ライムストーン

こんにちは。
ウィズ・ワン駒沢展示場の西澤です。

先日PCのデータ整理をしていたら、ヨーロッパに行った時の
画像が出てきてやっぱりヨーロッパの建物って素敵だなぁ・・と
思いながら見入ってしまったのですが、
ヨーロッパの建物にもよく使われているのがライムストーン。

日本ではホテルのロビーの壁などに使われている、高そう〜に
見える天然石。

石灰岩の一種で海水中の成分が沈殿して出来た
やわらかさが特徴の石です。

駒沢展示場で使っているのはカリブ海周辺でとれたライムストーン。
良く見ると表面に凹凸があったりぷつぷつと有機物が入ってて、
本当に自然に出来たモノという雰囲気。
ホンモノって不揃いだったりするけど全くおなじものがないから
見ていて飽きない♪

水磨き(つやなし)&本磨き(つやあり)仕上げがランダムに芋目地状に
貼られていて、空間に変化を出しています。

同じ石だけど仕上げ方によっても雰囲気が全然違うなぁ。。
本来はライムストーンが持つ柔らかを活かせるのは水磨き仕上げなんだとか。

一面フローリングもいいけど、こうして石を敷いてみたり、
壁に木を使ってみたり、色んな素材を取り込むと
素敵で飽きないインテリアが楽しめますっ♪

私事ですが・・・
岩城さんに引き続き わたしも風邪をひいて
ダウンしておりました。。ふぅ 熱はつらいですね。
インフルエンザも流行っているしみなさまも
お気をつけ下さいませ☆

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です