お宅訪問〜都会のログハウスCさま邸〜【1】
こんにちは。
ウィズ・ワン駒沢展示場の西澤です。

最近お宅訪問させていただける機会が増えて
レポートが続いていますが、
今回も素敵なお宅にお伺いできたので
ご紹介させていただきますっ

家づくりってほんと様々で、面白い♪


今回訪問させていただいたCさま宅は、
ログハウスを目指した自然素材に囲まれた家です♪



もともとロハス志向の奥さま。

無垢もしっくいも大好きで、以前お住まいお宅も
DIYで壁に焼杉の板を貼ったりしっくいを塗ったり
されていたそうで、その快適さから新しく建てる家には
絶対に無垢材としっくいを取り入れたかったそう。


奥さま:“都心でも自然で明るい家が良かったの!!”

ちょうど天気も良く、日差しがきれいに差し込んだダイニングルームは
とても明るく気持ちいい〜 



その吹き抜けの壁には、床から天井までびっしりと無垢の杉板が貼られていて、
見た目も空気も森林浴してるみたいに清々しかったです。



今回驚いたのは、階段の天板まで無垢の杉板だったこと。
断面がダイニング側からずらーっと見えるので、
とてもきれいで見ごたえがあります。



そしてこの杉板すごいところは、
板目が“すべり止め”のような役割をはたしているところ。

自然なオイル仕上げならではの手触りも心地よくて
ずっとなでなでしたくなります。


もちろんCさま宅は水まわり以外の床は全てこの杉無垢!

お部屋によっては壁にも天井にも使われていて、
ここの空気を吸ってるだけでなんだか健康になれそうな
気がしてきます〜

ロハスな考えも素敵だなぁ。




〜ありがとうございます!〜
S部長がお客様から頂いたティーセット。
いろんなフレーバーが入って見た目も可愛いうえ、美味しいっ



もうすぐクリスマスだ〜☆っと思って
展示場にも光ファイバーツリー&リースを飾ってみました♪

夜は一段と雰囲気が出てきれいです☆










| お宅訪問 | 18:53 | - | -
お宅訪問〜横浜市港北区Y様邸〜【3】
こんにちは。
ウィズ・ワン港北展示場の岩城です。

今回は、Y様邸第2のテーマでもある収納について
ご紹介していきます!

Y様邸にはとにかく収納スペースがたくさん!
壁のあらゆる場所へニッチが取り入れられています♪

キッチン&ダイニングの後ろ側には腰辺りまでの本棚。
ここにはお料理本がぎっしり!




そしてリビングも壁一面にニッチ。
港北展示場のように、床から吹き抜けた天井まで収納スペースになっています。
届かない場所もハシゴが設置されているので大丈夫☆




さらに驚いたのがロフトスペース。
その広さはなんと10畳!
左側に見える三本のスリット開口までL時に広がっています。
広いっ!!




当初は収納スペースとしてだけ考えていたロフトも、
この広さを有効活用しない手はありません♪

そこで、こんなアイデア!
ご主人のお仕事スペースが生まれました☆
ロフトなので天井高は140cm。
この適度な密室感と窓からの光で、お仕事もはかどりそう!




イスとなるこの部分もふたが開き、立派な収納スペースに早変わり♪





今のところMちゃんの秘密基地(笑)になっている、子供心もくすぐるこのロフト。
家族みんなにとってうれしいスペースとなりました♪


他にも2F和室の床を高くして、その下に床下収納を作ったり・・
とにかく収納スペースが充実していました!

こだわりのオーダーキッチンに盛りだくさんな収納。
女性にとってはとっても気になるこの二つ。
これだけ充実していたら、快適なこと間違いなしです♪













| お宅訪問 | 13:00 | - | -
お宅訪問〜ウィズ・ワン設計士Tさんのお宅〜【2】
こんにちは。
ウィズ・ワン駒沢展示場の西澤です。

家を建てるとき雰囲気よくするためにも照明には
こだわりたいですよね。

T部長のお宅には間接照明がいろいろ使われていました。

T部長宅のベッドルームに設えられた特徴的な間接照明。

凸形に張りだした天井↓


この裏側には蛍光灯が3灯入っています。

壁や天井に一度反射された光はすごく優しく
ほんわかしててキレイ。

ベッドが置いてあるちょうど足下位置にあるので
寝る前とかこの照明だけにしておいてゆったりした
時間を過ごせそうです。


そしてベッドにはなにやら便利そうなベッドヘッドを発見。


横が棚になっています!
こちらも造作でN監督につくってもらった
お気に入りだそう。

こんなちょっとした設えもいいな〜。

逆サイドにあるWICには奥さまお気に入りの
メイクスペースが設けられていました。

ミラーからのバックライトの工夫がいい〜♪



ミラーもオーダーでつくったそうで、スクエア部分からの
間接照明が顔に均一に光りが当たるよう配慮されています。
メイクの腕も上がりそうだなぁっ♪


そしてリビング横にある和室には、天井奥にウォールウォッシャータイプの
ダウンライトが入っていました。



壁面を照らすと結構部屋って明るくなります。

T部長はどうやら“器具が見えない照明”が好きみたい。
ダウンライトにも全部カバーがかかっていたし
ここの和室の天井照明にもかかってる!

電球が直接見えない照明はとても優しい光。
気分も穏やかになるよなぁ。。

そういえばT部長の性格もベールがかかったように
優しく穏やかです(笑)


赤ちゃんが歩きだした頃
また遊びに行かせていただきたいと思っています♪♪
(T部長そのときはまたお願い致しますっ)




| お宅訪問 | 13:13 | - | -
お宅訪問〜横浜市港北区Y様邸〜【2】
こんにちは。
ウィズ・ワン港北展示場の岩城です。

本日は前回の予告通り、奥様のこだわり溢れるキッチンを
ご紹介していきます。


お料理上手な奥様のこだわりキッチンはもちろんオーダーメイド。
味わい深い黒の天然石を用いたカウンターに、扉面材はオークの突板。
床材(ホワイトオーク)の優しい色みにハードな黒と茶のキッチンが映えます。




しかも!その天然石は継ぎ目なしでシンクまで一体型になっているところもこだわりの一つ。
シンクまで天然石って珍しい。
もちろんきちんと撥水加工を施しているので安心です。




なにやらシンク右上辺りに見えるへこんだ部分。
何だろう・・







なんと、生ごみ入れでした♪
これにはびっくり!!

奥様 “とにかく見える場所にゴミを置きたくなくって・・”

その願いがこんな形で叶いました♪
しっかりと密閉できるフタのおかげで、匂いも閉じ込められて一石二鳥です!



そしてそして!
一際目を引く、このハードでカッコいいデザインのクックトップ!
こちらも奥様のこだわりで、家庭用で最も火力が強いタイプのものをセレクト!
ゴトクをひょいっと外せば、お掃除もラクラクです♪




オール電化も迷ったそうですが、
料理の基本である“火加減を見る”という言葉の通り、
炎を見ながら料理をする方が自然で落ち着くということが決め手となって、ガスを選択。
思わず同感ですっ!



最後に、こんな風にフラップ式で開き、固定が可能な収納扉。
三列ある扉を全て開き固定すればカウンターへと早変わり♪
お子様がお料理をお手伝いする時や、
食器を出し入れする時などとっても便利♪
こういうちょっとしたスペースってあると嬉しいですよね!




本来は下段の収納扉と同様の開き方だった扉を急遽、変更!

奥様 “ふらっと立ち寄ったショールームでこの形のものを見かけて、
     変更してもらったんです!”


こんな風に色々使い勝手良く変えられるのはオーダーならでは。
自分だけのオリジナルキッチン。
やっぱり憧れるなぁ。











| お宅訪問 | 14:34 | - | -
お宅訪問〜ウィズ・ワン設計士Tさんのお宅〜【1】
こんにちは。
ウィズ・ワン駒沢展示場の西澤です。

先日ウィズ・ワンの設計士T部長のお宅に
お邪魔させていただきました♪♪


T部長のお宅は、もちろんウィズ・ワンHouse♪
何種類もの無垢材がいろんな形で取り入れられてます。

中でも、無垢材の素材感を活かすべく設計士ならではの
大工泣かせ(?)ディテールの一部をご紹介。



T部長:“リビング奥の廊下のどこかに秘密の隠れ家が・・”

・・・どこ?





“ここだー” 

床下収納です。
開けてみると結構深くて奥まで続いている。
そして断熱フォームのふた付!

