屋外用テーブル&チェア
こんにちは、ウィズ・ワン駒沢展示場の斎藤です。

前回ご紹介させていただいた駒沢のプチ模様替え、
続きをご紹介させていただきたいと思います。

3F南側バルコニーに、テーブル&チェアが増えました♪



午前中の爽やかな光の中で撮ってみました。
休日のブランチやティータイムにもってこいですね。



材質は、カシの木の無垢材で白の塗料を施したもの。
敢えて擦れた風合いのシャビーシックな仕上げで、雨ざらしでもOKという丈夫さ。
足はステンレスで出来ています。

無垢材といえばオイルフィニッシュなどの素朴な仕上げを見かけることが多い気がしますが、
塗装も独特の重厚感が出てかっこいいです。

北側バルコニーには屋外用のベッドも入りましたので、
展示場にお越しの際には是非チェックしてみて下さい。





〜お心遣いに感謝です〜



銀座鹿乃子のお菓子。

設計T部長「中におもち(?)が入ってて美味しい〜」

いただいてみると、確かにもちもちしてるっ。
甘さも上品でとても美味しかったです。
H様ありがとうございました。




LE COFFRET DE COEURのお菓子。
美味しい焼き菓子のセットで箱も素敵です♪
いつもながら、あっという間になくなってしまいました。
U様ありがとうございました。





言わずと知れたGODIVAのチョコレートクッキー。
一日のお仕事が一段落した時にいただいてほっと一息。
幸せですっ。
S様ありがとうございました。

お客様からの素敵な差し入れ、とてもありがたく頂戴しておりますが
皆様どうぞお気遣いなくいつでもいらして下さいね。












| 駒沢展示場 | 11:41 | - | -
光天井
こんにちは。
ウィズ・ワン港北展示場の岩城です。

港北展示場のトレードマークの一つでもあるこちらの天井。
ぼんやりと柔らかな光が部屋全体を包んでくれています。
その名も“光天井”。

光天井とは、天井全体に半透明のパネルを張り、
その上に多数の光源を配置した直接照明方式。
間接照明に比べて明るく拡散性が高いのが特徴です。

「中には何が入っているんですか?」
という質問をよく頂きますが、いたってシンプル。
中に入っているのはたくさんの蛍光灯たち。
器具が見えないので、
それによって雰囲気が左右される心配もなしです♪

このパネルの中は蛍光灯たちがただ並んでいるだけなのに、
こうすることによって、こんなに柔らかで気持ちの良い空間に大変身!
ダウンライト等とは異なり点ではなく面で照らすので、
部屋全体が明るくなるのです。





この“光天井”は街を歩いていると度々出会えます。
店舗や駅などに利用されることが多いようです。
このような感じで天井から壁にかけて
広い範囲でパネルが敷き詰められたものを発見しましたよ♪
なんだか宇宙空間のよう。





こんなバージョンも発見!
天井ではなく壁が光っています。
青白い光がさらに近未来的な雰囲気。
形状も上に向かって斜めに広がっているので、
より空間に広がりを感じられますね。





最後は番外編♪
ショールームの床の縁にこんな光の筋を発見。
光天井とは少し異なるけれど仕組みは一緒。
床に変化が与えられておしゃれな仕上がり。





店舗や駅に利用されることも多いようですが、
取り入れ方によっては和室や洋室にも馴染む“光天井”。
ちょっと難易度は高い気がするけど、
空間の変化を期待できそうだし、面白そうだなぁ。



〜おまけ〜
いつかの休日。
遅ればせながらbillsにて“世界一の朝食”を初体験♪
美味しかったのはもちろん、
海、空が目の前に広がる明るく開放的な店内と
シンプルながらおしゃれなインテリアや食器たちにも感動。
家づくりの参考にもなりそうですよ。
オススメです。














| 建築用語 | 09:48 | - | -
模様替え
こんにちは、ウィズ・ワン駒沢展示場の斎藤です。

昨日は東京はめずらしく大雪となりましたが、
皆様大丈夫でしたでしょうか?

