無垢材のメンテナンス

こんにちは。
ウィズ・ワン駒沢展示場の西澤です。

今日は1月20日大寒
でも春のようにぽかぽか気持ちいいですね
早く春が来てほしいなぁ〜

ところで・・
“テーブルにキズがついてる・・”涙
なんてふと気づくことがありませんか?

展示場のテーブルが今そんな状況になり、リペアしています。
テーブルの天板はすべて無垢材で“木が生きてる”ので
キズも治ってしまいます♪

そして時間は少々かかれど簡単なんです!

キズ完治までの手順
1、目の粗い紙やすりでキズを削り落す
2、目の細かい紙やすりで整える
(ここで出る木かすを保存)
3、キヌカ(専用オイル)を塗って仕上げる

以上っ

そしてそして・・

この魔法の粉。
これが木を削ったときに出る木かすです。
例えばキズが深いときや隙間をリペアしたいときは、
この木かすを傷口に埋めてあげます。

埋めたい隙間にこの粉を入れて、専用のボンドで硬化させたら
同じようにまたオイルを塗れば完成!

木は切っても絶えず呼吸をしているので、加工されていない
無垢材ならではの修復作用です。やっぱり木はすごい!
いい状態を保ちながら使っていくにはメンテナンスは必須です。

オイルの塗り方にはちょっとコツがあるので
それはまたの機会に♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です