しかしここまで目立たない床下収納は初めて見ました。
普通なら、床にアルミ枠が見えてくるのでパッと見で
どこにあるかがわかってしまいます。

こういう隠れた収納って主婦の味方ですよね♪


そしてアイディアマンのN監督からのプレゼントでもらったという
“いろいろ無垢コースター”



一番上から時計回りにチーク(2枚)、カリン(3枚)、ウォールナット(1枚)。
残った端材を再利用して作ったそう。
なんともエコで素敵なコースターです。

そしてこのコースターが置かれている大きなダイニングテーブルも
フローリングだったチーク無垢材を再利用してつくられていました。

すごく木の温もりに溢れたおうち。
家族も安心して住めること間違いなしですっ


次回は柔らかい光を出す間接照明をご紹介したいと思います♪


〜おめでとうございます♪♪〜

実はT部長のお宅に赤ちゃんが生まれました♪



手はもみじみたいなかたちで、足もちぃっちゃくて本当に可愛い!

無垢と漆喰の優しいお部屋で赤ちゃんもスヤスヤ気持ちよさそ〜
に眠っていました。






| お宅訪問 | 11:23 | - | -
お宅訪問〜横浜市港北区Y様邸〜【1】
こんにちは。
ウィズ・ワン港北展示場の岩城です。

以前、各スタッフの愛称を彫った鉛筆を下さったY様。
遊びに来て下さいねのお言葉に甘え、早速お邪魔させて頂きました♪
お引き渡しから早いもので約1ヶ月。
久しぶりに再会できることを楽しみにいざ現場へ!

真っ白な漆喰の壁にドットワンのルーバーがふんだんに取り入れられた外観。
ナチュラルな雰囲気が自然派志向のY様のイメージにピッタリ。




早速、発見!!
玄関扉横の外壁にはこんなにかわいらしい記念の手形。
こういうのいいなぁ〜

久しぶりに再会できたもうすぐ3歳になるMちゃんも、
この時のことをうれしそうに説明してくれます♪
良い思い出になったこと間違いなしです。




全ての方角にパティオやバルコニーが位置しているので、
どこからでも空を望むことができるのも魅力の一つと奥様。

中でも2Fのダイニングより続くこのバルコニーはMちゃんもお気に入り♪
お友達が遊びに来た時も、
ここはちびっ子ちゃんたちの格好の遊び場だとか。




確かにここなら手すり部分も高さがあって落ちる心配もなし!
ママたちも安心です♪


そして、お料理を趣味として楽しまれる奥様にとって作って正解!!なバルコニーは、
何と言っても2Fキッチン裏パントリーのバルコニー♪
干物やレーズンを自家製で作ってしまうという奥様。

奥様 : 「キッチン裏のバルコニーはお願いして作ってもらって本当に良かった!!」

一時的なゴミ置き場にするにも重宝しそう♪
パントリーには見たこともないスパイスや調味料、食材がぎっしり!
いつかのおいしい〜本格的サンドイッチの理由は
このパントリーがあってこそだったんですね☆


そんなY様の家づくりのテーマは“キッチンと収納”
次回はそんなこだわり溢れるキッチンをご紹介します。








| お宅訪問 | 09:43 | - | -
オーダーキッチン〜続編〜
こんにちは。
ウィズ・ワン駒沢展示場の西澤です。

今日はリビングさんに実際つくって頂いたウィズ・ワンのお客さま宅の
オーダーキッチンをご紹介します♪

オーダーキッチンにする最大のメリットは、自分の好きな仕様にできること。

一見とてもシンプルに見えるUさま宅のキッチンは
キッチンスペシャリストの奥さまがこだわり抜いた
only one☆なキッチンです。



使い勝手はもちろんだけど、“スッキリ・シャープに”が
設計コンセプトだったこちらのキッチンは細かい仕上げに
力が入っています。

例えばステンレスの天板は波打つ円形のような模様の
バイブレーション仕上げ。
出隅(外側の角)と入隅(内側の角)をエッジを効かせて
かっこいい仕上がりにこだわっています。
(一般のキッチンだと角はもっとまるい)



このL型部分が結構大変だったそうで、つなぎ目が出ないよう現場溶接ではなく
リビングさんの所で一体で造って4人掛かりで搬入してくれたそうです。

キッチンや造作家具ならお任せ下さい!!と言っていたリビングのHさん。
本当にすごいです。


そして気になる収納も機能的に確保されてます!


扉の色も“どんな白にするか”で何度もサンプルで比較検討して
この柔らかな白に決定されたそう♪

白っていっても色々あるけど、オーダーじゃないとその色みまでは
選べない部分です。
面積が広いだけに微妙な色みの違いも結構出るので重要ですよね。


個人的にはAEGのIHと電気グリルが隣り同士並んでいるところや
L型部分の壁とステンレス天板とのコントラストがおしゃれですき。
L型カウンターの奥の壁面にミラーを設けて、“空間に広がりを出してみた”
設計Oさんのアイディアもとてもいいなぁと思いました。

わたしならどんなキッチンにするかなぁ。。

なんでもできるとなると・・
つい欲張ってしまいそうです(笑)



〜おまけ〜
Uさま宅の玄関ドアは先日紹介したロートアイアンの取っ手。
ちょうど手で持つ部分はレザーがまきまき。



やっぱり、雰囲気あってかっこいいですっ!












| いろいろ | 11:39 | - | -
オーダーキッチン
こんにちは。
ウィズ・ワン港北展示場の岩城です。

先日、駒沢展示場の西澤さんと
オーダーキッチンの株式会社リビングさんへ♪
キッチンの他にも、水廻りや家具など、
内装のことなら何でもお任せ下さい!
と笑顔で語ってくれたのは代表のHさん。


本社から徒歩1分ほどの場所にある自社工場を少しだけ見学させて頂きました!
工場というと暗くて冷たいところを想像しますが、
床も天井も木で覆われているせいかとっても明るい雰囲気。
室内に広がる木の良い香り〜



職人さんも活気があって、工場内には楽しげなBGMが♪
なんだかイメージと違う・・
今までの工場に対するイメージを完全に払拭!

怖いほど勢いよく刃が回る機械でサクサク切断していきます。
この日は棚を作製しているところでした。



こちらの工場で一通り仕上げまでの作業を行ない、
搬入時にはHさん自らが作業着を着て取り付け作業に行くこともあるそう。



何度もブログで登場している港北展示場のキッチンも、
こちらのリビングさんオリジナルです。



あの時は、ダイニングテーブルの脚を作るのに苦労したんだよなぁ。
と、ぽつり。
一つ一つの作品に込めている愛情を感じた瞬間でした。
やっぱり色々な思いが込められたオーダーメイドっていいなぁ。


お忙しい中、温かく迎えて下さったリビングの皆様、
本当にありがとうございました。







| いろいろ | 15:46 | - | -
工房見学
こんにちは。
ウィズ・ワン駒沢展示場の西澤です。

先日のおやすみに駒沢展示場の手摺りやドアハンドルを作っていくれている
ロートアイアンの工房を見学させていただきました♪

以前も紹介させていただいたロートアイアンたち。

これらを作っている工房ジオパラダイスさんは軽井沢駅から
車で30分くらいの大自然に囲まれた場所にあります。


さっそく中にお邪魔すると、ちょうど職人Tさんが手摺りを制作されている
ところでした。




工房には見たこともない道具だらけ。
奥には窯があって、鉄を削る機械や、叩くハンマー、溶接の機械などなど。



鉄を窯の中で溶かして、柔らかいうちに切ったり叩いたりして形をつくり
溶接して塗装で仕上げ、ロートアイアンが完成されます。


形をととのえるハンマーだけでも数種類!


モノづくりに道具は大切って言うけど、こんなに種類があるとは。
ハンマーも欲しい形をTさんが自作するそうです。






“鉄と会話ができる”
といっていたTさん。 鉄がとてもすきなんだそう。



なんでだろうと思っていたけど、
このロートアイアンにとても温もりがある感じは、
一点一点魂込めた手作業にあるのかな。




型に鉄を流し込む鋳物とは違って、唯一無二なものがつくられる
勘が頼りな職人技ってとても魅かれます。

そういうものに囲まれてお手入れを楽しめる生活っていいなぁ。
展示場の手摺りもドアハンドルもより一層愛着が湧いてきました。


色々見せていただいた職人Tさん、ありがとうございました!!



〜紅葉が綺麗でした♪〜
せっかくなので軽井沢散策。
冬なみに寒かったけど、まだ秋な軽井沢の雲場池。



紅葉の赤はとてもきれいです!



| いろいろ | 13:39 | - | -
CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< November 2010 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE