お宅訪問〜お花の先生のFさま邸〜【3】

こんにちは。
ウィズ・ワン駒沢展示場の西澤です。

今日は家づくりで、“とにかく照明を決めるのが難しかった”という
雰囲気を重視された照明プランをご紹介します♪

Fさま:“配置や、何を使うかはすごく考えたのに
    ダウンライトの大きさ(直径)までは全く考えていなくて・・”

確かに・・照明はデザインの他にランプの種類やら消費電力やら
考えることがたくさん。もちろんサイズもいろいろ。

ダウンライトにも種類、直径の大きさがあって
よく使われるダウンライトは直径150mmなど結構大きめ。
でも最近それより直径が小さいコンパクトタイプのものがあり、
駒沢展示場の玄関ホールにもそれが付いています。
サイズは直径75mmと小さくて、天井がとてもすっきり見えます!

実物をに見ていないと何かとイメージ違いが起きがちな照明ですが、
実際に付けてみたらとても良かった奥さまお気に入りの照明がこちら↓

シンプルな四角いブラケット。
1F〜2F 階段吹抜け部分に付いています。
上下に伸びる光がしっくい壁を照らしてとてもきれいで
雰囲気にもピッタリです。

LDKはシーンごとの照明にこだわっていて、
キッチン上には間接照明が埋め込まれています。
昼間はこの窓から木々が覗いて清々しいイメージ、
夜はキッチンが際立ったかっこいいイメージに。 

なんだか気取りながらお料理をしたくなるキッチンです、素敵〜

そしてシーンごとに切り替えてみるとまたイメージが
変わります。

ランプの向きが変えられるダウンライト。

壁を照らすスポットライト。

用途もそうですが、
“こんな雰囲気にしたい”のイメージも重要です!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です