風合い

こんにちは。
ウィズ・ワン三鷹展示場の斎藤です。

前回は地下を紹介しましたので、
今回は2階をピックアップしてみたいと思います。

三鷹展示場の2階フロアーは
以前駒沢の西澤さんも取り上げていたライムストーンが敷いてあります。

駒沢展示場の、水磨き(つやなし)と本磨き(つやあり)のミックスに対し
三鷹展示場は全面水磨き(つやなし)で
しっとりツヤツヤの仕上がりです。

本来、比較的やわらかく水に弱いライムストーンは、
ダイニングやリビングの床に使われることは少ないそうですが、
モデルハウスならではの使い方として
三鷹展示場では2階のLDKで使用しています。

漆喰の壁、ライムストーンの床、切り替えでチーク、と
素材違いの天然素材の組み合わせによって醸し出される雰囲気は
品があるのに不思議と落ち着く空間です。

ライムストーンを実際に家で使うには、床よりも壁などの方がいいということですが
美しい風合いを体感して参考にしていただければと思います♪

〜お心遣いに感謝です〜

水羊羹もあったのですが、
あっという間になくなってしまい写真を撮り損ねてしまいました(笑)
スタッフみんなでとっても美味しくいただきました。
ありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です