出窓

こんにちは。
ウィズ・ワン港北展示場の岩城です。

模型作りに追われている今日この頃。
先日作製した模型に出窓が上手く取り付けられました♪
出窓の雰囲気は出ているでしょうか?

出窓とは、床面から高さ45cm以上のところで張り出した窓のこと。
条件を満たせば床面積には含まれず外側へと空間を広げることができるので、
何ともお得な感じ♪
我が家にもキッチンに出窓があるけど、これは便利!
一時的に色々と置く棚としてかなり重宝しています。
物置にならないような心がけは必須ですが(笑)

ウィズ・ワンのお客様も上手に出窓を取り入れていらっしゃいます。
ほんの少しだけ実例をご紹介しますね。

まずは室内から。
左側部分の窓が出窓になっています。
30cm程度が適当とされる出窓ですがこちらはおよそ20cmほど。
その理由は、使用目的が明確だから。
実はこちら、寝室のベッドを置く場所に設けたもの。
ちょっとした小物類、メガネや携帯を置くのにちょうど良いのです♪

こちらを外側から見ると・・出窓だと気づかないくらい。
すごくすっきり見えます♪

続いてこちら。
先程のお写真と比較すると大胆な出窓。
大きく取られた窓の下の壁部分に隠された秘密が・・

室内の写真を見ればその理由は一目瞭然!

こんな素敵なベンチになっていました♪
床面積にも含まれないばかりか、このようにベンチとして座ることができれば
その分の椅子が省略できて床面が広く使えますね。

出窓に大切なことは、効果的に使える場所かどうかということ。
東南であれば太陽の光をたくさん取りこむことができるけど、
北側のお部屋では寒い・・そして結露なんてことも。
そんな時は複層ガラスを利用して熱の損失を下げる等の工夫も必要ですが、
室内空間に変化と余裕をもたらしてくれる出窓。
かなり魅力的だなぁ。。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です