ベイマツ

こんにちは。
ウィズ・ワン駒沢展示場の西澤です。

遂に、愛すべき仙川展示場が解体されてしまいました(涙)
先日セルロースファイバーの解体を見に行ってきたのですが、
このときが仙川展示場最後の姿です。


変わり果てた玄関に“キャーっ”とムンクみたいになっていると、
“えっ?”と逆に驚かれる始末で・・

ヘルメットを被って、壊された天井や壁からとめどなく降ってくる
セルロースファイバーをよけながら色んな部屋を詮索。

どの部屋も、梁の裏までみっちりとセルロースファイバーが入っていました。

解体途中の現場を見るのは初めてで、気になるところは沢山あったけど
特に目に付いたのは構造材の木がとってもきれいだったこと。
駒沢展示場で色々な木に囲まれてるせいか最近木が気になる・・

寝室の壁を取り払うと、間柱がいっぱい。
ベイマツです。
アメリカから来ている木なので、漢字では米松と書きます。

強度が檜に匹敵するくらい強い木であるため、よく構造材に使われる木です。
アメリカの松の木って・・?とちょっと不思議に思っていたのですが、
実は日本の松と同じではなく、トガサワラという樹種になるそうで
なるほど〜とひとまず納得。

興味深いのは、ベイマツはペリーと一緒に、黒船で日本に始めてきたこと。
そうなると歴史は長いっ!150年以上前です。
ただ、ベイマツの原産林は絶滅が危惧されるシマフクロウの生息地に重なっていることが
多いらしく、値段は上がり調子だそう。。

ふと、自分のオウチに使われている木はなんだろうか・・と
また気になることが増えました。

タイルの張り方

こんにちは。
今日から“駒沢展示場”の西澤です。
改めて、宜しくお願いします♪

今日は前回に続き、気になるタイルについてです。

駒沢展示場の正面向かって右側の外壁はタイル張り。

こちらは内壁のタイルと違って、目地入り。
ちょっと風化して情緒ある外壁を演出するため、
タイルの上にしっくいをランダムに重ねています。

色んな張り方がある中で、これはちょっと変わった張り方をしています。
乾式工法でこんなネットに張付けているんです↓

パズルみたいにきれいにはめていけば難なく出来そうだけど、
“腕の利く職人さん”じゃないとどうやらできないらしいのです。
とても手間がかかっています・・
でも仕上がりはヨーロッパっぽくていい雰囲気〜

わたしが特に好きな部分はここ。
ステンレスのプレートにウィズ・ワンのロゴが刻まれ、
壁との異素材感がモダンで、どっかのおしゃれな店先みたい。

ここから中に入ると、この壁が繋がっていて
とても自然にお出迎えをしてくれます。

スタッフ一同もお待ちしてますっ♪

タイルの目地

こんにちは。
ウィズ・ワン仙川展示場の西澤です。

今日は気になるタイルの目地についてです。
またまた先日駒沢展示場に行ったときに興味深い光景を見ました。

タイルに赤いピンがたくさん刺さっています。

・・なんだ?

タイルを施工するときに、目地ありと目地なしの張り方がありますが、
これはちょうど目地なしで施工しているところ。

目地なしにするとき、タイルをピッタリと張付けたいですよね。
でも、ピッタリと張付けてしまうと、地震が来たときなどに
ひび割れてしまうそうです。
だから、よく『はがき1枚分の隙間を空けて施工する』といわれています。

リビングの内壁です。
1〜2mmの隙間を空けるために今回はピンを使用。

乾いたらピンをはずしていき、その上にタイルを積み重ねていくので、
時間のかかる作業だそうです。

ん〜大変そう・・
確かに他の部分と比べて、進行が遅めな気がします。
でも着々と積み重なるタイルをみると嬉しくなります〜

ここ最近、自宅を見守るような気持ちになってきました。
実際にまだ自分のオウチを建てたことはないけど、
絶対に楽しいし、完成が待ち遠しいんだろうな。

そういえば・・
最近本格的に寒くなってきましたが、寒がりなわたしにとって朗報が♪

なんと駒沢展示場のオフィスには
床暖房が入っているんです!!ありがたい〜
深夜電力を使用する、蓄熱式床暖房で
非常にエコな商品です。
これで冬の残業も乗り切れることでしょう。。頑張りますっ