折り上げ天井

こんにちは。
ウィズ・ワン港北展示場の岩城です。

太陽ギラギラ夏真っ盛りですね。
港北展示場は例年通り、日々暑さと闘っております・・
もちろん「暑い・・」は禁句です(笑)

今日のテーマは“折り上げ天井”。
“折り上げ天井”とは中央部分を回り縁よりも高く仕上げた天井のこと。
通常の天井高よりもその部分が高くなるので、
空間の広がりが期待できるというわけです♪
内部に天井を照らす照明(コーブ照明)を設置する場合が多く、
お部屋全体の表情が豊かになりますよ。

どのような場所に取り入れることが多いのか、
いつものように実例よりご紹介♪

まずこちらはリビングに。
通常の天井高よりこちらは20cmほど上げています。
四方に照明を埋め込んでいるので、
折り上げた天井部分が全体的に高く見えますね。

続いてはダイニングに。
こちらは低めの10cm。
先程と異なり、照明を両サイドのみに埋め込んでいるので、
全体的な高さよりも、奥行き感が増しているように見えます。
ダウンライトも設置され食卓がとっても明るく華やか♪

最後は玄関ホールに。
こちらはもっとも深い40cm。
照明から折り上げ天井面までの距離が離れるほど、
その反射により床面も明るく照らすことが期待できるようです。
前方に見えるパティオの効果もあって開放感抜群。
お家の顔でもある玄関が明るいと元気になれますよね!

開放感というとやっぱり吹抜けには敵わないけど、
吹抜けにもそれなりにデメリットもあるわけで。
ほんの少しだけ空間に動きをつけたり、雰囲気を出したい時には
この“折り上げ天井”はとっても効果的♪
取り入れ方次第で様々な表情をもたらしてくれますよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です