梁(はり)

こんにちは。
ウィズ・ワン港北展示場の岩城です。

いつか訪れたとある京都のチャペル。
木がふんだんに取り入れられ、温かな雰囲気。
この空間がとっても印象的なのはきっと“梁(はり)”のおかげ。

梁とは、屋根や上階の重みを支えるために
建物とは水平に架け渡す構造材のこと。
本来であれば見えない部分。
でも、こうやって意匠的に敢えて見せることで、
空間に動きが出ます。
カッコいい♪

直接、建物の構造にかかわっているものもあれば、
“化粧梁”といって構造には関わらず、
意匠としてだけの梁という場合もあるようです。

ウィズ・ワンのお客様も取り入れていらっしゃいます。
まずこちら。
キッチンからリビング、ダイニングにかけて大胆に。
空間に合うよう、白でペイントしています。
白とシルバーで統一された清潔感のある空間にピッタリ♪

続いてこちらのお客様はリビングの吹き抜け部分に。
壁と同じ漆喰を塗っています。
そのおかげで主張しすぎることなく空間になじんでいます♪

そういえば、港北展示場にも。
一本の梁とそれを補強する鉄骨のブレース
真っ白な空間にアクセント。

空間に表情が生まれ、良いアクセントになる梁。
見せ方もいろいろあるようで、
知れば知るほど魅力的♪
是非取り入れてみてはいかがでしょうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です