ストリップ階段

こんにちは。
ウィズ・ワン駒沢展示場の西澤です。

先日の小川名さんにつづき・・
駒沢展示場でも日々模型作りに奮闘しております。

模型のボードを触っていると特に冬場は乾燥で手荒れするので、
模型の達人Nさんとわたしにはハンドクリームが必需品。
そんな模型作製の中で
ここ最近の模型パーツの力作がこの階段。

ふたりで“小さい〜っ”と思わず三角スケールで図ってしまいました。
約2cm!

この模型の階段、実際は・・・

こんな感じのきれいなストリップ階段になります。
階段にも色々な形がありますが、“ストリップ階段”とは
蹴込板が無く、骨組みがむき出しになった階段のこと。

といっても ・・・? と想像がつきにくい。。
よくみるスケスケな階段です。

ストリップ階段にする最大のメリットは、
上階からの光を遮ることなく取り入れられるところ。
よく吹き抜け部分に設置されます。
蹴込板が無いことによって光も風も通し、見た目も
とても軽やかなので、例えばリビングなどにも圧迫感なく取り入れられます。

わたしはこのスケスケ感と上り下りするときのドキドキ感が好き。
子供が隙間から落ちてしまうのではないかとか
何となくスカートでの上り下りに抵抗があったりするけど、
意外と大丈夫なものです。

横から見たときのささらの形も色々あり、使う材も
スチールや木など種類によってイメージが変わるので
自分がオウチを建てるときはこだわりたい部分です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です