在来浴室

こんにちは。
ウィズ・ワン港北展示場の岩城です。

今日はお風呂の話。
一般的に、家庭の浴室の形は“在来浴室”と“ユニットバス”の2通り。

“在来浴室”とはあらかじめ工場で成型されたユニットバスとは異なり、
左官・大工・タイル職人などがすべて現場に合わせて造り上げていく浴室空間のこと。
現在ではユニットバスも進化していて、
完全自由度はないにしても機能や設備はグレードアップしていたり、
オプションアイテムも充実。
とはいえ、やっぱり職人さんの思いが込められた“在来浴室“には
手作業の温かみが感じられるから不思議です♪

私自身、お風呂が大好きなので、
お客様のバスルームにはかなり注目しています。
お客様、設計士、職人の思いが一つになって造り上げる
個性豊かなバスルームってすごく良い。

たえばこんな感じ。
まるで映画のワンシーンのような雰囲気♪
さりげなく家具のように置かれたバスタブは
使われていない時でもインテリアの一部として存在感を放っています。
ガラス張りが活かされていますね。
遊び心溢れるこだわりのバスルームです。

東側バルコニーに面したバスルーム。
浴槽のサイズにピッタリと合わせた窓は
両開きなのでかなりの大開口。
これは在来浴室ならではの演出ですね。
すべて開け放つと気分はすっかり露天風呂♪
自宅で空を眺めながらバスタブに浸かれるなんて夢のようです。

続いてのバスルームはこちら。
床面と同じ高さまで浴槽を埋め込んだタイプ。
すべてフラットなので空間に広がりを感じられるのが最大のメリットです♪
こちらのバスルームは敷地の高低差を活かして設計されたもの。
道路より5m上がった場所に位置する敷地に建てられたお家。
浴槽にゆったりと浸かるとちょうど目線の先に広がる高台からの景色に
毎日の疲れなんて吹っ飛んじゃうんだろうなぁ。

最後はこちら。
浴室で本を読んだり、ゆっくりとする時間が多いお客様。
ゆったり寛げる開放的なバスルームになりました。
浴槽の頭上にはトップライト。
壁面ギリギリに寄せた窓から柔らかな光が壁を伝わって降り注ぎます♪
天井には防湿用のBOSEのスピーカーも。
BGMを聴きながらのバスタイムなんてとっても贅沢。

そして実はこちらのバスルーム、
室内窓があるんです。
この室内窓の向こうは読書ができるラウンジ、
さらには吹抜けへと連動しているというから驚き♪
バスタイムへのこだわりを強く感じることができます。
来客があった時のためにブラインドも完備。
至れり尽くせりです。

せっかくゼロから作り上げる注文住宅。
どうせならお風呂もひと手間かけてあげれば
お家への愛着もさらに強くなること間違いなし。
毎日使用するバスルーム。
極上のバスタイムを目指して、、
ぜひじっくり検討されてみてはいかがでしょうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です