セルロースファイバー

こんにちは。
ウィズ・ワン駒沢展示場の西澤です。

ウィズ・ワンの建物に使用している
断熱材“セルロースファイバー”
のサンプルがなくなってきたので、
先日現場監督Iさんが箱いっぱいに詰めて
持ってきてくれました。

実際にどんなものが壁に入っていて断熱材の役割を
果たしているのか、みなさまにも触れていただきたいので
袋に小分けにして触れるようにしています。

セルロースファイバーの原料は新聞紙。
“紙”なのにふわふわしていて触ると気持ちいい。
紙=木質繊維なのでパルプが空気を含んで
こんな風になるそうです。

ぎゅっと握ると小さくもなるし、
ぼわっと広げると大きくもなって
うちの羽根布団みたいな感触。

駒沢展示場の壁面にはすべてこのセルロースファイバーが入っていて
その断熱性能、調湿効果はこの冬体感したので確かなものだけど、
これがたくさん入っていると思うと改めて
不思議な気持ちになります。

こんな風に見えないところの材料まで把握できる
ことは安心だな〜と
壁の中の素材にまで触れられるのも
わたしにとっては楽しいです♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です