お宅訪問〜鎌倉市T様邸〜【3】

こんにちは。
ウィズ・ワン港北展示場の岩城です。

今日でT様邸レポートも最終回。
とにかく一体感を大切にしたかったという奥様。
玄関ホールから吹抜けた先に続くリビングは、
誰が帰ってきても、どこにいても存在を感じられます。

ほわーっと白い空間は2Fまで続いていて、
フローリングも優しい色合い。
ヨーロピアンオークのさらっとした質感がとっても気持ち良いんです。
ヴィンテージ感を作り出すため、
幅も広めなものをセレクトしたというこだわり。

キッチンは憧れのアイランドキッチン♪
閉鎖的なキッチンとは異なり、料理を作り、片付けるという一連の作業を
家族がくつろぐ空間で行なうことができるなんて・・
まさにテーマとなる一体感を叶えられるスペースとなっています。
もうすぐ3歳を迎えるお子様が、
楽しくお手伝いをしている姿が浮かんできます。

そしてさらにはキッチンの奥にトップライト
どうしても暗くなりがちな北側に明るさと開放感をプラス♪
やっぱりトップライト効果ってすごい!

リビングスペースには選び抜かれたシャンデリア。
奥様 :“白い壁に溶け込むようなシャンデリアを探しに探して・・そしてやっと出会えました♪”
お部屋の雰囲気にピッタリ!
たしかに!“溶け込む”という表現に納得です☆

ここで一つ裏話。
実はこれ・・
こんなことになっていたんです(笑)
脚立が見当たらず肩車です。
この後、とても大きな手を持つ現場監督Nさんが
細かなガラスのパーツを一つ一つ手作業で完成させたという渾身の一作!!
無事に明かりが灯って一安心。

打合せがただただ楽しかったという奥様。
奥さま:“建て終わってしまって寂しいくらい。
     もう会えなくなっちゃうんですよね・・”

そんな風に思って頂けるなんて、とってもありがたいお言葉。
どうか心地良く過ごして頂けますように・・
T様、ご協力本当にありがとうございました。
今後も末永いお付き合いをお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です