私は途中でバスが止まってしまい、
吹雪の中駅まで歩いたのですが
事故が多発していたので
道路状況など通常に戻るまで十分注意しないといけないですね。

雪が降るとわくわくするけれど、
出来ればあたたかい部屋でココアなんかを飲みながら眺めていたいです‥(笑)

さて、今回は駒沢展示場の打ち合わせブースから。
年末にプチ模様替えをしましたのでご紹介させていただきます。



こちらは南側のブース。
建具のサンプルと、フレンチオークの床材サンプルが入荷しました♪
フレンチオークは、ウィズ・ワンおすすめのこだわり床材ですので
ぜひ実際に見て、触って質感を味わっていただければと思います。

続いて北側のブース。



こちらは、フレンチオークのハンガータイプのサンプルと
オリジナルのハンガーラックが増えました♪

このハンガーラックは軽井沢の工房でつくっていただいていて、
華奢なシルエットでありながら強度があるので
合計すると結構な重さのサンプルを掛けているのですが、たわみません。
職人さんてすごい‥。

他に、バルコニーにも新しく増えたアイテムがあるので
また次回ご紹介させていただこうと思います。



〜おまけ〜


駒沢にもこんなに雪がつもるなんて。。



水盤の水が凍っていました!












| 駒沢展示場 | 11:45 | - | -
見せる収納
こんにちは。
ウィズ・ワン港北展示場の岩城です。

明けましておめでとうございます。
年末年始はゆっくりと過ごせましたか?
本年もウィズ・ワンをよろしくお願いします。

さてさて、新年第一弾は収納について。
前回のよく使うが見せたくないモノをしまう“隠す収納”と対比して
ふだんよく使うモノをインテリアの一部として飾るようにしまう
“見せる収納”をピックアップ。

一言に見せる収納と言っても、
なかなか難しい。
見せるからこそのバランス、大切ですよね。

オシャレな実例を一部ご紹介。
まずはこちらをどうぞ。
キッチンって生活感が出過ぎてしまう気がするから、
個人的には隠したいと思っていたけど、
こんな見せ方もあるんだと考えが一変。
いい意味で生活の温かさが感じられて、
おいしいごはんに囲まれた団らん空間が容易に想像できます♪





続いてはこちら。
まるで書店のような書斎。
驚くのはこの書斎が家のどこに位置しているのかということ。
なんと玄関を上がった玄関ホールにこの空間が広がるのです。
すべての人がこの書斎を通って家の中へ。
まさに限られたスペースにおける発想の転換。
壁一面にキレイに埋め尽くされた本たちは立派なインテリアです♪





男性にとっては夢のような空間ではないでしょうか?
こちら趣味のお部屋。
レコード、ミニカー、模型・・
それぞれ飾るもののサイズに合わせて棚を造作し、
ロッキングチェア前方の棚にはLEDテープライトに照らされたミニカーたち♪
大好きなものを眺めてゆったりと寛ぐ時間。
自分だけのための見せる収納っていうのも贅沢でいいな。





最後は階段ホールの一角。
まるでインテリアショップのような空間。
無垢板のカウンターが二段バランスよく配置され、
プリンターや電話機を置いているのに
生活感が全面に出ておらず洗練されています♪
さりげなく置かれた小物たちのセレクトが
この雰囲気を創り上げているんでしょうか。
すごくおしゃれ。





ただしまって片付けるだけではなく、
程良くしまって程良く出す。
隠さずにバランス良く飾れば、
インテリアとして生かすことができるんですね♪
ちょっとしたセンスとテクニックが要りそうですが・・
“見せる収納”チャレンジしてみたいな。



〜おまけ〜
七里ヶ浜からの朝日をお届け♪
やはり朝日のパワーは偉大ですね。
冬の澄み切った空気の中ながめるとさらに身が引き締まります。
2013年もどうぞよろしくお願いします。













| ウィズ・ワンな空間 | 17:20 | - | -
CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< January 2013 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE