ブラケット

こんにちは。
ウィズ・ワン港北展示場の岩城です。

8月も今日で終わり。
暑い毎日に体もそろそろ限界・・
涼しい秋の訪れは楽しみなところですが、
夏が終わってしまう寂しさもありますね。

そんな今日は色々な場所で目にすることも多い照明、
“ブラケット”について。
ブラケットとは壁面に取り付ける照明器具のこと。
街角で見かけました。これです。

どちらかというと部屋全体を照らすのではなく、
補助的な役割。
天井に照明器具が付けられない場合や、
手元に明るさが欲しかったり、演出効果を出したかったり。
そんな時に用いられます。
部屋に奥行きが生じ、広く見せる効果も。

様々なシチュエーションをご紹介していきます。
階段に等間隔に設置されたブラケット。
ランプ自体がとてもシンプルなデザインなので、
木目と黒で統一されたすっきりとした空間にとってもなじんでいます。

階段に設置する場合気をつけたい点は二つ。
昇り降りの時に器具の内部が見えない方が綺麗だという事と、
邪魔にならないようにするという事。
なるほど。
荷物を運ぶ時や体の一部がぶつかったりしないように、
器具の出幅や取り付ける位置に気をつけたいですね。

リビングのテレビ裏の壁に。
この場合、ブラケットの役割はまさに空間演出。
この照明があるだけで一気にホームシアターのような空間に早変わり♪
それだけではなく、
テレビ裏の壁を明るくすると目が疲れないという効果も期待できます。

こちらは、造作のベッド。
その頭上にブラケット。
ホテルのベッドルームではよく見かける素敵アイテム♪
照明を置くとなったら必要なスペースも不要!

ただ、取り付ける位置がカギとなりそう。
座った時にもきちんと手元を照らしてくれるか、
寝転んだ状態で手を伸ばした時にスイッチに手が届くか。
ベッドルームのブラケットは使用目的がしっかりとしてるだけあって、
取り付けてから“あ゛ー!!”という悲しい現実だけは避けたいものです。

他にも玄関ホールや屋外にも取り入れられるブラケット。
気付けば様々なシチュエーションで登場しています。
さりげないシンプルなデザインもよし、
自分のお気に入りのデザインのものをアクセントで入れるもよし。
取り付ける高さと出幅には十分注意しつつも、
好きなものを選びたいなぁ♪

ワークスペース

こんにちは、ウィズ・ワン駒沢展示場の斎藤です。

毎日猛暑が続きますね。
展示場では冷たいお飲み物をご用意してお待ちしておりますので
お出掛けのついでにぜひお立ち寄りください♪

さて、今回はワークスペースを取り上げてみたいと思います。

まずはiMACが似合うこちらの実例。

白が基調のすっきりとした空間で集中力が高まりそうです。
書籍類もたくさん置けるつくりなので、
まさにお仕事向きの仕様ですね。

次は、鮮やかな壁が目を引くこちらの空間。

ベッドルームにちょっとしたスペースがあると
ホテルのような雰囲気になって素敵です。
丸い鏡がアクセントになっていて
お仕事用というよりは奥様のドレッサーとしての機能を備えていますが
ちょっとした作業にも便利なサイズです。

続いてRCの壁に囲まれたこちら。

地下かな?と思えるようなこもり感と採光がほどよく、
こだわりのソーホーといった印象。
隠れ家的な雰囲気で、落ち着いてお仕事ができそうです。
パティオにすぐに出られるのも魅力的です。

ワークスペースと一口に言っても、用途によって作り方は様々。
作業がはかどるような、お気に入りのスペースにしたいですね。

゜*:.。.お心遣いに感謝です.。.:*゜

久しぶりにいらっしゃったお客様より
ハワイのお土産のクッキーをいただきました。
パイナップルモチーフが可愛いHonolulu Cookie Company♪
一瞬でなくなってしまいました。。(笑)
I様ありがとうございました!

