ドアの取っ手

こんにちは。
ウィズ・ワン港北展示場の岩城です。

普段何気なく触れているドアの取っ手。
そんなに意識して見ることってないけど、
素材やサイズ、形に仕上げ方。
本当にいろいろ。

港北展示場にあるのは3種類の取っ手。
まずはお客様が一番触れる機会が多い、打合せブースのドアの取っ手。
こちらはアルミで軽やか。空間になじんでいます。
フロスト仕上げなので、
指紋が残ることもなくお手入れも楽チン♪

続いて、事務所の取っ手は木目で温かな雰囲気。
握った感触はココが一番好き。
ロングサイズは小さなお子様まで使い勝手が良いんです。

角棒タイプもシャープでカッコいいけど、
手にしっくりなじむのはやっぱり丸型なんだろうなぁ。

そして最後は、港北展示場の顔である玄関扉のロートアイアンの取っ手。
何度かこのブログにも登場しています。
これ実は、駒沢、三鷹、港北、3つの展示場で形違いのおそろいなんです。

同じ工房で作ったオリジナル製品。
3展示場、形が微妙に異なっているので、
ぜひ見比べてみて下さい♪

〜お客様の実例より〜
バスルームのドアにハート形(!)を発見♪
こんな遊び心を演出するのも素敵だなぁ。

毎日なにげなく触れるものだけど、
だからこそ感触のよいもの、
空間になじむものをじっくり選びたいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です