フレンチオーク

こんにちは。
ウィズ・ワン港北展示場の岩城です。

今日はフローリングのお話。
ウィズ・ワンで働いていると日常的に自然素材に囲まれているので、
その心地の良さは日頃から体感済み。
やっぱり良いものって伝えたくなりますよね。

中でも、オススメしているこだわりの床材、フレンチオーク。
全展示場にサンプルを入荷しているので
目にされた方も多いはずのこちら↓

フランスで歴史ある、無垢、複合フローリング専門メーカーの
Chen de l’est(チェンダレスト)社。
始まりは1960年。
木工職人であった創業者が小さなアトリエから興した会社。
今日に至るまで会社は家族経営を続け、
フランスで主要なフローリングメーカーになった今でも、
創業者の情熱を大切に引継いでいます。

フローリングになるまでのすべての工程を
自社工場で行なうことで最高のクオリティを提供するという徹底っぷり。
専門知識と熟練した技術が造り出す、
ユニークな質感、色、仕上げのタイプは上の写真のように様々。
同じ樹種とは思えない程のバリエーションなのです♪

その中から瀬田展示場には厳選した数種類のフレンチオークが
使用されているので少しご紹介していきます。
まずはこちら。
シャビーシックなホワイト系の床。
よく耳にする“シャビーシック”とは
『使い込まれた粋な』とか『洗練された古さ』といった意味。
時を重ねたものたちが持つ、
表情豊かな味わいを楽しむ感覚。

そんな雰囲気を見事に演出したこちらの床材は
大人の女性の心をぐっとつかんで離さないはず。
展示場では奥様の寝室として使用されています。
質感の違った白で統一されたお部屋は
落ち着いた女性らしさ溢れる雰囲気♪

続いて、対照的なブラック系の床材。
ご主人の寝室に使用されたこちらは
木目をざくっと大胆に生かした男性的な印象。
チークの古材で作られたベッドとも相性抜群ですね♪
計算しつくされたエイジング加工のバランスが、
床、家具共に互いを引き立て合っています。

そして最後は、こちらのグレー系。
こちらも木目を生かした仕上げ。
上のブラック系に比べると少し光沢が感じられて華やかな印象。
シルバーグレイといったところでしょうか。
打合せブースの1室に使用されていますよ。

優しい木肌とふっくらとした繊維質が醍醐味のフレンチオーク。
素材が本物だからこそ細工を施すことによってより深みが出るんだろうなぁ。
モダンな家具にもエイジング加工された家具にも
合うのがこの床材の魅力。
ついつい気持ちが入ってしまい長々と書いてしまいました・・(笑)
ぜひ実際に見て触って質感を体感してみてください♪

〜お心遣いに感謝です♪〜
先日、お客様より頂いたサダハルアオキのマカロンラスク♪
コロンとした可愛らしい瓶いっぱいに
カラフルなラスクがぎっしり。
眺めているだけでも幸せになれちゃいます。
お心遣い本当にありがとうございます。
素敵なお家ができあがるよう、スタッフ一同頑張ります!
今後ともよろしくお願い致します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です