丁番(ちょうばん)

こんにちは。
菊名展示場の小川名です。

扉などの開閉の為に付いている金具。
コレ、丁番(ちょうばん)といいます。
みなさんのお家のドアにも付いているはず。

一般的に、羽が左右に2枚、軸が真ん中に1本通っていて
蝶々みたいな形になっています。
だからなのか、丁番は「蝶番」とも書きます。
かわいらしいですね♪

さて、この丁番。用途によって色々な種類があるのですが、
個人的に丁番の威力!?を知った実例写真をご紹介。

それがこちら。
一見、木目の部分が周りの白い壁の中で
アクセントウォールのような存在になっています。

でも、よく見ると両サイドに取手があるんです。

ジャーン!
実はこちらは、ドアだったんですっ。
右側がトイレ、左側は洗面室。
なんだかドアを開くまで分からない?!不思議な扉。

そしてこのドアに付けられているのが 「隠し丁番」
文字通り丁番を隠して付ける構造(=外側から金具が見えない)
になっています。

写真からも上下に2つ、丁番が見えますよね。

隠し丁番はキッチンなどの開き扉などにもよく使われていますよ。
普段は意識しない部分にも、ちょっとした小技を!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です