Bubinga

駒沢展示場に 新しい無垢板テーブルが入りました。

いろんな無垢材と触れ合える機会が
ウィズ・ワンにはあります。

板の厚みは7センチと 
存在感があります。

樹種の名は 『ブビンガ』

アフリカを産地とし 世界の中でも特に巨木として知られているそうです。

アフリカ・・・巨木・・・・と聞いたら
なんだか広大な土地に大きくそびえ立っていた ブビンガの幹の一部が
ここにあるなんて 感慨深いですね。

特徴は 木材の中でも非常に硬く 害虫にも強い。

硬いといっても見た目は、艶がある赤褐色の色目が とてもきれいで
チーク材と色味は少し似ていますが
ブビンガは 不規則に暗色の縞模様が入っているので
より表情豊かなものになっています。

しかも 時間とともに色味が濃く変化していくので
これからどんな風に変わっていくのか楽しみです。

テーブルや家具として 和室でも洋室でもどちらにも合いそうですが
存在感があるので 個人的にはテーブルを主役にし
黒の椅子で合わせ 大人のシックな設えにしたいですね。

駒沢展示場にあるブビンガは心材だけですが
辺材(樹皮側)がついているものは
また違った雰囲気を持ち合わせます。

ウィズ・ワンは 新木場の銘木屋さんに原木から直接オーダーできるので
世界にたった一つのテーブルが作れますよ。

ぜひ あなただけのお気に入りを見つけてみませんか?

4月

桜の季節がやってきましたね。

皆様 お花見を楽しんでおりますでしょうか。

この時期になると 桜を見つけては うっとりとしてしまいます。

先日 着工中の現場に行く途中
桜の並木道を歩いて 現場に向かいました。

こういった四季が楽しめる道が
あるっていいものですね。

その着工中の現場の打合せの一幕。

家の模型を見ながら 打合せを進めています。

遅い時間から始まった打合せだったので
お施主様からの差し入れを頂きました。

“マヨルカ”というスペイン・マドリードで人気のお店のパンたち。
創業1931年からという老舗のお店で、王室御用達のだそうです。
食べやすいサイズで とっても美味しく
パンが入っていた赤い箱も お洒落です。

T様
本当に有難うございました。

着々と現場では 工事が進んでおります。

完成がとても楽しみです。

安曇野ちひろ美術館

こんにちは。

早春の息吹を感じる昨今、皆様いかがお過ごしでしょうか?

今回は、先日私が訪れた長野県安曇野にある「ちひろ美術館」についてご紹介したいと思います。

美術館の設計は、「とらや」の建築でも有名な内藤ひろし氏です。

北アルプスと田園風景をバックに、安曇野の風景に溶け込むようにして、1997年美術館は建てられました。

この美しい景観を壊さないよう、外観の大きさがもっとも抑えられる切妻屋根が連続するシンプルなデザインにしています。

建物は、壁が鉄筋コンクリート造で、屋根が木造です。

外壁仕上げは珪藻土塗り、床には無垢のフローリングが張られ、木の温もりの感じられる大変気持ちの良い空間になっています。

内藤氏は、美術館の中にあるちひろ公園のデザインもされています。

池の護岸のデザインも自然になる様に計算されていて、チェコの絵本作家クヴィエタ・パツォウスカーがデザインした池と石のオブジェが点在する「パツォウスカーの庭」、花畑が美しく配置されています。

中庭やテラス、展示室からカフェに行く為には、一旦外に出て渡り廊下を抜けていくようになっていて、良い意味で建物と庭の境目が無く安曇野の風景に溶け込んだアットホームで、親しみやすい美術館になっていました。

また、「ちひろ美術館」に行ったら、是非座って、触って体感して頂きたいのが、中村 好文氏デザインの家具です。

ちひろさんの作品の世界感と、美術館の雰囲気ともマッチしていて木の温もりの伝わってくる可愛いデザインがどれも素敵でした。

皆様も、是非「ちひろ美術館」行ってみて下さいね。

完成現場見学会のご案内

完成現場見学会のご案内

こんにちは。

大寒の厳しい寒さが身にしみる季節となりましたが、皆様いかがお過ごしでしょうか?

今回は、ウィズ・ワンで実際にご建築された世田谷区経堂にあるS様邸完成現場見学会の様子についてご紹介させて頂きたいと思います。

まず、お施主様が一番こだわってお選びになったのが3枚目のお写真のアンティーク仕上げを施した栗の無垢フロアです。

はっきりとした木目が大変美しく、木材本来のぬくもりが感じられます。

あえて使い込んだ様なアンティークの仕上げも素敵です。

そして、私が一番ご紹介したいのが、こちらのキッチンの照明。
トーヨーキッチンの『クランカー』というモダンスタイルのシャンデリアです。

細長いクロームメッキのパイプに煌めくさまざまな形をしたクリスタルガラスがピアノ線で吊られています。

細長い形状なので、この様にキッチンのシンク上部やダイニングキッチンに設置しても素敵ですよね。

一般的なゴージャスなシャンデリアが苦手な方でも、こちらのクランカーならモダンでスタイリッシュな印象なので、他のインテリアともコーディネートしやすそうですね。

こちらの手前のペンダントライトは、ヤマギワの『MAYUHANA?』。
グラスファイバーと樹脂の糸によって生まれた繭の様な繊細なフォルムが印象的です。

世界的な建築家の伊東豊雄氏のデザインで、柔らかくて表情のある光を演出してくれます。

こちらのお宅は、3LDK+ロフトの二階建て。

上記のお写真を見て頂けるとお分かりになると思うのですが、実面積以上の空間の広がりを感じられるよう、様々な工夫が施されています。

横長のハイサイドライトを設け光を取り込むことで、リビングの採光確保をし、
ダイナミックな高い勾配天井により、開放感のある空間を演出しています。

2枚目の写真の奥に見える横長の窓は、空間に奥行きを感じさせてくれるだけでなく、採光の確保、隣家の緑を切り取って借景しています。

これによって明るく、実面積以上の空間の広がりを実現しています。

今回、ブログでご紹介させて頂いたのは、ほんの一部でまだまだご紹介したいところが沢山あるのですが…。

ご興味のあるお客様は、1月30日迄現場見学会開催しておりますので、下記連絡先迄ご連絡下さい。

実際に建築されたお宅をご覧頂く機会もあまり無いと思いますので
是非、この機会にご参加して頂けましたら幸いです。

今回、この様な機会を作って下さったS様のご厚意に心より感謝致します。

************************************
?ウィズ・ワン 渋谷デザインオフィス
               
〒150-0001 東京都渋谷区神宮前5-53-7
TEL:03-5774-0071
FAX:03-5774-0072
  Email:akakuwa@with1.co.jp
************************************