リゾートミックスインテリア

こんにちは、ウィズ・ワン駒沢展示場の斎藤です。

連日猛暑が続き、夏真っ盛りですね。
皆様それぞれ素敵な夏休みを過ごされているかと思います。

夏といえば、楽しみは色々ありますが
中でもリゾートへの関心が高くなるのは私だけでしょうか。
日本の夏もいいけれど、せっかくなら、南の島に行きたいっ
と、切に思う今日この頃。
リゾート感のあるインテリアにも普段以上に惹かれます。

ということで、一番身近な場所、

駒沢展示場のバス&リラクゼーションルームです。

時々お客様との打ち合わせにも使われますが、
『いつもとちょっと違う雰囲気♪』
と喜んでいただけることが多い場所です。

チェスナットのランダムな色味や、
少しザラッとしたヘンプのカーペット、
ピンク系のタイルで構成された空間にエバーフレッシュのグリーンが映えます。

ラタンやヒヤシンスの家具を取り入れるのも大切なポイントですよね。
アジアンリゾートの雰囲気がグッと増します。

続いて三鷹展示場のバスルーム。

こちらは石材を中心に使っていて、シャープでモダンな仕上がり。
吹き抜けから降り注ぐ太陽光が気持いいですね。
このバスルームは地下にあるので、ほどよくこもり感があり、
プライベートな時間を過ごすのにとても良さそうです。

最後は、今はなき仙川展示場のベッドルーム。

木製サッシの窓が、やさしい印象です。
低い位置にも窓がついていて、床座で生活しても良さそうですね。
背の低いインテリア空間はリラックス効果が高いということで、
こんなベッドルームだったら本当にゆったりと過ごせそうです。

゜*:.。.お心遣いに感謝です.。.:*゜

いつも元気なO様のお子様、
SちゃんとAくんが仲良く差し入れを運んできてくれました。
マッターホーンのバームクーヘンです。
スタッフみんなでおいしくいただいております。
O様ありがとうございました!

和室

こんにちは、ウィズ・ワン駒沢展示場の斎藤です。

今回は、和室について触れてみようと思います。
本格的な和室といえば、
二間続きに欄間があり、床の間があり障子があり‥と
伝統的な要素がたくさん挙げられますが、
最近は、要素をいくつか押さえつつ、モダンに仕上げた和室も増えているようです。

ウィズ・ワンでも、モダンな和室の実例があるので
ご紹介させていただきたいと思います。

まずはインパクトのある襖が目を引くこちら。

大きい面を占める襖にデザイン性があり、
スタイリッシュなイメージ。
障子の桟も襖のデザインと呼応するような入り方で
空間が引き締まります。

次に、和室のイメージを一転するようなこちらの例。

天井、壁、床板、畳、全部黒です!
それぞれ質感の異なる黒で仕上げたこだわりの空間は、
コンテンポラリーな雰囲気に。

続いて、床の間スペースにこだわりのあるこちら。

唐紙を使用した押し入れと鏡面仕上げの床板が印象的。
押入れの下、奥の障子は黒の壁に収納されるようになっており、
障子を開けると地窓があります。
実は、手前の畳の部分には床下収納もあるんです。
かっこいい上に、機能的な和室です。

本格的でなくてもいいけど、
ちょっとした和室がほしいなぁと思ったら
まずは形式を気にせずに、素材や色合いなどから
イメージを膨らませていくといいかもしれません。

最近は、畳や障子もメンテナンスのしやすいものが普及しているのも
嬉しいポイントです♪

゜*:.。.お心遣いに感謝です.。.:*゜

お客様より、差し入れをいただきました。
クリスピークリームドーナツ♪
(箱の画像だけですみません。。)
スタッフみんなで美味しくいただきました。
ありがとうございました!

インテリアの天才たち

こんにちは、ウィズ・ワン駒沢展示場の斎藤です。

GW皆様楽しまれましたでしょうか。
駒沢公園は連日人で賑わっており、緑も生き生きしていました。
晴れの日は風も爽やかで気持ちよく、休憩で外に出るたびに
そのまま遊びに行きたくなってしまいました(笑)

さて今回はちょっと気分を変えて、
駒沢展示場にストックしてある雑誌の一部をご紹介させていただきます。

CASA BRUTUS
フォトグラファー、トッド・セルビーのお宅拝見特集のパート1と2です。

ご存知の方も多いと思いますが、
世界中のクリエイターやアーティストのお家を特集しているので
かなり見ごたえがあります。

床も壁も真っ白なお部屋で真っ白なキャンバスに絵を描く‥、
その行動自体が絵になるお部屋。

インパクト大な照明がどどーんと配置されたお部屋。
慣れたら意外と落ち着くのかも?

味のあるドアノブなどの金物類もたくさん載っています。
おもちゃ箱のような部屋もかわいいけど、
シンプルな空間でこういうものを上手に取り入れられたら素敵かも。

最近白模型とにらめっこの日々だったので、
カラフルで突き抜けた空間がとても新鮮に感じます(笑)

シンプルなものもゴージャスなものも
ジャンクなものもハイセンスなものも
いろーんな引き出しを持って、
自分なりにアレンジしてお家づくりができたらとても素敵だなぁと思います。

゜*:.。.お心遣いに感謝です.。.:*゜

「まい泉まい泉まい泉〜♪」
と歌いながら(?)登場したN監督。

現場でお客様から差し入れしていただいたまい泉のカツサンドを
駒沢展示場にもおすそ分けしてくれました。
とても美味しかったです。
ごちそうさまでした!

ソファの配置

こんにちは、ウィズ・ワン駒沢展示場の斎藤です。

前回の岩城さんのオリーブの記事、爽やかでいいですね〜♪
駒澤の桜の花も満開で気持ち良いです。
春らしい陽気が続くといいな。

さて、リビングといえば、ソファ。
ごろんと横になってくつろいだり、お客様をおむかえしたり‥。
私もいつかお気に入りの大きなソファを広いリビングに置きたいなぁと
妄想は膨らむのですが‥

そこで意外と大切なのが配置かと思います。

例えば‥

駒沢展示場はL字型配列。
一般的な配列でコミュニケーションを取りやすいとされます。

実例から、こちらはコの字型配列。

多人数向きとされます。
一人掛けソファもゆったりしていて、良い家族の団らんの時間が持てそうですね。

レッドが印象的なこちらのオシャレなソファは直列型配列。

この配置はできるだけ床面を広く取りたい場合に効果的なようです。
お部屋もすっきり見えるし、大きなテレビの正面でごろーんとくつろいだら
とても気持ちよさそう。

他に、よく応接室などで見かける向かい合った配置がありますが、
普通の会話が弾むのは、人と人が対角線上にいる時のようです。

一番はじめに例に出したL字型配列がリビングなどで多く用いられるのも
納得です。

お気に入りのソファを良い配置で取り入れて、
リラックスできる空間で、快適に過ごせたらいいですね。

゚・*:.。.お心遣いに感謝です.。.:*・゜

お客様より、差し入れをいただきました。
可愛らしい包装の中身は、レ・シューのにしかまチーズです。
ふんわりとろける食感で本当に美味しかったです。
西鎌倉に行った際には私も立ち寄ってみたいと思います。
ありがとうございました!

差尺

こんにちは、ウィズ・ワン駒沢展示場の斎藤です。

デスクで作業するとき、ダイニングで食事をするとき、
カウンターでお酒を飲むとき、はたまた掘りごたつでくつろぐとき‥
生活の様々なシーンで使われている、「卓」と「座」。

色々ある中でも、
「お、これはなんだか使いやすいな」
と感じた経験はありませんか?

私はちょこちょこあります。

それはおそらく差尺が適正だから。
差尺とは、卓の高さと座の高さの差のことを言います。

適正な値の目安は成人でおおよそ30cm。
作業の内容によっては2〜3cm低くするのが良いようです。

計算式としては座高×三分の一。
なのですが、私の場合、昔測った時何cmだったっかな‥?という感じで
パッと出てこないので(苦笑)、
差尺はだいたい30cmと覚えておくと便利です♪
駒沢のダイニングテーブル&ダイニングチェアの場合もだいたい30cmです。

こちらの打ち合わせブースの椅子とテーブルは、約26cm。
数値的に見るとちょっと狭い?と思いきや、
座ってみると意外としっくりきます。

そして個人的に一番心地良いと感じた、
駒沢でのベストオブ差尺はこちら。

以前紹介させて頂いた丸太テーブルと椅子の差尺、27cmです。
ここはとてもしっくりきます。
作業もしやすいだろうなぁ。
このバランスを自分の家にも取り入れたいですっ。

おおよそ30cmとはいえ、
椅子の材質や好みによっても感じ方は様々ですので、
オーダーメイドで家具をつくったり、新たに購入する場合は
目安+αで自分なりのベストバランスを取り入れられたらいいですよね。

゚・*:.。.お心遣いに感謝です.。.:*・゜

お客様より、差し入れにお菓子をいただきました。
LOBROSの焼き菓子セットです。
仕事の合間に甘いお菓子とコーヒーでほっと一息‥。
幸せな時間です♪
ありがとうございました!

