ブラケット

こんにちは。
ウィズ・ワン港北展示場の岩城です。

8月も今日で終わり。
暑い毎日に体もそろそろ限界・・
涼しい秋の訪れは楽しみなところですが、
夏が終わってしまう寂しさもありますね。

そんな今日は色々な場所で目にすることも多い照明、
“ブラケット”について。
ブラケットとは壁面に取り付ける照明器具のこと。
街角で見かけました。これです。

どちらかというと部屋全体を照らすのではなく、
補助的な役割。
天井に照明器具が付けられない場合や、
手元に明るさが欲しかったり、演出効果を出したかったり。
そんな時に用いられます。
部屋に奥行きが生じ、広く見せる効果も。

様々なシチュエーションをご紹介していきます。
階段に等間隔に設置されたブラケット。
ランプ自体がとてもシンプルなデザインなので、
木目と黒で統一されたすっきりとした空間にとってもなじんでいます。

階段に設置する場合気をつけたい点は二つ。
昇り降りの時に器具の内部が見えない方が綺麗だという事と、
邪魔にならないようにするという事。
なるほど。
荷物を運ぶ時や体の一部がぶつかったりしないように、
器具の出幅や取り付ける位置に気をつけたいですね。

リビングのテレビ裏の壁に。
この場合、ブラケットの役割はまさに空間演出。
この照明があるだけで一気にホームシアターのような空間に早変わり♪
それだけではなく、
テレビ裏の壁を明るくすると目が疲れないという効果も期待できます。

こちらは、造作のベッド。
その頭上にブラケット。
ホテルのベッドルームではよく見かける素敵アイテム♪
照明を置くとなったら必要なスペースも不要!

ただ、取り付ける位置がカギとなりそう。
座った時にもきちんと手元を照らしてくれるか、
寝転んだ状態で手を伸ばした時にスイッチに手が届くか。
ベッドルームのブラケットは使用目的がしっかりとしてるだけあって、
取り付けてから“あ゛ー!!”という悲しい現実だけは避けたいものです。

他にも玄関ホールや屋外にも取り入れられるブラケット。
気付けば様々なシチュエーションで登場しています。
さりげないシンプルなデザインもよし、
自分のお気に入りのデザインのものをアクセントで入れるもよし。
取り付ける高さと出幅には十分注意しつつも、
好きなものを選びたいなぁ♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です