現代アート

こんにちは。
ウィズ・ワン港北展示場の岩城です。

芸術の秋ということで。
先日休みを利用して、3年に1度開催される現代アートの国際展、
ヨコハマトリエンナーレ2011へ。

伝統や色々なものに囚われることなく、
自由に表現された作品には夢がいっぱい♪
その独特な世界観に魅了されました。

まずはドロップ型をした可愛らしいランプの秘密から。
一見すると普通のランプ。
でもこちらのランプは1つ1つが横浜に住む、ある子供たちの部屋に繋がっていて、
そのうちの1人が部屋の電気をつけると、ここのランプが1つ消えるという仕組み。

ところどころ消えているランプがあると、
その子は今何してるんだろうなんて考えながら・・・
そして子供たちはこの仕組みを全く知らないというからまた面白い。
手吹きガラスなので形もそれぞれ違って味わいもあります♪

続いて、金色に輝くこちら。
絵のようですが、これ画びょうなんです。
近づいて見ると本当に普通のよく見る画びょう・・
微妙に角度を変えて差し込んでいるから立体感が出るんだろうなぁ。
これだけで立派なインテリアですよね♪

こんなシュールなものも。
砂山の上にぽつんと1本のスプーン。
奥のスクリーンにあるようにひたすら砂鉄を集め・・
でき上がった鉄のスプーン。
物の溢れる時代に物を大切にしようというメッセージ。

そんな中でも一番印象的だったのはこちら。
なんだか見覚えのある風景。
こちらは実際に工事現場の足場を組むのに使われる鉄パイプ。
どおりで見覚えが。
これがなんとオルガンなんです。

中央にある装置から風を送り込んで、
鉄パイプを笛のように使って音を響かせているそうです。
まさにパイプオルガン。
天井の高い空間に設置されているため、
かなりの大音量。響き渡ります。
教会の中にいるような、そんな神秘的な雰囲気。

自由なイメージや発想力で表現できる世界観。
建築にも共通するところがありそうだなぁ。
芸術の秋にふさわしい、感性を刺激する休日となりました。

ヨコハマトリエンナーレ2011は来月で閉幕のようです。
ブログに取り上げたのはほんの一部。
お家を建てる際の新しいアイデアが浮かぶかもしれないですよ♪
オススメです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です