こだわりの時計

こんにちは。
ウィズ・ワン駒沢展示場の西澤です。

今日は久しぶりにこだわりシリーズです♪

“紳士で寡黙な設計士”
設計部長T氏の腕時計。

スレンダーなTさんの左腕にはいつも可愛い時計がちらりと
光っています。シンプルでわりとかっちりめな服装なのに
とても遊び心のある時計をしているTさん。

わたし:“その時計、可愛いですね、特に秒針が♪”
Tさん:“これずーっと欲しくて念願叶ってやっと買ったんだ”

アラン・シルベスタインの腕時計。
元々パリのインテリアデザイナーだったそうで、
このくねくねした秒針やカラーリング、竜頭の▲マークがポイントで
バウハウスに影響を受けたことから幾何学的な
デザインがトレードマークのよう。

Tさん:“この重みとおもちゃみたいなデザインが好きなんだよね”

おもちゃっぽいけど、実は¥¥万以上するんです。
世界に500本しかないプレミアものだそうで、
気安くはめさせてもらっていた腕が急に重みを増しました。

日本時刻と海外時刻を切り替えるための“home”や、
シースルーバックでムーブメントの動きを見れるところ
もお気に入りなんだとか。

15年前からこのデザイナーの時計が欲しくて
8年前に手に入れて、今も時とともに大切に身に着けている。
このエピソードを聞いてそこまで愛着のあるものが
見つかるって羨ましいなぁと思いました。

〜White Day〜

昨日のホワイトデーはたくさんお菓子をいただいちゃいましたっ
嬉しい・美味しい・幸せの三拍子♪みなさま、ごちそうさまでした♪
その一部をご紹介


↑感動的なおいしさの“自由が丘ロール”
ふわっふわでクリームのやさしい甘さが広がります。

実は駒沢展示場から天才パティシエ辻口博啓さんのお店
モンサンクレール、自由が丘ロール、コンフィチュールアッシュ
はどこも近くて、車だと5分くらいで行けちゃうんです。

なんでこんなに美味しいんだろうと思うほど
どれも美味しくて、デコレーションも素敵で大好き♪
平日はわりと空いてて狙い時ですょ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です