にじり口
こんにちは。
ウィズ・ワン港北展示場の岩城です。

今日は日本ならではの空間のお話。
皆さんは“にじり口”って耳にしたことありますか?
あまり聞きなじみのない言葉ですよね。

“にじり口”とは茶室に設けられたくぐって出入りする小さな出入り口のこと。
にじり口をくぐり通ることで外のけがれを落とすという意味があるようです。
小さな入口をくぐったその先に広がる空間には
非日常的な特別なものを感じられそう♪
まさに別世界ってやつです。

ウィズ・ワンのお客様のお家にもそのにじり口を
新しい形で取り入れています。
まずは一番オーソドックスなこちらから。
玄関土間から和室へ。
右側の障子部分がそのにじり口です。
ち、ちいさい・・





室内から見てみるとこのような感じ。
幅70cm×高さ90cm。
お茶室のにじり口の約66cm四方から考えると、
いくらか入りやすいサイズ♪
それでもやはりかがんで入ることは必須です。





続く写真はリビングに設けたにじり口風の入り口。
格子戸から見える室内の様子にワクワクしませんか?
ひっそりとたたずむテーブルがまるで1枚の絵のよう。
漆喰の壁にぽっかりとくり抜かれた立ったままでは通れない入り口。
大体120cmに満たないくらいの高さ。
この絶妙な違和感にとてつもない興味が湧いてしまうのは
私だけでしょうか?(笑)





引き戸を開けてみると和室が出現!
和室の形が斜めになっているので、
またさらに奥行き感が出て空間に広がりが出ます。
開けても絵になる・・





最後にご紹介したいのは現代的なにじり口風な入口。
比較物がないので一瞬通常の高さの入口かと思いきや、
こちらは高さ120cm。
ちなみにくぐった先には鮮やかなピンク色の壁の書庫になっています。
アールの形とピンク色があまりに可愛くて、
思わず吸い込まれてしまいそう♪





お家にちょっとした非日常空間というスパイスを与えてくれそうな
にじり口風の小さな入口。
取り入れてみてはいかがですか?








| 建築用語 | 17:12 | - | -
プリンス・アハ
こんにちは、ウィズ・ワン駒沢展示場の斎藤です。

前回の岩城さんの記事のおまけで紹介されていた、
コンスタンティン・グルチッチの“CHAIR_ONE(チェアワン)”
かっこいいですね♪

駒沢展示場にも、
まだ紹介していなかったデザイナーズチェアがあるので
ご紹介させていただこうと思います。

こちらです。



フィリップ・スタルクの“Prince AHA(プリンス・アハ)”。
スツールタイプで、何かと便利です。
あらゆる空間にさりげなく馴染んでくれます。

まず、エントランス。



ちょっと腰掛けて靴を履いたり、
手荷物を置いたりするのにちょうどいいんです。
港北展示場と素材違いのくつべら
アイアンの傘たてとも調和してくれます。

次に、ベッドルームのミニ打ち合わせブース。



いつもはもっと端の方にちょこんと置いてあるのですが、
椅子が足りないときに、
こんな風にさっと出して使っています。

それから、ベッドルームとなりのキッズルームに持っていくことも。



お子様用のジュースを置くサイドテーブルとしても
活躍してくれます。

そして実は、



パカッと上下とも蓋が開き、
少量の収納にも使えちゃいます。

駒沢展示場はライトイエローとピジョンの二色を置いていますが、
全部で七色あるので、お部屋の雰囲気や好みに合わせてチョイスできますよ。

シンプルでありながら、
さりげない存在感でモダンさを演出してくれる奥の深いデザインです。
展示場にお越しの際は、ぜひチェックしてみてください♪









| インテリア | 13:50 | - | -
無垢テーブル×鉄製の脚
こんにちは。
ウィズ・ワン港北展示場の岩城です。  

前回に引き続き、無垢テーブルの脚について。
今回は鉄製の脚をご紹介しますよ。

木製の脚の重厚感に対する鉄製の脚の魅力は
主張しすぎないさりげなさ。
すらっとした華奢なフォルムが無垢板の天板をより一層引き立てます。
木製の脚にはなかったモダンな印象。
実際に写真でご覧頂くと一目瞭然♪

まずは最もオーソドックスなこのタイプ。
黒で塗装している4本脚のテーブル。
それぞれの異なる質感をシンプルに楽しむことができます。
天板はウォールナット。





続いては、同じ形の脚に白い塗装を施したこちら。
天板は“ボッセ”というアフリカに分布する樹種。
優しいピンク色が特徴で柔らかい印象。
天板の厚みがしっかりあり、両サイドの耳も落とさず残しているにも関わらず、
それでも優しい印象なのは鉄脚と白色の効果なのかな。
組み合わせるイスも白のレザーで色を統一。
さりげなく無垢板なところが魅力的。





最後、少しデザイン性のあるこちらは二本脚で支えるタイプ。
左奥に見える暖炉のマットな質感と相性ピッタリ☆
コトコト煮込んだシチューを木のスプーンで頂くようなそんな雰囲気♪





前回の木製の脚も魅力的でしたが、
異素材を組み合わせる鉄製の脚もなかな味わいがあって素敵。
皆さんはどちらがお好みですか?



〜おまけ〜
先日、出かけた先で可愛らしいイスを見つけましたよ♪
3Dのコンピューターグラフィックスのような構造がなんとも斬新。

気になって調べてみると、
こちら“CHAIR_ONE(チェアワン)”といって、
コンスタンティン・グルチッチが手掛けたアートチェア。
数々のデザイン賞も獲得しているようです。

斬新なデザインでオブジェのようだけど、
計算しつくされた曲線で座り心地は確か♪
屋外でもOKなので、お庭やテラス用として使えるのも魅力☆
スタッキングも可能というのもポイント高めですね。





スツールタイプも発見!
インテリアのアクセントにもなります。
今日取り上げた無垢テーブル×鉄製の脚に合わせても面白いかも♪
遊び心のあるインテリアってワクワクしますね。











| インテリア | 11:04 | - | -
LUCE(ルーチェ)レセプション
こんにちは、ウィズ・ワン駒沢展示場の斎藤です。

先日、トーヨーキッチンの照明のショールーム『LUCE(ルーチェ)』がOPENし、
営業さんと一緒にレセプションにおじゃましてきました。
ルーチェとは、イタリア語で光の意味だそうです。



場所は、青山のニコライ・バーグマンの向かい側。
関係者の方々がたくさんいらしゃっていて、大盛況です。



1Fには、moooiのホースランプがドーンとディスプレイされていました。
実物を初めて見たのですが、
イメージしていたよりも大きくて迫力がありましたっ。
正面から撮れず、お尻の角度ですみません‥。



続いて、らせん階段を上がって2Fへ。
様々なデザインのシャンデリアがところ狭しと飾ってあり、きらびやか〜!
たくさんの人で賑わっていました。



壁面側は、ペンダントライトを中心に
個性的な照明がディスプレイされていました。



ところどころに生花もディスプレイされていて、
会場全体がとても華やかなムードでしたよ。

ブログでは紹介しきれないことも多々あるので、
気になった方はぜひ足を運んでみてはいかがでしょうか♪








| ショールームめぐり | 15:03 | - | -
CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2012 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE