしはお引渡の前に必ず行われる“内覧会”に
お邪魔させていただきました♪



内覧会ではお引渡までに一度部屋の中を見ていただき、
現場監督や設計士たちと仕様などを最終確認する大切な日。


Sさまのご家族は、小学校2年生のかわいい娘Hちゃんとご夫婦の3人家族。
以前はロンドンにお住まいだったそうで、初めて展示場にご来場されたとき
Hちゃんが映画を字幕なしで見ていたのがわたしの中では印象的。

そんなご家族なので、お宅の仕様もどことなくヨーロッパが感じられる
箇所があって 新鮮であり、とても素敵なんです!



さっそく・・・
第一の玄関。



重厚な雰囲気のとびらを開けると、
中にはパティオが広がります。




床は天然の石。
上を見上げると都会とは思えない清々しい青空が見え
気持ちいい〜!と言わずにはいられない空間。

家づくりでご主人が一番こだわった場所です。




こちらの玄関ドア、駒沢展示場の玄関ドアと同じように
中はスチールで高さが3メートルもあるからとても重いっ

着工中にHちゃんが駒沢展示場に来た際
“うちの玄関ここより重いかもっっ” 
と全身で展示場の玄関ドアを開けていた姿を思い出しました。


きっとここもそうして開けているんだろうな。


職人さん手作りのロートアイアンの取っ手は、子供から大人まで
握りやすい長めのデザインとなっています。


そして・・・
第二の玄関。



クリアガラスの扉。
こちらが家へ入るための玄関です!

先程の玄関ドアも電子錠がかかるので防犯面も安心して
窓もドアも開けて空気の入れ替えができますね。

まだエアコンがついていなかったものの、風通しが良くて
とても気持ち良かったです。


次回からはお部屋のお気に入りポイントをご紹介します♪





| お宅訪問 | 15:22 | - | -
お宅訪問〜鎌倉市T様邸〜【3】
こんにちは。
ウィズ・ワン港北展示場の岩城です。

今日でT様邸レポートも最終回。
とにかく一体感を大切にしたかったという奥様。
玄関ホールから吹抜けた先に続くリビングは、
誰が帰ってきても、どこにいても存在を感じられます。


ほわーっと白い空間は2Fまで続いていて、
フローリングも優しい色合い。
ヨーロピアンオークのさらっとした質感がとっても気持ち良いんです。
ヴィンテージ感を作り出すため、
幅も広めなものをセレクトしたというこだわり。




キッチンは憧れのアイランドキッチン♪
閉鎖的なキッチンとは異なり、料理を作り、片付けるという一連の作業を
家族がくつろぐ空間で行なうことができるなんて・・
まさにテーマとなる一体感を叶えられるスペースとなっています。
もうすぐ3歳を迎えるお子様が、
楽しくお手伝いをしている姿が浮かんできます。




そしてさらにはキッチンの奥にトップライト
どうしても暗くなりがちな北側に明るさと開放感をプラス♪
やっぱりトップライト効果ってすごい!




リビングスペースには選び抜かれたシャンデリア。
奥様 :“白い壁に溶け込むようなシャンデリアを探しに探して・・そしてやっと出会えました♪”
お部屋の雰囲気にピッタリ!
たしかに!“溶け込む”という表現に納得です☆




ここで一つ裏話。
実はこれ・・
こんなことになっていたんです(笑)
脚立が見当たらず肩車です。
この後、とても大きな手を持つ現場監督Nさんが
細かなガラスのパーツを一つ一つ手作業で完成させたという渾身の一作!!
無事に明かりが灯って一安心。




打合せがただただ楽しかったという奥様。
奥さま:“建て終わってしまって寂しいくらい。
     もう会えなくなっちゃうんですよね・・”

そんな風に思って頂けるなんて、とってもありがたいお言葉。
どうか心地良く過ごして頂けますように・・
T様、ご協力本当にありがとうございました。
今後も末永いお付き合いをお願いします。










| お宅訪問 | 16:31 | - | -
耐熱強化ガラス
こんにちは。
ウィズ・ワン駒沢展示場の西澤です。

先日現場に行ったときに目にしたもの。


ワイヤー入りの網入りガラス。
ひし形にあみあみされた黒い線、
みなさまも見たことがあるかと思います。

なんでわざわざこの窓にしなくちゃいけないんだろう・・?
って思ったこと ありませんか?

割れにくそう=防犯強化なイメージがあるけど、
あみあみが無い方が絶対景色はきれいに見えるのに・・・。



実は消防法によって防火地域と準防火地域に定められているところの
窓はこの網入りガラスにしなければいけないそうで、
駒沢展示場も準防火地域なので網入りガラスの箇所があります。


そもそも網入りガラスは火災の時に飛散防止になるほか、
ガラスが粉々に割れるようになっているので
二次災害を防ぐ効果もある心強い味方。


それをわかっていても、
どうしても網が入っていないガラスにしたいわという場合
この網入りガラスを代用できるガラスもあるんです。


こちらのお宅も準防火地域。


でもガラスはクリア♪

これが“耐熱強化ガラス”といって、割れにくく、
車の窓ガラスにも使われているものです。

網入りガラスよりお値段は張るものの、
こうしたポイントになる窓だけでも耐熱強化ガラスを使用する
ことでクリアに開放感が出せます。

これならシンボルツリーもいっそうかっこよく見えること
間違いなしです♪







| 建築用語 | 16:39 | - | -
現場見学会のお知らせ
次週、ウィズ・ワン完成現場見学会開催決定!!

日時 : 2010年9月18日(土) 10:00〜17:00
     2010年9月19日(日) 10:00〜17:00

会場 : 世田谷区用賀 S邸

■難しい立地条件のお土地の中に、
 ぎゅっと詰まった自然素材と工夫を凝らした空間。
 おもちゃ箱のような見どころ満載なお家です。

詳細はこちら

見学会は、完全予約制となっております。
どうぞ最寄りの展示場へお気軽にお問合せ下さい。


お問合せ先
港北デザインオフィス 045-910-0970
駒沢デザインオフィス 03-5752-1250






| 現場見学会 | 15:06 | - | -
お宅訪問〜鎌倉市T様邸〜【2】
こんにちは。
ウィズ・ワン港北展示場の岩城です。

本日はいよいよT様邸の室内をご紹介します。
外壁の焼杉と同系色の玄関ドアを開けると・・
ほわーっと白い空間。そして日の光。

奥さま:“最初のイメージはパリのアパルトマン風。そこから家づくりが始まったんです。
      ほっこり温かなイメージを大切にしたいなと思って。”

その言葉通り、男性的で力強い外観とは対照的に
室内は白を基調としていてとにかく明るい!
漆喰や無垢材などニュアンスのある白を上手に取り入れています。
玄関ホール頭上は吹き抜け。
大きな窓から日の光も注ぐので、さらに明るいんです。





特にこだわりポイントはココ♪
無垢のパイン材を白く塗装。
ひと手間加えることによって、他にはないオリジナルの質感を出しています。
ほんわか優しい雰囲気に仕上がっていますね。
実はこちらもご主人のこだわりなんです。





そんな白い空間の中、ひときわ目を引くこちら。
玄関ホールにあるニッチの壁。
こちらは駒沢展示場を訪れた方なら気づいて頂けるはず♪
職人技が光るナラ材の壁。
白の中で際立つアクセントになっています!





頭上が吹き抜けた玄関ホール。
その吹き抜けた先へつながるのは家族が集まるリビングダイニング。
最終回の次回はそのこだわり空間をたっぷりご紹介します!








| お宅訪問 | 11:02 | - | -
合掌造り
こんにちは。
ウィズ・ワン駒沢展示場の西澤です。

9月に入り、夏休みもすっかり終わってしまいましたが、
みなさまどこかに行かれましたか?

わたしは今年は見てみたかった建築を色々と見に行ってきました♪
神戸・大阪・金沢など国内ですが、
その中でも感動したのが、世界遺産にも登録されている白川郷の“合掌造り”



合掌造りとは、合掌した手の形のように急勾配の屋根を持つ
江戸時代からある伝統的な住宅建築様式のこと。
屋根に使われている茅は縄文時代から住宅の屋根として用いられていたとか。


そんな伝統ある白川郷の街並みは、昔話の世界に来たかのようで
いつもウィズ・ワンで見ているオウチとはまるで違います。



そして、外は東京と同じくらい暑いのに合掌造りの家の中はとても涼しい。
『・・どこかにエアコンがあるに違いない。』
と室外機をうろうろ探してしまった程です。


不思議だな〜。。
と思って見ているとちょうど合掌造りのお宅に住んでいる方と
お話しができたので、いろいろ聞いてみました。



合掌造りの住宅が涼しいのは
壁がほとんどなく、風通しがとても良いからだそう。
屋根は全面茅葺で植物だし、壁も一部そうだったり、本当にエコロジーです!


昔は中で囲炉裏に火を灯し、その煙で茅が自然と燻され
虫もつかなくなるし、耐久性もさらに増す
という相乗効果が得られるため、茅葺の敷き替えは
20年に1度する程度で快適な暮らしが送れるそうなのです。



そして雨や雪が降ったときに茅葺の隙間から入るのを防ぐため
手を合わせた形に見えるほどの急勾配になったという、
とても理にかなった造り。


ちょうど茅葺の敷き替えをしているお宅も見ることができました。

“日向より日蔭の方が早く傷んじゃうんだよね。”
そう言って地元の職人さんが茅を束ねて、
丁寧にメンテナンスをしているのでした。





〜♪Happy Wedding♪〜
実はこの度、ブログメンバーの小川名さんがご結婚されました!!

そしてウィズ・ワンを卒業することに☆
先日岩城さんたちとみんなで結婚おめでとう会をして、
無事に送り出したのです。



ほのぼのキャラの小川名さんがいなくなったのはさびしいですが、
小川名さん、幸せになってね!☆






| 建築 | 15:57 | - | -
お宅訪問〜鎌倉市T様邸〜【1】
こんにちは。
ウィズ・ワン港北展示場の岩城です。

今日はお宅訪問シリーズ♪
お引き渡しという大切な日にお邪魔させて頂きました。
鎌倉に建てられたT様邸。

奥様が幼少時代に良く遊びに来ていたという思い出の地、鎌倉。
自然豊かなこの地で家族3人のびやかに暮らす
温かなマイホームをご紹介します♪


緑いっぱいの閑静な小道をてくてく・・
やっぱり鎌倉。風情があります。



周辺に建つ住宅も自然と調和するような建物ばかり。
白やグレーの外壁や、天然の木をふんだんに取り入れたものなど、
鎌倉という土地に溶け込んでいます。



そして、いよいよT様邸に到着。



黒の外壁にご主人がこだわり選び抜いた焼杉!
もともと濃い色の外壁をご希望されていたというご主人。
そこに、焼杉をプラス☆
堂々たる外観に圧巻です!!
白壁に木の組み合わせもアクセントになって良いけど、
この組み合わせ、大人っぽくて個人的に好き。



焼杉は昔から日本家屋の外壁材として珍重されてきた伝統的なもの。
伝統という言葉が鎌倉の地ともリンクして素敵♪
近づいて見ると、木目や節が浮き出ていて、
さらに色の濃淡が立体感を生み出しています。
思わず触りたくなるほど♪


ルーフバルコニーからはたくさんの緑。
鎌倉っていいなぁ・・




次回は、室内をレポートします!
外観とは対照的な柔らかくて優しい雰囲気が見どころ。
お楽しみに♪



〜お心遣いに感謝ですっ〜
旅行のお土産などいつも色々と届けて下さるお客様より、
秋の味覚を頂きました!
ごろっと大振りな豊水♪早速、みんなで頂きました。
シャリシャリ瑞々しくて美味しかった〜
いつもありがとうございます!









| お宅訪問 | 13:22 | - | -
CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< September 2010 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE