飛び石

こんにちは、ウィズ・ワン駒沢展示場の斎藤です。

立秋を迎えて朝晩は急に涼しくなってきましたね。
ロンドンオリンピックも、早いものでもう閉会式。
夜中に試合があるとついつい観てしまいましたが
やっとゆっくり眠れそうです(笑)

さて、今回は飛び石をご紹介したいと思います。
もともと和のエレメントですが
アレンジするとモダンな雰囲気にもしっくりきます。

実例からまずはこちら。

ボーダー状に敷いた石と植栽が和風な印象。
表に面した部分ではないですが、
フラットな飛び石を使うことにより
歩きやすさと遊び心が加わります。

次は、ちょっとモダン度の高いこちら。

白の玉石の中につるつるに磨き上げた黒の飛び石。
サイドの花壇も同じ素材で、窓枠も黒で統一されシャープな仕上がりに。
奥は実は物置が置いてあるのですが、
そう感じさせないようなお洒落な雰囲気。
こういった細部にまでこだわるというのは素敵です。

最後はこちら。

和室から中庭に続く部分ですが、
手前側が水盤になっているのはおわかりになりますでしょうか。
水盤を抜けた奥にも同じ色のタイルが敷いてあるので
デザイン性の高い印象的な空間になっています。

もともと飛び石は、アスファルトやコンクリートがなかった時代に
足元に泥が付かないようにするために用いられたのが始まりのようですが、
日本庭園では敢えて歩きにくく配置することで
お庭を鑑賞してもらう工夫がされることもあるそうです。

現代のお家で意匠的に使われるのは
そういった美意識の流れを汲んでいるようにも思えます。
その時代にフィットしたかたちで
伝統が受け継がれていくというのもおもしろいですね。

゜*:.。.おまけ.。.:*゜

最近水槽のお魚がちょっと増えました。
きれいなお魚もたくさんいるのですが、
スタッフ人気ナンバーワンはちょっと強面のこの子です(笑)
元気に泳ぎ回っているので何度撮ってもぶれてしまいますが‥
駒沢展示場にご来場の際は探してみてくださいね♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です