休息

こんにちは。
ウィズ・ワン駒沢展示場の小川名です。

GWにお出かけした方も、
明日からの週末はおうちでゆっくりまったりされる方も多いのでは??

ソファにゴロ〜ンと寝転がって音楽を聴いて…
理想的な過ごし方ですよねっ☆

さて、そんな贅沢な休日を過ごすためのイスが
ここ駒沢展示場にあるル・コルビュジェの‘シェーズロング’です。

くねっとしたおもしろい形ですが
きちんと人間工学に基づいた設計なんです!

人間工学…ちょっと難しい言葉ですが
簡単に言うと、体の形や動きに合わせて設計されてるんですよ。

生地はポニースキン。
肌触りもなめらかです♪

座るというよりも寝転ぶ感じ。
背中も足もとっても楽ちん。
見た目からでは想像できない程、スッポリと体を包みこんでくれるんです。

コルビュジェはこのイスを‘休息のための機械’と呼んだそう。
まさにその通りっ!さすが巨匠は例える言葉も違います。

港北展示場のバルセロナチェアーと合せて、
みなさんも駒沢に遊びに来た際は、是非休息していってくださいね♪

ショックアブソーバー

こんにちは。
ウィズ・ワン港北展示場の岩城です。

ゴールデンウィークもいよいよ終盤。
晴天続きの気持ちの良い休日でしたね。

突然ですが、
家の中でついうっかり痛い思いをすることってありませんか?
例えば、家具の角で足の小指をぶつけてしまう・・など。

中でも、私が一番うっかり体験をする場所はキッチン。
お料理中って手が汚れていたり、どうしてもバタバタしがち。
思わず扉もバタンっと閉めてしまう。
そして、痛っ!!
指をはさんでしまうんです(泣)
そんな経験ありませんか?

こちらは、港北展示場のキッチンシンク下の収納。
扉をあけると・・

近づいてみます。

このアイテムの名は“ショックアブソーバー”
名前の通り、ショック(衝撃)をアブソーブ(吸収)してくれるんです。

グレー色の円筒形の本体がクッションの役目となり、
扉が閉まるほんの数センチで止まって、自然にゆっくり閉まってくれる。
本当にゆっくり、ぱたん・・という感じで。

バタンっという音を防止することもできるし、
ケガもなくなるはず♪
日頃から丁寧に閉めていれば問題ないんですけどね(笑)

後からでも簡単に取り付けられるようなので、
我が家にも是非、欲しいなぁ。。

ジャラ材

こんにちは。
ウィズ・ワン駒沢展示場の西澤です。

GWの真っ只中。
みなさまどこかお出掛けされましたか♪

こんな天気のいい日は、カフェ好きなわたしとしては
外でカフェやランチしてのんびりしたくなります。
駒沢展示場にもそんな場所があって・・

ここです↑ダイニングから続くチークのテーブルがあるデッキテラス。
ここにいすを並べてカフェっぽくお茶したい♪

このデッキテラスに使われている材が“ジャラ”という
オーストラリアに生えている木です。
暖かい場所に生えているだけあって
耐久性があってデッキの王様とよばれるくらい
デッキ向きな耐久性を持つ材。

ジャラ材のおもしろいところは、
陽に当たるときれいなグレーに変わっていくところ。

ここのデッキテラスもこなれたグレーになってきました。

赤褐色がグレーになるから色褪せてだめに
なってきたのかなぁと思ってしまいがちだけど
もともとそういう性質をもっている材なだけに
老朽しているわけではないらしいです。

わたし的にこのこなれたグレー感は、
とてもいい色ですき。デッキテラスのカフェスペースが
あるオウチ、理想です。

今日はイベントで大きなアルパカが来ています〜
もこもこ。