駒沢展示場4

ウィズ・ワン仙川展示場の西澤がつづる〜駒沢展示場の様子〜

展示場の工事も終盤にさしかかり、
現場には1クラス分くらいの数の職人さんが入っています。
電気やさんに硝子やさんに左官やさんにタイルやさん などなど。
家づくりは本当にたくさんの人の協力があって出来るものなんですね。

今日は3Fの意気込みを感じる壁の紹介です。

3Fの壁は南側がとても印象的なアール状になっています。

ここに曲げ合板を貼ると・・

凹凸部分はリラックスルームの飾り棚になります。

仕上げは、この木。

この木が面白くて、角材を切った断面のものなんです。
木の使い方って本当に色々。
これを壁一面ずらーっとなんと4000枚以上貼るそう。

気の遠くなりそうな作業にひゃー!っとみんなで驚いていると
棟梁が“みんなで貼ってよ”と言いながら貼り方を教えてくれました。

こんな風にのりで貼り付けていくらしい・・・
ちなみにこの壁はバスルームまで続くので相当な作業です。
お手伝いできませんでしたが、、

現在、ここまで出来ています!

なんだか画像のピクセルが拡大されたみたいな写真に見えますが、
ピントは合っています(笑)

様々な色合いの木が、模様となって出現。
木の新しい使い方を感じる壁です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です