丸太テーブル

こんにちは、ウィズ・ワン駒沢展示場の斎藤です。

最近冷え込みが厳しく乾燥もしているからか、
インフルエンザが流行しているようですね。
私は年末に風邪をひいてしまったので気を付けているのですが、
皆様もどうぞご自愛下さい。

さて、駒沢展示場には打合せブースがいくつかあり、
それぞれアルファベットでAのブース、Bのブース‥
というように割り当ててあるのですが
通称「丸太の部屋」と呼ばれるブースがあります。

まさに丸太をばっくりと割ったテーブル。
かなり重量感があります。
素材はチークです。

ここまで肉厚だと、「天板」というよりも本当に「丸太」という印象。
インパクトが強いので、アルファベットが定着しないのも納得です(笑)
オイルフィニッシュの素朴な仕上げで、しっとりしていてとても気持ちいい質感です。

下を覗いてみると、ちゃんと椅子のスペースが六個分くりぬいてあるので
足が当たってしまうようなこともありません。

敢えて無骨な趣を残しつつ、最低限手を入れて自然素材の良さを活かす‥。
なんとも贅沢な使い方です。

素材に趣があるものはシンプルな空間の中だといっそう引き立ちますよね。
展示場にはこういったテーブルなどの他にも、色々なサンプルがございます。
取り入れ方はオーナー様によって様々ですので、
ぜひ実際に触れてみて、イメージを膨らませてみてください♪

〜おまけ〜

冬休みに行った日光のお蕎麦屋さんのテーブルが迫力満点だったので
思わず写真を撮ってしまいました。
この大きさだと、相当な巨木なんだろうなぁ‥。

柱も大胆な使い方です。
店舗ならではという感じで、おもしろい造りでした。
もちろんお蕎麦も美味しかったです!
ごちそうさまでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です