ロートアイアン

こんにちは。
ウィズ・ワン港北展示場の岩城です。

前回、菊名展示場の小川名さんも紹介していた、
ウィズ・ワンがオススメしている無垢板専門店。
「ムクの蔵kamakura」でこんなかわいいイスを見つけました♪

ここには板だけではなく、
無垢の木でできたイスも扱っているんです。

細ーいロートアイアンとぽってりとした木の質感が何とも言えない可愛らしさ♪
無垢の木というと重厚感があってずっしり重いイメージでしたが、
このイスは桐の木(国産木材で最も軽い木)でできているので
驚くほど軽いんです。

“ロートアイアン”とは日本語では“鍛鉄(たんてつ)”
きたえた鉄という意味。
要するに、職人さんの手により、叩いたり曲げたり・・・
強くしなやかになるわけです。

そしてこのイスも、長野県のとある工房で
職人さんがひとつひとつ手作業で丁寧に仕上げた逸品。
実際に触ってみると、その温もりが伝わってきます。

こちらの写真は港北展示場の玄関ドア。
実は、こちらもkamakuraのイスと同じ工房で手作業で造られたもの。
素材も同様、桐の木とロートアイアンの組み合わせ。

ちなみにこの色は、木の表面をバーナーで炙って着色したものです。
その高さ、なんと3M以上。
どーんっとかなりの存在感。
でもこう見えて、女性でも容易に開けられてしまうほどの軽さ。
桐ってすごいですね♪

駒沢展示場の階段手すりにも
同じ工房で造られたロートアイアンが使われています。
機会があれば是非、実際にご覧になってみてください♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です