デザイナー夫婦のご自宅

早いもので、今年もあと1ヶ月。
街の至る所で、クリスマスのイルミネーションに彩られ 華やかになってきました。

先日表参道ヒルズに行きましたが
けやき並木のイルミネーションも、とても綺麗でした。

さて今回は、お客様のご厚意より
ご新築されたお家に、ご招待して頂いた様子を
少しご紹介させて頂きます。

まずは、ウィズ・ワンオリジナルの『玄関ドア』

無垢材を使用した
世界にたった一つしかないオリジナル玄関。
味わいのある風合いで 見とれてしまいます。


こちらは、LDKの様子です。

床材は、ウィズ・ワンオリジナル 『フレンチオーク』
椅子は、wooodで購入して下さいました。
有難うございます。

まさに、ウィズ・ワンらしいテイストで
お洒落なインテリアショップに来ている感覚になりました。

その空間に映える
色とりどりの可愛らしい食器達が、テーブルに並んでいます。


どれも奥様の手料理です。
美味しいお料理とお洒落な食卓に テンションが上がりっぱなしでした。

家具から食器まで、トータルに合わせる楽しさは
新しいお家での生活の楽しみの一つでもあるかもしれませんね。

ダイニングテーブルにある丸みのある照明は
『Luminabella』(ルミナベッラ)の照明。
こちらは、奥様が選ばれたもの。

インテリア業界に精通している奥様なので
色遣いや家具や照明のセレクトが
本当に素敵で、こちら側が逆に勉強になるほどでした。

次にご紹介したいのは、ソファの上にある天窓。

晴れている日は、この窓から空を眺めて下さっているそうです。

伺った際は、日が落ちていた為
晴れた空が眺められなかったのですが
こちらの写真のように、晴れた日はとっても気持ち良さそう。

たくさんの美味しいお料理とお酒を頂きながら
お二人のお話しや実際に建ったお家の率直な感想も伺えて
とっても有意義な楽しい時間を過ごすことが出来ました。

打合せ中は、まだ奥様のお腹にいたお子様にも
会うことも出来て、本当に楽しいひと時でした。

K様、有難うございました。

ぜひ、また数年後経ったお家の感想を聞かせて下さい。

ライフスタイル展

こんにちは。

日々秋が深まる季節となりましたが、皆様いかがお過ごしでしょうか?

先日、渋谷サロネーゼ倶楽部×TBSハウジング渋谷主催のライフスタイル展が開催され、ウィズ・ワン渋谷展示場の寝室をフラワーセラピストの福岡 里紗先生が素敵に装飾して下さいました。

今回は、その素敵なコーディネート写真をご紹介させて頂きたいと思います。

このキャンドルは、青山にあるカメヤマキャンドルハウスさんでお取り扱いのあるルミナラという商品で、最初はアメリカのエンターテイメント企業がテーマパークの舞台装置として開発した物だそうです。

ゆらゆらと優しく揺らぐリアルな炎は、樹脂製の炎にLEDの光を照らし、電磁石による磁力の反発を応用して限りなく自然に近いゆらぎを再現しています。

ルミナラはキャンドル型LEDライトの為、お子様がいるお家でも安心してお使い頂けますし、リモコンでONOFFコントロール出来てとても便利でお勧めですよ。

寝室のフェミニンな雰囲気にもとてもマッチしていて、空間をよりいっそう華やかに引き立たせてくれました。

そして、皆様にお伝えすることが出来ないのが残念なのですがアロマキャンドルから漂ってくる柔らかなラベンダーの香りがお部屋いっぱいに広がっていて、スタッフ一同癒されっぱなしでした。

食欲の秋、読書の秋と楽しみの多いこの季節ですが、私はこちらのライフスタイル展で一足早く芸術の秋を満喫させて頂きましたので、その感動を忘れないうちに今回はこちらのブログでご紹介させていただきました。

皆様、お近くにいらした際には是非渋谷展示場にお立寄り下さいませ。
スタッフ一同心よりお待ち申し上げております。

海外のトレンド

いつの間にか、あっという間に10月になり
冷え込んできましたね。

空気も乾燥していますので、風邪をひかないよう体調管理は
しっかりしていきたいものです。

先日、海外の水廻り商品を扱っている『セラトレーディング』の研修に行ってきました。
最新の海外のトレンドの話も伺うことが出来ました。

海外、特にヨーロッパの空間やデザインは、とてもお洒落で
日本にはない新しい空間提案をしていて、刺激を受けます。

最新の海外のトレンドとして
浴槽や洗面は、以前より更に形を変化させ、色のバリエーションも増やし
よりインテリアと調和するデザインになってきているそうです。

下記の写真のように、1枚のカウンターとキャビネットをずらし
その間に『空間』設けることでよりインテリアの要素を強くさせています。
実際に、オークラランドのモデルハウスで取り入れています。

また、写真のように
幅の広いカウンターだと、お化粧スペースとして使ったり、PCを置いて作業したりと
色々使えて便利そうですね。

これからは、従来の洗面としての機能を超えて、おしゃれなインテリアとして
空間に取り入れてみてもいいですね。

他にも、実際に浴槽の中に入って、入り心地を体験してみました。
実際に入ってみると、浴槽のサイズや形状によって心地よさが違うことを実感。

個人的には、背もたれの傾斜がゆるやかで
のんびり本を読めそうな浴槽が気に入りました。

T部長は、昔ながらの五右衛門風呂なような形状が
良いとおっしゃっていて、人によって、浴槽の好みは様々ですね。

浴槽や洗面を選ぶ際は、みなさんショールームに行って色々体験してみましょう。

もしかしたら、新しい発見があるかもしれませんよ。

グレーの漆喰壁

こんにちは。

最近、すっかり涼しくなってきて秋めいてきましたね。

皆様、シルバーウィークいかがお過ごしでしょうか?

初めて渋谷展示場にいらっしゃるお客様のほとんどの方が見て、触って驚かれる『グレーの漆喰壁』についてご紹介させて頂こうと思います。

まず、こちらの壁を実際に触って頂くとお分かりになるかと思いますが、ツルツルの質感なのです。

これは、左官職人の方が現場で調合した漆喰をコテで何度も何度も磨き上げることによってこの様な質感になるのだそうです。

磨き過ぎてもビカビカの鏡の様になってしまいますし、熟練した左官職人の方の経験と勘だけが頼りの大変技術のいる作業だということです。

漆喰は、ハンドメイドなので壁紙には無い質感、漆喰でしか出せない風合いとぬくもりがあるのです。

漆喰の作用としましては、他にも調湿効果が高い、菌を寄付けない、脱臭効果がある、化合物を含まない、静電気がつきにくいので汚れにくい、などの優れた作用がたくさんあるのです。

皆様、渋谷展示場にいらした際は是非こちらの『グレーの漆喰壁』触って体感してみて下さい。

壁紙には無い質感とテクスチャーが素敵ですよ。

無垢テープル

梅雨も明け、猛暑の日々が続いていますね。

極力涼しい所にいたいものです。

先日、展示場の無垢テーブルの補修を、行いました。

雨晒しで色が変色していた外にある無垢テーブル

磨き直し、見事に元の姿に。

ここまでなるものなのかと 驚きです。


Before


after

メンテナンスをしながら、経年変化を楽しむ

これって、『無垢材ならではの良さ』ですね。

夏の今、こういったテラスがあるとバーベキューなどで 楽しめそうだなぁ。

蛇足ですが、
駒沢展示場の水槽に新しい仲間が増えました。
水槽のお掃除屋さん 『プレコ』(正式にはプレコストムスと言うそうです) 
ドスがきいています(笑)

エビもたくさん入ってきました。
赤や黄色のエビもいますが、シャイなのか 
草の中に居て、なかなかお目にかかれません・・・。

〜お客様より〜

M様より頂きました。
いつも美味しいお菓子を本当に有難うございます。
甘すぎず 老若男女好きになるパイですね♪
とっても美味しかったです。

グラバー園

はじめまして。

今回からブログに参加させて頂きます各和(かくわ)と申します。

ブログ初心者ですので、何かと不慣れな点があるかと思いますがどうぞ宜しくお願い致します。

梅雨の合間の日差しのありがたみを感じる今日この頃ですが、皆様いかがお過ごしでしょうか。

今回は、先日研修旅行で訪問した長崎グラバー園内にある『旧グラバー邸』についてご紹介させて頂こうと思います。

貿易商人の一人、英国スコットランド出身のトーマス・ブレーク・グラバーの住居で、数ある洋風建築の中でも独特のバンガロー風様式を持つ、現存する日本最古の洋風建築です。

外観は当時でも珍しいクローバーの様な形をしていて、玄関がなくてベランダから出入りするつくりになっています。

室内も当時の様子がそのまま残されていて、昔にタイムスリップしてしまったみたいでした。

そして、こちらのグラバー園にはハートストーンの伝説というのがあるのです。

グラバー園内にあるハート型の敷石。

これに触れると恋が叶うとか、2つ見つけると良いことがあるといわれています。

私も時間を忘れて園内を探し回りましたよ♪

そしてたくさん触ってきました(笑)

皆様も、長崎グラバー園に行かれた際は探してみてはいかがでしょうか。