お宅訪問〜鎌倉市T様邸〜【2】

こんにちは。
ウィズ・ワン港北展示場の岩城です。

本日はいよいよT様邸の室内をご紹介します。
外壁の焼杉と同系色の玄関ドアを開けると・・
ほわーっと白い空間。そして日の光。

奥さま:“最初のイメージはパリのアパルトマン風。そこから家づくりが始まったんです。
      ほっこり温かなイメージを大切にしたいなと思って。”

その言葉通り、男性的で力強い外観とは対照的に
室内は白を基調としていてとにかく明るい!
漆喰や無垢材などニュアンスのある白を上手に取り入れています。
玄関ホール頭上は吹き抜け。
大きな窓から日の光も注ぐので、さらに明るいんです。

特にこだわりポイントはココ♪
無垢のパイン材を白く塗装。
ひと手間加えることによって、他にはないオリジナルの質感を出しています。
ほんわか優しい雰囲気に仕上がっていますね。
実はこちらもご主人のこだわりなんです。

そんな白い空間の中、ひときわ目を引くこちら。
玄関ホールにあるニッチの壁。
こちらは駒沢展示場を訪れた方なら気づいて頂けるはず♪
職人技が光るナラ材の壁。
白の中で際立つアクセントになっています!

頭上が吹き抜けた玄関ホール。
その吹き抜けた先へつながるのは家族が集まるリビングダイニング。
最終回の次回はそのこだわり空間をたっぷりご紹介します!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です