ランプシェード

こんにちは。
ウィズ・ワン港北展示場の岩城です。

先日出かけた場所に面白い照明器具を発見!
シェードの部分がお花になっています。
長さの違うコードに吊るされたランプが3つ。
階段の吹き抜け部分をとっても華やかに演出していました。

ウィズ・ワンのお客様も様々なシチュエーションで
おしゃれなランプシェードを取り入れています。
個性豊かなダイニングのペンダントを少しだけご紹介。

こちらはスペイン製のもの。
ガラスの透明感が明るい食卓を想像させてくれます。
光が散りばめられたように輝いてとっても華やか♪

続いてこちらは、大きな球体の照明。
よーく見てみると・・
数え切れないほどのバラが集まっています。
まるでアート作品のような存在感!
スタイリッシュな雰囲気でカッコいい♪

照明選びって機能や省エネ性ももちろん大切だけど、
やっぱり好きなデザインのものを取り入れたいなぁ。

〜おまけ〜
これは我が家にある間接照明。
シェードの隙間から太陽のように光がもれるのがお気に入り。
間接照明は明るさの確保はなかなか難しいけど、
お部屋の雰囲気が一気に華やかになるのが良いですよね。

ガラスのテーブル

こんにちは。
ウィズ・ワン港北展示場の岩城です。

夏!!ですね☆
ガラス張りの港北展示場は日増しに暑くなっております!!
私の中ではクーラーが効き過ぎることのないオフィスは
美容にも良く優しい環境(?)ということに(笑)
でもやはり男性スタッフにとっては少々暑い様子。
特に窓側に席を置くスタッフはちょっとかわいそう。

そんな暑い夏はガラスの器に料理を盛り付けてみたり、
よく冷えたグラスでビールを飲んだり・・・
ひんやりしたイメージを持つガラス、恋しくなりますよね♪

個人的に気になるのは天板がガラスのテーブル。
どうしても傷がついたり、指紋が気になったりするけど、
何より圧迫感がないし、周りのものと自然となじむところが好き。

こちらはデザイナーズ家具のひとつ、
アイリーン・グレイのサイドテーブル。
見かけることも多いかと思います。
シンプルで飽きがこないのはもちろん、
色々考えられているからとっても機能的。

支持脚が端にあるので、たとえばベッドにぐっと近づけて、
ベッドの上で優雅に朝食♪なんてことも。

高さも自由に変えられるので、どんな高さのイスにも合わせられるし、

結構、小刻みなのも良い。

しかも、脚部が割れていることによって
ソファやベッドの脚も邪魔にならずに使えるんです。
本当によく考えられています。

もちろん無垢板のテーブルも素敵ですが、
ガラステーブルも涼しげで素敵♪
シチュエーションに合わせて上手に選びたいですね。

〜お心遣いに感謝です〜
お客様よりこんな涼しげな頂きもの♪

金魚に、ヤシの木!
遊び心いっぱいの夏らしいゼリー。
スタッフ一同美味しく頂きました。
ありがとうございます!!

FEDEのカーテン

こんにちは。
ウィズ・ワン駒沢展示場の小川名です。

先日、FEDE(フェデ)さんというカーテンメーカーが
最新カタログを持って展示場にいらっしゃいました。

トルコやイタリア、インドやタイなど
各国のデザインや縫製技術を生かしたカーテン生地が
カタログにはいっぱい!

せっかくなので・・・ということで
プチ商品説明会を個人的にしてもらいました。笑

今回はカタログからではありますが、
その一部を紹介。

透け感のある生地にキラキラとした糸を刺繍をした
トルコ製のレースカーテン。

広げるとお花がたくさん現れます。
レース1枚でも素敵ですが、後ろに色味のあるカーテンを
合せてスタイリングすると刺繍も綺麗に見えてお薦めなんだそう♪

変わって、イタリア製のストライプ柄レースカーテン。
ストライプ部分がプックリとしていて
モール糸と言われる糸を使っています。

このモール糸、フランス語ではシェ二ール糸(毛虫のような糸)
とも呼ばれていてクネクネっとした糸なんです。
触るとなめらか〜

生地を広げるとしっかりと柄が浮き出てきますが
色が落ち着いているので大人っぽい印象になります。

他にも素敵なカーテンがいっぱい!
糸の種類や縫製・加工の仕方によって
魅力的なカーテンが生まれるんですね〜
お勉強になりましたっ☆

〜お客様より〜

オーボン ヴュータンというお店のプチ焼菓子♪

スタッフでどれにしようかな〜
と楽しく選びながら頂きました。

ありがとうございました!