アイランドキッチン

こんにちは。
ウィズ・ワン港北展示場の岩城です。

今日も再びキッチンについてのお話。
前回の続きから・・
独立型かオープンかそのスタイルが決まったら、
次はどんなレイアウトにするのか。
と決めていくのが一般的な手順。

オープンなキッチンと言ってもそのレイアウトは様々。
中でも現在、人気が高いのが“アイランドキッチン”
その名の通り、アイランド=島のように壁から切り離したレイアウトのこと。

360°ぐるりと周りを囲むことができるので、
複数の人数でも調理がしやすく、周囲からの明かりも採りやすい。
とにかく開放的なキッチン空間が叶えられます♪
そして重要なのはそのアイランド部分に何を組み込むかということ。

一般的なのはシンクとコンロ部分が1列に組み込まれているタイプ。

これなら、お米を研いでいる時も、包丁を使っている時も、
もちろん、コンロの前に立っている時も、常に向いているのは家族の方。
顔を見て話ができるし、小さい子がいれば目も届く。

でも、油がはねたり、油煙や匂いがちょっと気になる・・
という場合には、コンロ部分は壁付にして、
シンクのみアイランド部分に組み込むことも。

コンロの前よりもシンクや作業スペースの前に立つ時間の方が
圧倒的に長いですからね!

その他にも、コンロのみをアイランド部分に組み込んだり、
カウンターを作って食事もできるスペースを作ったり・・
アイランド部分は様々なレイアウトが可能です。

そして。
基本的にアイランドキッチンを採用される方は熱源をIHにされる方が大多数。
ぐるりと周囲を囲めるということは、それだけ火の近くを通ることも多いということ。
安全性を考えて選ばれるようです!
確かに火の近くを人が行ったり来たり、特にお子様がいれば尚怖い。。

熱源も漠然とガスかIHかで悩むのではなく、
キッチンのレイアウトを考えてから選ぶとすんなり選べそうだなぁ。。

〜お心遣いに感謝です♪〜

先日お引き渡しの日を迎えたお客様より
ステッドラーの製図・デッサン用鉛筆セットを頂きました☆
携わったスタッフ一人一人にそれぞれの名前が・・(泣)
しかも、慣れ親しんだ愛称で♪
ありがとうございます!
大切に大切に使わせて頂きますね!
もちろん名前の部分は使わず残しておきます!!

そして、いつもいつもお土産やお手製の本格サンドイッチなど、
たくさんのお心遣いをありがとうございました!

お引き渡しの日にお会いできなかった事がとても心残りですが、
是非またお会いできたらうれしいです。
Mちゃん、また一緒に遊ぼうね♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です